下地 博之 (シモジ ヒロユキ)

SHIMOJI Hiroyuki

写真a

職名

准教授

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   農学部   准教授  

  • 併任   琉球大学   農学研究科   亜熱帯農学専攻   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    鹿児島大学大学院   連合農学研究科   農水圏資源環境科学専攻   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 -  博士(農学)  環境・農学 / 昆虫科学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

      日本学術振興会特別研究員 (DC2) 琉球大学  

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

      日本学術振興会特別研究員 (PD) 北海道大学  

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

      琉球大学 農学部 ポスドク研究員  

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

      関西学院大学 理工学部 助教  

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

      関西学院大学 生命環境学部 助教  

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 進化生態学

  • 社会性昆虫

  • 社会性免疫

  • 昆虫免疫

  • バクテリア共生関係

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学

  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

論文 【 表示 / 非表示

  • Protocol to obtain long movement trajectories of leaders and followers in ant tandem runs

    Yasunari Tanaka, Gabriele Valentini, Stephen C. Pratt, Hiroyuki Shimoji, Nobuaki Mizumoto

    STAR Protocols ( Elsevier BV )  4 ( 4 ) 102769 - 102769   2023年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Maintenance mechanisms of the division of labor in social insects

    Hiroyuki SHIMOJI, Yasunari TANAKA

    Hikaku seiri seikagaku(Comparative Physiology and Biochemistry) ( The Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry )  40 ( 1 ) 54 - 61   2023年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Functional and mechanistic diversity in ant tandem communication

    Nobuaki Mizumoto, Yasunari Tanaka, Gabriele Valentini, Thomas O. Richardson, Sumana Annagiri, Stephen C Pratt, Hiroyuki Shimoji

    iScience ( Elsevier BV )    106418 - 106418   2023年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Resilience of native ant community against invasion of exotic ants after anthropogenic disturbances of forest habitats

    Hiroyuki Shimoji, Mayuko Suwabe, Tomonori Kikuchi, Hitoshi Ohnishi, Hirotaka Tanaka, Kengo Kawara, Yusuke Hidaka, Tsutomu Enoki, Kazuki Tsuji

    Ecology and Evolution ( Wiley )  12 ( 7 )   2022年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Individual experience influences reconstruction of division of labour under colony disturbance in a queenless ant species

    Yasunari Tanaka, Masaru K. Hojo, Hiroyuki Shimoji

    Frontiers in Zoology ( Springer Science and Business Media LLC )  19 ( 1 )   2022年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Abstract Background Division of labour (DOL) is ubiquitous across biological hierarchies. In eusocial insects, DOL is often characterized by age-related task allocation, but workers can flexibly change their tasks, allowing for DOL reconstruction in fluctuating environments. Behavioural change driven by individual experience is regarded as a key to understanding this task flexibility. However, experimental evidence for the influence of individual experience is remains sparse. Here we tested the effect of individual experience on task choice in the queenless ponerine ant, Diacamma cf. indicum from Japan. Results We confirmed that both nurses and foragers shifted to vacant tasks when the colony composition was biased to one or the other. We also found that nurses which are induced to forage readily revert to nursing when reintroduced into balanced colonies. In contrast, foragers which are induced to revert to nursing very rarely return to a foraging role, even 19 days post reintroduction to their original colony. Conclusions Taken together, our results suggest that individual experience decreases the response threshold of original foragers, as they continue to be specialist nurses in a disturbed colony. However, original nurses do not appear strongly affected by having forager experience and revert to being nurses. Therefore, while individual experience does have an effect, other factors, such as reproductive ability, are clearly required to understand DOL maintenance in fluctuating environments.

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • ソーシャルディスタンスと脳形態比較によるアリを用いた個体脆弱化仮説の検証

    挑戦的研究(萌芽)

    課題番号: 23K18155

    研究期間: 2023年06月  -  2026年03月 

    代表者: 辻 瑞樹 

    直接経費: 5,000,000(円)  間接経費: 6,500,000(円)  金額合計: 1,500,000(円)

  • In vivoドリル戦車の遺伝的基盤とその進化

    学術変革領域研究(B)

    課題番号: 22H05068

    研究期間: 2022年05月  -  2025年03月 

    代表者: 菊池 義智, 竹下 和貴, 下地 博之 

    直接経費: 41,200,000(円)  間接経費: 53,560,000(円)  金額合計: 12,360,000(円)

  • In vivoドリル戦車の遺伝的基盤とその進化

    学術変革領域研究(B)

    課題番号: 22H05068

    研究期間: 2022年05月  -  2025年03月 

    代表者: 菊池 義智, 竹下 和貴, 下地 博之 

    直接経費: 41,200,000(円)  間接経費: 53,560,000(円)  金額合計: 12,360,000(円)

  • 自動行動トラッキングシステムを用いたアリ社会の繁殖分業制御機構の解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 22H02364

    研究期間: 2022年04月  -  2025年03月 

    代表者: 下地 博之, 三浦 圭二, 水元 惟暁, 土畑 重人, 阿部 真人 

    直接経費: 13,300,000(円)  間接経費: 17,290,000(円)  金額合計: 3,990,000(円)

  • 自動行動トラッキングシステムを用いたアリ社会の繁殖分業制御機構の解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 22H02364

    研究期間: 2022年04月  -  2025年03月 

    代表者: 下地 博之, 三浦 圭二, 水元 惟暁, 土畑 重人, 阿部 真人 

    直接経費: 13,300,000(円)  間接経費: 17,290,000(円)  金額合計: 3,990,000(円)

全件表示 >>