照屋 典子 (テルヤ ノリコ)

Teruya Noriko

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

10253957

研究室住所

〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町上原207番地

研究分野・キーワード

がん看護学,成人看護学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-1272

研究室FAX

098-895-1272

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   保健学科   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(保健学)  臨床看護学

  • 琉球大学 -  保健学修士  その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2019年05月

      琉球大学 医学部 保健学科 助教  

  • 2019年06月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部 保健学科 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本がん看護学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本看護科学学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 保健師

  • 助産師

  • 看護師

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • がん患者の在宅緩和ケアネットワーク構築に関する研究

  • がん患者のセルフケア能力とQOLに関する研究

  • 小学生を対象としたがん教育に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ケアリングに基づく看護技術支援マニュアル

    安酸史子,正野逸子,他 ( 担当: 分担執筆 )

    メヂカルフレンド社  2013年04月

  • がん化学療法 ・バイオセラピー看護実践ガイドライン

    照屋典子(分担訳) ,佐藤禮子監訳 Martha P.,Julie M.,Linda O. (原著編) ( 担当: 共著 )

    医学書院  2008年04月

  • がん看護コアカリキュラム

    照屋典子(分担訳),小島操子,佐藤禮子監訳 Joanne K Itano, Karen N Taoka. (原著編) ( 担当: 共著 )

    医学書院  2007年04月

  • がん看護コアカリキュラム

    照屋典子(分担訳),小島操子,佐藤禮子(監訳) ( 担当: 共著 )

    医学書院  2006年04月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 発達障害と診断された看護学生に対する支援・合理的配慮に関する検討ー看護教員を対象とした調査結果からー

    照屋典子, 太田里枝, 藤川真紀, 宮林郁子, 増滿誠, 松浦賢長, 原田直樹, 安住康恵, 日高艶子, 西村優紀美, 北川明, 安酸史子

    第40回日本看護科学学会学術集会     2020年12月  [査読有り]

     

  • 看護教員が行った発達障害傾向のある看護学生への支援

    太田里枝, 藤川真紀, 照屋典子, 宮林郁子, 増滿誠, 松浦賢長, 原田直樹, 安住康恵, 日高艶子, 西村優紀美, 北川明, 安酸史子

    第40回日本看護科学学会学術集会     2020年12月  [査読有り]

     

  • 進行がんに関連する告知についての大学生の認識とその関連要因の検討

    木村安貴, 中村聡美, 玉井なおみ, 照屋典子, 本村真, 砂川洋子

    日本がん看護学会誌   33   201   2019年02月  [査読有り]

     

  • 幼い子をもつ婦人科癌患者が治療過程に抱く不安に対する看護介入.

    伊波華, 照屋典子, 砂川洋子

    日本がん看護学会誌   32   168   2018年  [査読有り]

     

  • 食道がん患者の治療選択の意思決定プロセスにおけるがん看護専門看護師の介入

    伊波華, 棚原陽子, 多和田慎子, 照屋典子, 砂川洋子

    日本がん看護学会誌   31   288   2017年  [査読有り]

     

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • がん化学療法患者の離職予防に向けた就労関連スティグマ低減の双方向支援ツールの開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K10791

    研究期間: 2020年04月  -  2024年03月 

    代表者: 照屋 典子  研究分担者: 木村 安貴, 照屋 典子, 本村 純, 砂川 昌範, 玉井 なおみ

    直接経費: 3,000,000(円)  間接経費: 900,000(円)  金額合計: 3,900,000(円)

  • 親子で学ぶがん予防教育プログラムの実践と評価

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K12569

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月 

    代表者: 照屋 典子  研究分担者: 砂川 洋子 琉球大学, 医学部, 教授 (00196908)

    直接経費: 2,300,000(円)  間接経費: 690,000(円)  金額合計: 2,990,000(円)

  • 親子で学ぶがん予防教育プログラムの実践と評価

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K12569

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月 

    代表者: 照屋 典子  研究分担者: 照屋 典子, 砂川 洋子

    直接経費: 2,300,000(円)  間接経費: 690,000(円)  金額合計: 2,990,000(円)

