荒川 雅志 (アラカワ マサシ)

Arakawa Masashi

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

70423738

研究分野・キーワード

健康保養科学,環境生理学

ホームページ

http://www.health-tourism.tm.u-ryukyu.ac.jp/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   ■廃止組織■   観光科学科   教授  

  • 併任   琉球大学   観光科学研究科   その他  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年09月

    福岡大学  医学研究科  社会医学系疫学専修  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福岡大学 -  博士(医学)  疫学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年06月
    -
    2007年03月

      琉球大学 日本流通システム保健情報学寄附講座 客員助教授  

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

      琉球大学 法文学部 観光科学科 助教授  

  • 2008年04月
    -
    継続中

      琉球大学 観光産業科学部 観光科学科 准教授  

  • 2009年04月
    -
    継続中

      琉球大学大学院 観光科学研究科 准教授  

  • 2012年10月
    -
    継続中

      琉球大学大学院 観光科学研究科 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1999年10月
    -
    継続中
     

    日本睡眠学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本生理人類学会

  • 2008年05月
    -
    継続中
     

    日本体力医学会

  • 2008年05月
    -
    継続中
     

    日本心身医学会

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    日本観光研究学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

  • スポーツ科学

  • 公衆衛生学・健康科学

  • 応用健康科学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 小児・児童生徒のアレルギーと生活環境要因

  • 百歳長寿者の睡眠、ライフスタイル、体力医学的特性に関する疫学研究

  • 産官学医地域連携の医療ツーリズム創出モデル

  • 海洋環境資源による健康保養プログラムの開発

  • 地域資源を活かしたヘルスツーリズム・プログラム開発・エビデンス構築

論文 【 表示 / 非表示

  • Dietary patterns and depressive symptoms during pregnancy in Japan: Baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.

    Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Furukawa S, Arakawa M

    Journal of affective disorders   225   552 - 558   2018年01月

  • Parental occupations, educational levels, and income and prevalence of dental caries in 3-year-old Japanese children.

    Kato H, Tanaka K, Shimizu K, Nagata C, Furukawa S, Arakawa M, Miyake Y

    Environmental health and preventive medicine   22 ( 1 ) 80   2017年12月

  • Breastfeeding duration is inversely associated with asthma in Japanese children aged 3 years.

    Watanabe JI, Tanaka K, Nagata C, Furukawa S, Arakawa M, Miyake Y

    The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma     1 - 6   2017年07月

  • Reply to Letter to the Editor to "Soy isoflavone intake and prevalence of depressive symptoms during pregnancy in Japan: baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study".

    Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Furukawa S, Arakawa M

    European journal of nutrition   56 ( 4 ) 1795   2017年06月

  • Reply to letter to the editor to "Soy isoflavone intake and prevalence of depressive symptoms during pregnancy in Japan: baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study".

    Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Furukawa S, Arakawa M

    European journal of nutrition   56 ( 4 ) 1791 - 1792   2017年06月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ウェルネスツーリズム : サードプレイスへの旅

    荒川 雅志, 日本スパ振興協会 ( 担当: 単著 )

    フレグランスジャーナル社  2017年

  • Relationship between polymorphisms in IL4 and asthma in Japanese women: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.

    Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M. ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  2013年10月 ( 担当ページ: p.6 )

  • Case-control study of eczema in relation to IL4Rα genetic polymorphisms in Japanese women: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.

    Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M. ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  2013年03月 ( 担当ページ: p.6 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • Manganese intake is inversely associated with depressive symptoms during pregnancy in Japan: Baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.

    Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Furukawa S, Arakawa M

    J Affect Disord   15 ( 211 ) 124 - 129   2017年

     

    DOI

  • 美と健康の観光立国へ、新たなツーリズムの確立

    荒川雅志

    creabeaux   89   2 - 5   2017年

     

  • Perinatal smoking exposure and behavioral problems in Japanese children aged 5 years: The Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.

    Tanaka K, Miyake Y, Furukawa S, Arakawa M.

    Environ Res   151   383 - 388   2016年

     

    DOI

  • ヘルスツーツーリズムにおけるスパの位置づけ

    荒川雅志

    週刊ホテルレストラン   51 ( 40 ) 65 - 67   2016年

     

  • ヘルスツーリズムとは何か

    荒川雅志

    環境文化の創造 クリンネス   371   2 - 7   2016年

     

全件表示 >>

特許等知的財産 【 表示 / 非表示

  • ダイバー支援システム

    特願 2013-205857  (1900年)

    特開 2015-066372  (9999年)

    その他の共同発明者

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 次世代ヘルスケアとしてのヘルスツーリズム研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K02116

    研究期間: 2017年  -  2019年 

    代表者: 荒川雅志 

  • 原発事故後の親子の生活・健康変化の実態解明と社会的亀裂修復に向けた介入研究

    基盤研究(A)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2015年  -  2017年 

    代表者: 成元哲  研究分担者: 荒川雅志

  • ヘルスツーリズムのエビデンス基盤構築

    基盤研究(C)

    課題番号: 26360068

    研究期間: 2014年  -  2016年 

    代表者: 荒川雅志 

  • メンタルヘルスツーリズムの展開

    基盤研究(B)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2014年  -  2016年 

    代表者: 小口孝司  研究分担者: 荒川雅志

  • ヘルスツーリズムの有効性に関する実証研究

    若手研究(B)

    課題番号: 23700801

    研究期間: 2011年  -  2013年 

    代表者: 荒川雅志 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 990,000(円)  金額合計: 4,290,000(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 沖縄ノルディックウォーキングのコース開発および効果検証研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2016年09月  -  2017年03月 

    代表者: 荒川雅志  資金配分機関: 前田産業ホテルズ(ホテルマハイナ)

  • タラソテラピー活動量、消費カロリー測定の信頼性評価研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2016年08月  -  2017年03月 

    代表者: 荒川雅志  資金配分機関: かりゆしカンナタラソラグーナ

  • 生活習慣病予防のための宿泊を伴う効果的な保健指導プログラムの開発に関する研究

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2014年  -  2016年 

    代表者: 津下一代  連携研究者: 荒川雅志  資金配分機関: 厚生労働省

  • 水中可視光通信技術と水中癒し技術の組合せによる新たなダイビングサービスの創出

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2012年09月  -  2013年 

    代表者: 荒川雅志  資金配分機関: 株式会社21ざまみ

  • 健康長寿きたなかぐすく構築調査事業

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2011年10月  -  2012年 

    代表者: 荒川雅志  資金配分機関: 北中城村商工会

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 海洋療法プログラム研究開発プロジェクト

    研究期間: 2014年06月  -  2017年 

    代表者: 荒川雅志  資金配分機関: 株式会社かりゆし

  • 沖縄健康長寿レシピ作成支援プログラム

    研究期間: 2013年12月  -  2014年 

    代表者: 荒川雅志  資金配分機関: NPO食の風

  • アジア沖縄海洋療法研究開発センタープロジェクト

    研究期間: 2013年03月  -  2015年 

    代表者: 荒川雅志  資金配分機関: てんぷす宜野座振興公社

  • アンチエイジング医療ツーリズム研究開発プロジェクト

    研究期間: 2013年01月  -  2015年 

    代表者: 荒川雅志  資金配分機関: ジェロントロジー総合研究所

  • 海洋性ウェルネスプログラム研究開発プロジェクト

    研究期間: 2013年01月  -  2015年 

    代表者: 荒川雅志  資金配分機関: ザ・テラスホテルズ

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • ヘルスツーリズム

    観光

     概要を見る

    ヘルスケア