筒井 正人 (ツツイ マサト)

Tsutsui Masato

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

70309962

研究室住所

〒903-0125 沖縄県中頭郡西原町字上原207番地

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-1133

研究室FAX

098-895-1411

ホームページ

http://w3.u-ryukyu.ac.jp/pharmaco/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   教授  

  • 併任   琉球大学   医学部   医学科   教授  

  • 併任   琉球大学   医学部   医学部長  

  • 併任   琉球大学   医学研究科   医学研究科長  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    1988年03月

    産業医科大学   医学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1995年03月

    産業医科大学  医学研究科  生体情報系専攻  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年06月
    -
    1997年05月

    米国メイヨークリニック(Mayo Clinic)  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 産業医科大学 -  医学博士  薬理学一般

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年07月
    -
    1990年06月

      産業医科大学医学部第二内科学 研修医  

  • 1995年06月
    -
    1997年05月

      米国メイヨークリニック リサーチフェロー  

  • 1998年07月
    -
    2001年02月

      産業医科大学医学部第二内科学 助手  

  • 2001年03月
    -
    2001年05月

      産業医科大学医学部第二内科学 学内講師  

  • 2001年06月
    -
    2009年05月

      産業医科大学医学部薬理学 准教授  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日本循環器学会   会員

  • 1992年01月
    -
    継続中
     

    日本薬理学会   評議員

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    American Heart Association(米国心臓協会)   上級会員

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    American Physiological Society(米国生理学会)   会員

  • 1998年08月
    -
    継続中
     

    日本内科学会   会員

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 一酸化窒素

  • 活性硫黄

  • 薬理学

  • 循環器病学

  • 血管生物学

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 薬理学

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

  • ライフサイエンス / 生理学

  • ライフサイエンス / 呼吸器内科学

  • ライフサイエンス / 内科学一般

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 循環器内科専門医

  • 認定内科医

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子改変マウスを用いた一酸化窒素合成酵素系の意義の解明

  • 遺伝子改変マウスおよび遺伝子導入を用いた活性硫黄システムの意義の解明

  • 一酸化窒素合成酵素系完全欠損マウスに認められた自然発症肺気腫

  • 3メルカプトピルビン酸硫黄転移酵素(3MST)欠損マウスに認められた高血圧

  • 肺高血圧症におけるCARS遺伝子治療法の確立

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Correlation of activation of Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II with catecholamine secretion and tyrosine hydroxylase activation in cultured bovine adrenal medullary cells

    1995年03月 

論文 【 表示 / 非表示

  • Protective role of myelocytic nitric oxide synthases against hypoxic pulmonary hypertension in mice

    Ogoshi T, Tsutsui M, Kido T, Sakanashi M, Naito K, Oda K, Ishimoto H, Yamada S, Wang KY, Toyohira Y, Izumi H, Masuzaki H, Shimokawa H, Yanagihara N, Yatera K, Mukae H

    Am J Respir Crit Care Med ( American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine )  198 ( 2 ) 232 - 244   2018年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Rationale: Nitric oxide (NO), synthesized by NOSs (NO synthases), plays a role in the development of pulmonary hypertension (PH). However, the role of NO/NOSs in bone marrow (BM) cells in PH remains elusive. Objectives: To determine the role of NOSs in BM cells in PH. Methods: Experiments were performed on 36 patients with idiopathic pulmonary fibrosis and on wild-type (WT), nNOS (neuronal NOS) / , iNOS (inducible NOS) / , eNOS (endothelial NOS) / , and n/i/eNOSs / mice. Measurements and Main Results: In the patients, there was a significant correlation between higher pulmonary artery systolic pressure and lower nitrite plus nitrate levels in the BAL fluid. In the mice, hypoxia-induced PH deteriorated significantly in the n/i/eNOSs / genotype and, to a lesser extent, in the eNOS / genotype as compared with the WT genotype. In the n/i/eNOSs / genotype exposed to hypoxia, the number of circulating BM-derived vascular smooth muscle progenitor cells was significantly larger, and transplantation of green fluorescent protein–transgenic BM cells revealed the contribution of BM cells to pulmonary vascular remodeling. Importantly, n/i/eNOSs / -BM transplantation significantly aggravated hypoxia-induced PH in the WT genotype, and WT-BM transplantation significantly ameliorated hypoxia-induced PH in the n/i/eNOSs / genotype. A total of 69 and 49 mRNAs related to immunity and inflammation, respectively, were significantly upregulated in the lungs of WT genotype mice transplanted with n/i/eNOSs / -BM compared with those with WT-BM, suggesting the involvement of immune and inflammatory mechanisms in the exacerbation of hypoxia-induced PH caused by n/i/eNOSs / -BM transplantation. Conclusions: These results demonstrate that myelocytic n/i/eNOSs play an important protective role in the pathogenesis of PH. 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2

  • [Long-term dietary nitrite and nitrate deficiency causes metabolic syndrome, endothelial dysfunction, and cardiovascular death in mice].

