山本 淳子 (ヤマモト ジュンコ)

Yamamoto Junko

写真a

職名

准教授

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   農学部   准教授  

  • 併任   琉球大学   農学研究科   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学 -  博士(農学)  農業経営学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年03月
     
     

      大阪府立大学農学研究科博士前期課程  

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

      農研機構 連携広報センター  

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

      農研機構 中央農業総合研究センター  

  • 2016年04月
    -
    2019年10月

      農研機構 食農ビジネス推進センター  

  • 2019年11月
    -
    2023年03月

      農研機構  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本農業経済学会

  •  
     
     
     

    日本農業経営学会

  •  
     
     
     

    日本フードシステム学会

  •  
     
     
     

    地域農林経済学会

  • 2015年04月
    -
    2016年09月
     

    日本農業経営学会   常任編集委員

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 経営継承

  • 第三者継承

  • 農産物消費

  • 消費者行動

  • 新規就農

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 農業経営学

論文 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナウイルス感染症の流行継続による食生活の変化-子育て世帯へのインタビュー調査による分析-

    山本 淳子, 上西 良廣

    フードシステム研究 ( 日本フードシステム学会 )  28 ( 3 ) n/a   2021年

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

     概要を見る

    Using a depth interview, this study analyzed the change in consumer behavior and eating habits during the spread of the COVID-19 pandemic. The results showed that during April to May 2020, most respondents had reduced the frequency of shopping. Some of them cooked new dishes and increased the number of meals as they stayed at home for longer hours and had enough time in hand for cooking. We also noted that during March to May 2021, when the work schedule returned to pre-COVID-19 times, the frequency of shopping and meal menus returned as well.

  • 農業法人における複数子弟の経営参画の実態と特徴

    緩鹿 泰子, 山本 淳子, 田口 光弘, 澤野 久美, 澤田 守

    農業経済研究 = Journal of rural economics ( 日本農業経済学会 ; 1925- )  91 ( 4 ) 442 - 447   2020年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • アイトラッキングによる農産物に対する消費者行動把握の方向

    山本 淳子

    関東東海北陸農業経営研究 = Kantō Tōkai Hokuriku journal of farm management ( 関東東海北陸農業経営研究会 )  ( 110 ) 35 - 44   2020年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • 若年層の果物購買場面における情報過負荷の発生状況に関する研究

    小峰 彩奈, 若林 英里, 大浦 裕二, 玉木 志穂, 山本 淳子

    フードシステム研究 ( 日本フードシステム学会 )  26 ( 4 ) 295 - 300   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

     概要を見る

    Through eye tracking and a questionnaire survey, this study aims to grasp the situation that causes information over-load among young consumers when purchasing fruits. The findings are as follows: 1) Eye tracking suggests a possibility of information overload when the consumers have many choices, while it is not the case when consumers have a lot of information. 2) The results of the questionnaire survey revealed there is a possibility that consumers tend to experience confusion when presented with lots of choices. This tendency is common among consumers who do not regularly eat fruit.

  • 高齢者における食料品選択行動の特徴に関する研究:―インターネット販売を対象とした情報過負荷の発生状況に着目して―

    若林 英里, 小峰 彩奈, 大浦 裕二, 玉木 志穂, 山本 淳子

    フードシステム研究 ( 日本フードシステム学会 )  26 ( 4 ) 301 - 306   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

     概要を見る

    Using a questionnaire survey and eye-tracking, this study aims to reveal elderly people's purchasing behavior characteristics for daily foods. For this purpose, we examined whether elderly people experience choice overload, particularly when shopping for food online. In the experiment, participants were asked to choose from either limited or extensive choices. The results revealed that participants felt difficulty when presented with extensive choices, while most of them were eventually able to choose. The results of eye-tracking suggest that participants try to reduce the choices unconsciously.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • フードシステム革新のニューウェーブ

    佐藤 和憲 , 斎藤 修 , 浅見 淳之 , 清野 誠喜, 矢野 泉, 中田 哲也 , 菊池 宏之, 張 秋柳, 薬師寺 哲郎, 李 哉泫, 中村 哲也 , 清水 達也 ( 農業経済), 滝沢 昌道, 河野 恵伸, 山本 淳子 , 丸山 敦史 , 矢野 佑樹, 櫻井 清一 , 西山 未真, 安 玉発 , 廣田 将仁 , 森嶋 輝也, 菊地 香 , 高橋 龍二 ( 担当: 単著 )

    日本経済評論社  2016年

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 事業継承ゼミナール(最終回)第三者継承の取り組みとポイント

    山本 淳子

    養豚界 = The pig magazine ( 緑書房 )  54 ( 11 ) 42 - 44   2019年10月

     

  • 事業継承ゼミナール(第7回)さまざまな事業継承の形と留意点

    山本 淳子

    養豚界 = The pig magazine ( 緑書房 )  54 ( 10 ) 52 - 54   2019年09月

     

  • 事業継承ゼミナール(第6回)家族経営の継承対策 : 親子のコンフリクトへの対応

    山本 淳子

    養豚界 = The pig magazine ( 緑書房 )  54 ( 8 ) 61 - 64   2019年08月

     

  • 事業継承ゼミナール(第5回)家族経営の継承対策 : 複数の子どもが就農したとき

    山本 淳子

    養豚界 = The pig magazine ( 緑書房 )  54 ( 7 ) 44 - 46   2019年07月

     

  • 事業継承ゼミナール(第4回)家族経営の継承対策 : 後継者の能力養成に取り組む(有)アクティブピッグ

    山本 淳子

    養豚界 = The pig magazine ( 緑書房 )  54 ( 6 ) 59 - 61   2019年06月

     

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 六次化商品の倫理的マーケティング・コミュニケーションにおける境界領域に関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 21K05793

    研究期間: 2021年04月  -  2024年03月 

    代表者: 河野 恵伸, 山本 淳子 

    直接経費: 2,600,000(円)  間接経費: 3,380,000(円)  金額合計: 780,000(円)

  • 六次化商品の倫理的マーケティング・コミュニケーションにおける境界領域に関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 21K05793

    研究期間: 2021年04月  -  2024年03月 

    代表者: 河野 恵伸, 山本 淳子 

    直接経費: 2,600,000(円)  間接経費: 3,380,000(円)  金額合計: 780,000(円)

  • 高齢者の食品選択行動における他者の関与の影響に関する実証的研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K06268

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 山本 淳子, 河野 恵伸, 大浦 裕二, 清野 誠喜 

    直接経費: 3,100,000(円)  間接経費: 4,030,000(円)  金額合計: 930,000(円)

  • 農業法人における従業員の人材育成とエンプロイアビリティに関する実証的研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K06291

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 澤田 守, 山本 淳子, 田口 光弘, 緩鹿 泰子 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 4,290,000(円)  金額合計: 990,000(円)

  • 高齢者の食品選択行動における他者の関与の影響に関する実証的研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K06268

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 山本 淳子, 河野 恵伸, 大浦 裕二, 清野 誠喜 

    直接経費: 3,100,000(円)  間接経費: 4,030,000(円)  金額合計: 930,000(円)

全件表示 >>