普天間 国博 (フテンマ クニヒロ)

FUTENMA Kunihiro

写真a

職名

講師

科研費研究者番号

40617627

ホームページ

http://www.psy.skr.u-ryukyu.ac.jp/staff.html

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   病院   講師  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年03月

    一橋大学   経済学部   卒業

  •  
    -
    2008年03月

    琉球大学   医学部   医学科   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京医科大学 -  博士(医学)  睡眠医学

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本睡眠学会   評議員

  •  
     
     
     

    日本時間生物学会   評議員

  •  
     
     
     

    日本精神神経学会

  •  
     
     
     

    日本老年精神医学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 睡眠医学

  • 高齢者の睡眠障害

  • 社会的ジェットラグ

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 睡眠学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 精神保健指定医

  • 睡眠専門医(日本睡眠学会)

  • 精神科専門医・指導医(日本精神神経学会)

論文 【 表示 / 非表示

  • Metabolic-Syndrome-Related Comorbidities in Narcolepsy Spectrum Disorders: A Preliminary Cross-Sectional Study in Japan

    Kunihiro Futenma, Yoshikazu Takaesu, Masaki Nakamura, Kenichi Hayashida, Noboru Takeuchi and Yuichi Inoue

    International Journal of Environmental Research and Public Health(IF:3.390)   19 ( 10 )   2022年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Three cases of parasomnias similar to sleep terrors occurring during sleep-wake transitions from REM sleep

    Kunihiro Futenma, Yuichi Inoue, Ayano Saso, Yoshikazu Takaesu, Yoshihiro Yamashiro, Masato Matsuura

    Journal of Clinical Sleep Medicine(IF:4.062) ( American Academy of Sleep Medicine )    2022年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Association of sleep duration on workdays or free days and social jetlag with job stress.

    Takaesu Y, Shimura A, Komada Y, Futenma K, Ishii M, Sugiura K, Watanabe K, Inoue Y

    Psychiatry and clinical neurosciences(IF:5.188) ( Psychiatry and Clinical Neurosciences )  75 ( 8 ) 244 - 249   2021年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Reliability and validity of the Japanese version of the Biological Rhythms Interview of assessment in neuropsychiatry-self report for delayed sleep-wake phase disorder.

    Kanda Y, Takaesu Y, Kobayashi M, Komada Y, Futenma K, Okajima I, Watanabe K, Inoue Y

    Sleep medicine(IF:3.492)   81   288 - 293   2021年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Circadian rhythm sleep-wake disorders as predictors for bipolar disorder in patients with remitted mood disorders.

    Takaesu Y, Inoue Y, Ono K, Murakoshi A, Futenma K, Komada Y, Inoue T

    Journal of affective disorders(IF:4.839)   220   57 - 61   2017年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 睡眠検定ハンドブック up to date

    普天間国博 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 睡眠薬の用い方 )

    全日本病院出版会  2022年05月 ( ページ数: 397 ,  担当ページ: p.382-390 )

  • てんかん 睡眠・覚醒障害

    普天間国博, 高江洲義和 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 精神疾患における睡眠・覚醒障害 )

    中山書店  2022年02月 ( ページ数: 432 ,  担当ページ: p.380-388 )

  • 今日の精神科治療ハンドブック(精神科治療学・第36巻増刊号)

    普天間国博 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 閉塞性睡眠時無呼吸 )

    星和書店  2021年10月 ( 担当ページ: p.256-257 )

  • 今日の治療指針(2021年度版)

    普天間国博 ( 担当: 単著 , 担当範囲: レム睡眠行動障害、概日リズム睡眠・覚醒障害群 )

    医学書院  2021年01月 ( 担当ページ: p.1088-1089 )

  • 診療ガイドライン100(medicina 2020増刊)

    普天間国博 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 睡眠障害 )

    医学書院  2020年04月 ( ページ数: 3 ,  担当ページ: p.370-373 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 薬剤誘発性の睡眠時随伴症

    普天間国博, 高江洲義和

    臨床精神薬理   25 ( 10 ) 1121 - 1129   2022年10月

     

  • オンラインによる睡眠診療

    普天間国博, 高江洲義和

    睡眠医療 ( 株式会社ライフ・サイエンス )  16 ( 3 ) 255 - 259   2022年09月

     

  • 不眠症の薬物療法

    普天間国博, 高江洲義和

    精神科Resident ( 精神科Resident )  3 ( 3 ) 179 - 181   2022年08月

     

  • もうろう状態の鑑別と治療 睡眠障害で出現する「もうろう状態」とその鑑別を中心に

    普天間国博, 山城勝美, 松浦雅人

    臨床精神医学 ( アークメディア )  49 ( 3 ) 407 - 413   2020年03月

     

  • てんかんの精神症状

    普天間国博, 高木俊輔, 松浦雅人

    精神科   35 ( 6 ) 536 - 541   2019年12月

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 認知機能低下に幻覚と不随意運動を合併し脳血管性認知症かレビー小体型認知症かで鑑別を要した1例

    比嘉リキ, 普天間国博, 玉城拓也, 大田一木, 嵩原駿平, 高江洲義和, 近藤毅

    第74回 九州精神神経学会  (別府国際コンベンションセンタービーコンプラザ)  2022年11月  -  2022年11月   

  • 過眠症のメタボリック・シンドローム関連要因の検討

    普天間国博

    第41回 沖縄精神神経学会  (沖縄)  2020年02月  -  2020年02月   

  • 不眠症治療の出口戦略(シンポジウム講演)

    普天間国博

    第2回日本心身医学会関連学会 合同集会  (大阪)  2019年11月  -  2019年11月   

  • 睡眠薬の継続・減量・休薬マネジメント(シンポジウム講演)

    普天間国博

    日本睡眠学会第44回定期学術集会  (名古屋)  2019年06月  -  2019年06月   

  • 過眠症に合併する生活習慣病の実態とその関連要因の検討

    普天間国博, 中村真樹, 碓氷章, 竹内暢, 井上雄一, 林田健一

    日本睡眠学会第 44 回定期学術集会  (名古屋国際会議場)  2019年06月  -  2019年06月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第41回 沖縄精神神経学会 学会賞

    2020年02月15日   沖縄精神神経学会   過眠症のメタボリック・シンドローム関連要因の検討  

    受賞者: 普天間国博

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 社会的ジェットラグが沖縄県の中学生に与える負の影響とその対応策に関する検討

    若手研究(B)

    課題番号: 21K13703

    研究期間: 2021年04月  -  2026年03月 

    代表者: 普天間国博 

    直接経費: 3,000,000(円)  間接経費: 900,000(円)  金額合計: 3,900,000(円)

     概要を見る

    社会的ジェットラグは平日と休日で睡眠時刻が変動することで生体リズムの位相に変調をきたし心身の不調を呈する状態像である。前方視的な研究は少なく健康被害への影響は不明な点も多いが、思春期から青年期にかけて生じやすく、心身の発育に深刻な影響を及ぼす可能性が懸念されている。特に夜型のライフスタイルが広く浸透している沖縄県では社会的ジェットラグが青少年の発育に与える負の影響を明らかにし、その対策を講じていくことが急務である。本研究では、(1)沖縄県における中学生の社会的ジェットラグの実態調査を行い、(2)中学生の社会的ジェットラグがその後の学業成績や出席状況に与える影響を明らかにし、(3)社会的ジェットラグ改善のための睡眠教育の有効性を検討することで青少年の発育や健康を向上させるための対応策を提起する。

メディア報道 【 表示 / 非表示

全件表示 >>