    Kina-Tanada M, Sakanashi M, Arasaki A, Tsutsui M

    Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica ( 公益社団法人 日本薬理学会 )  151 ( 4 ) 148 - 154   2018年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>一酸化窒素(NO)はL-arginineからNO合成酵素(NOSs)を介して産生されが,最近,その代謝産物である亜硝酸塩(NO<sub>2</sub><sup>-</sup>)および硝酸塩(NO<sub>3</sub><sup>-</sup>)からNOが産生される経路が発見された.レタスやホウレン草などの緑葉野菜には硝酸塩が多く含有されている.しかし,硝酸塩/亜硝酸塩(NOx)の不足が病気を引き起こすか否かは知られていない.本研究では,『食事性NOxの不足は代謝症候群を引き起こす』という仮説をマウスにおいて検証した.私達は過去に,NOSs完全欠損マウスの血漿NOxレベルは野生型マウスに比して10%以下に著明に低下していることを報告した.この結果から,生体のNO産生は主として内在するNOSsによって調節されていること,外因性NO産生系の寄与は小さいことが示唆されたが,低NOx食を野生型マウスに長期投与すると意外なことに血漿NOxレベルは通常食に比して30%以下に著明に低下した.この機序を検討したところ,低NOx食負荷マウスでは内臓脂肪組織のeNOS発現レベルが有意に低下していた.重要なことに,低NOx食の3ヵ月投与は,内臓脂肪蓄積,高脂血症,耐糖能異常を引き起こし,低NOx食の18ヵ月投与は,体重増加,高血圧,インスリン抵抗性,内皮機能不全を招き,低NOx食の22ヵ月投与は,急性心筋梗塞死を含む有意な心血管死を誘発した.低NOx食負荷マウスでは内臓脂肪組織におけるPPARγ,AMPK,adiponectinレベルの低下および腸内細菌叢の異常が認められた.以上,本研究では,食事性NOxの不足がマウスに代謝症候群,血管不全,および心臓突然死を引き起こすことを明らかにした.この機序には,PPARγ/AMPKを介したadiponectinレベルの低下,eNOS発現低下,並びに腸内細菌叢の異常が関与していることが示唆された.</p>

  • Impact of brown rice-specific γ-oryzanol on epigenetic modulation of dopamine D2 receptors in brain striatum in high-fat-diet-induced obesity in mice.

    Kozuka C, Kaname T, Shimizu-Okabe C, Takayama C, Tsutsui M, Matsushita M, Abe K, Masuzaki H

    Diabetologia ( Diabetologia )  60 ( 8 ) 1502 - 1511   2017年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Long-term dietary nitrite and nitrate deficiency causes the metabolic syndrome, endothelial dysfunction and cardiovascular death in mice.

    Kina-Tanada M, Sakanashi M, Tanimoto A, Kaname T, Matsuzaki T, Noguchi K, Uchida T, Nakasone J, Kozuka C, Ishida M, Kubota H, Taira Y, Totsuka Y, Kina SI, Sunakawa H, Omura J, Satoh K, Shimokawa H, Yanagihara N, Maeda S, Ohya Y, Matsushita M, Masuzaki H, Arasaki A, Tsutsui M

    Diabetologia ( SPRINGER )  60 ( 6 ) 1138 - 1151   2017年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Nitric oxide (NO) is synthesised not only from l-arginine by NO synthases (NOSs), but also from its inert metabolites, nitrite and nitrate. Green leafy vegetables are abundant in nitrate, but whether or not a deficiency in dietary nitrite/nitrate spontaneously causes disease remains to be clarified. In this study, we tested our hypothesis that long-term dietary nitrite/nitrate deficiency would induce the metabolic syndrome in mice. To this end, we prepared a low-nitrite/nitrate diet (LND) consisting of an amino acid-based low-nitrite/nitrate chow, in which the contents of l-arginine, fat, carbohydrates, protein and energy were identical with a regular chow, and potable ultrapure water. Nitrite and nitrate were undetectable in both the chow and the water. Three months of the LND did not affect food or water intake in wild-type C57BL/6J mice compared with a regular diet (RD). However, in comparison with the RD, 3 months of the LND significantly elicited visceral adiposity, dyslipidaemia and glucose intolerance. Eighteen months of the LND significantly provoked increased body weight, hypertension, insulin resistance and impaired endothelium-dependent relaxations to acetylcholine, while 22 months of the LND significantly led to death mainly due to cardiovascular disease, including acute myocardial infarction. These abnormalities were reversed by simultaneous treatment with sodium nitrate, and were significantly associated with endothelial NOS downregulation, adiponectin insufficiency and dysbiosis of the gut microbiota. These results provide the first evidence that long-term dietary nitrite/nitrate deficiency gives rise to the metabolic syndrome, endothelial dysfunction and cardiovascular death in mice, indicating a novel pathogenetic role of the exogenous NO production system in the metabolic syndrome and its vascular complications.

  • Inhibitory effects of pine nodule extract and its component, SJ-2, on acetylcholine-induced catecholamine secretion and synthesis in bovine adrenal medullary cells.

    Li X, Horishita T, Toyohira Y, Shao H, Bai J, Bo H, Song X, Ishikane S, Yoshinaga Y, Satoh N, Tsutsui M, Yanagihara N

    Journal of pharmacological sciences ( Journal of Pharmacological Sciences )  133 ( 4 ) 268 - 275   2017年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 放射線医科学の事典

    香崎正宙, 筒井正人 ( 担当: 共著 )

    朝倉書店  2019年 ( ページ数: 304 )

  • 心不全(第2版)上 ―最新の基礎・臨床研究の進歩―

    筒井正人 ( 担当: 単著 )

    日本臨床社  2018年12月 ( ページ数: 715 ,  担当ページ: p.209-215 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 第49回日本心脈管作動物質学会年会 理事長講演

    筒井正人

    第49回日本心脈管作動物質学会年会   (福岡県久留米市)  2020年02月  -  2020年02月   

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 日本心脈管作動物質学会学会誌『血管』

    学術専門雑誌等編集 

    2018年04月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    編集長

  • Circulation Research

    学術論文査読件数 

    2015年06月
    -
    2019年09月
     

  • Journal of Pharmacological Sciences

    学術論文査読件数 

    2012年06月
    -
    2016年06月
     

  • Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology

    学術論文査読件数 

    2012年05月
    -
    2020年12月
     

  • Circulation Journal

    学術論文査読件数 

    2008年07月
    -
    2018年06月
     

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, Top Reviewer Award

    2020年11月   Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology  

    受賞者: 筒井正人

  • Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, Top Reviewer Award

    2019年11月   Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology  

    受賞者: 筒井正人

  • Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, Top Reviewer Award

    2018年11月   Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology  

    受賞者: 筒井 正人

  • Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, Top Reviewer Award

    2017年11月   Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology  

    受賞者: 筒井正人

  • Journal of Pharmacological Sciences, Excellent Reviewer Award

    2017年03月16日   Journal of Pharmacological Sciences  

    受賞者: 筒井正人

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • ガス分子群の生体制御機構の解明と医学への応用, 武田科学振興財団 特定研究助成

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2014年  -  2017年 

    代表者: 筒井 正人  資金配分機関: 武田科学振興財団

    直接経費: 50,000,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 50,000,000(円)

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 創薬に資する心筋梗塞を発症するモデルの開発

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  薬理学  実験・実習・実技

  • 2021年度  医学外国語  講義

  • 2021年度  医学概論B  講義

  • 2021年度  医学概論A「ヒトの科学と人間の医学」  講義

  • 2021年度  薬物作用学特論  講義

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県地域医療対策協議会 委員

    2021年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    委員

  • 琉球大学医学部医学科後援会 顧問

    2021年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    顧問

  • 2021年度西日本医科学生体育連盟 副会長

    2021年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    副会長

  • 第121回九州医師会医学会 顧問

    2021年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    顧問

  • 金沢医科大学医学部 非常勤講師

    2019年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 肺高血圧の原因解明 琉大の筒井教授ら 世界初  新聞・雑誌

    沖縄タイムス  2018年7月

    執筆者: 本人 

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 科研費審査委員

    日本学術振興会 

    2008年12月
    -
    現在

    種別:審査・学術的助言 

     概要を見る

    2008年、2010年、2017年、2018年、2019年、2021年に科研費の審査委員を担当