     概要を見る

    2018年9月、沖縄市内A小学校の小学6年生(142名)を対象として、外部講師(医師)によるがんについての授業を行い、がんやがん患者への理解を把握することを目的として、授業後のふりかえりワークシートの質的分析を行った。保護者より承諾を得た児童(109名)のワークシートの分析を行った結果、授業を受けてわかったことについては175件の記述があり、①がんは治せる(57件)、②がんは身近な病気(31件)、③がんは細胞のミスコピーでできるもの(26件)、④タバコ、酒が原因でがんになる(13件)、⑤放射線や手術など様々な治療がある10件、⑥がんにはいろいろな種類がある(8件)、⑦がんは予防できる(7件)等の回答がみられた。授業前のイメージと変わったことについては98件の記述があり、①早期発見すれば治せる(52件)、②治せることがわかって、怖いイメージが減った(16件)、③治療法がいろいろあると知って安心、頑張ろうというイメージに変わった(8件)、④検診やがん予防12か条を知って予防できるというイメージに変わった(7件)、⑤誰でもかかる可能性のある身近な病気というイメージに変わった(6件)等であった。がん患者について理解するためにできることについては144件の記述があり、①励ます、勇気づける (34件)、②見舞い、そばにいる(28件)、③今日学んだことを伝える(24件)、④がんについて勉強する(22件)、⑤自分ががんになったらどうするか考える(16件)等であった。大切な人ががん予防、早期発見するためにできることについては159件の記述があり、①検診を受ける(勧める)(92件)、②予防法(規則正しい生活、運動、食事など)を一緒に行う(31件)、③禁煙、節酒する(21件)等であった。以上のことから、小学生においても、授業を通して、がんやがん予防、がん患者の理解が十分できることが示唆された。

  • 中高生への子宮頸がん予防啓発に向けた教育支援ーピアエジュケーションの実践と評価ー

    基盤研究(C)

    課題番号: 16K12066

    研究期間: 2016年04月  -  2020年03月 

    代表者: 照屋 典子  研究分担者: 砂川 洋子, 照屋 典子

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 960,000(円)  金額合計: 4,160,000(円)

     概要を見る

    がんの罹患には様々なリスク要因が挙げられているが、多くのがんは生活習慣などと深い関わりがあるとされているため、若い世代からのがんやがん予防教育が重要であることが提言されている。平成24年6月に施行された、がん対策基本推進計画に基づき、文部科学省は平成29年度からのがん教育の全国展開を目指して、学校におけるがん教育の在り方に関して検討してきている。 第一段階研究では中学生、高校生を対象として、がん教育に関するニーズ調査を実施した。その結果、中高生ともに、多くの生徒ががんに対してのイメージは、暗い感じ、苦しい感じ、怖い感じなどのネガティブイメージが高かった。また、がんやがん予防の授業の受講希望は、中高生共におよそ6から7割の者が希望していた。第二段階研究では、ピアサポーターも交えた、介入研究の教育プログラムの構築や学校で働く養護教諭を対象としてのがん教育の研修を実施し、学校関係者との連携構築に努めた。 第三段階研究は、昨年7月に転倒による腰部圧迫骨折に見舞われ、長期の入院加療を余儀なくされたために、学会参加による情報収集、文部科学省主催のがん教育セミナーなどに参加しての情報収集にとどまり、学校現場に介入してのがん教育の調査研究の実施ができていない。 補助期間延長申請を行い承認を得ている。

  • 発達障害傾向のある看護学生への現任教育まで含めた適応支援ガイドラインの作成

    基盤研究(B)

    課題番号: 16H05573

    研究期間: 2016年04月  -  2020年03月 

    代表者: 照屋 典子  研究分担者: 安酸 史子, 砂川 洋子, 松浦 賢長, 照屋 典子, 安藤 満代, 増満 誠, 谷 多江子, 梅崎 節子, 飯野 英親, 北川 明, 塚原 ひとみ, 小浜 さつき, 中嶋 恵美子, 石本 祥子, 山住 康恵, 藤川 真紀, 井手 悠一郎, 金城 芳秀, 宮林 郁子, 日高 艶子, 太田 里枝, 西村 優紀美, 正野 逸子, 佐藤 亜紀, 原田 直樹, 太田 祐子, 金城 祥教, 山田 美幸, 福嶋 龍子

    直接経費: 12,600,000(円)  間接経費: 3,780,000(円)  金額合計: 16,380,000(円)

     概要を見る

    平成30年度に完成年度を迎えた看護系大学207校を対象に、発達障害傾向のある学生についての組織調査及び看護教師に対して実態調査を実施した。組織調査に関しては、74大学から回答を得た(回収率35.7%)。現在発達障害と診断された学生数は、全体で実数25名。発達障害傾向と思われる学生数は207名。49大学(66・2%)が明確に存在すると回答している。看護教員調査では、発達障害の診断ありの事例31事例、診断無しの事例51事例の記載が得られた。 診断ありの事例で特記すべきものとしては、障害学生教育支援経費を獲得して、TAを配置して支援したという事例があった。学生本人からの依頼で合理的配慮申請をする必要があり、合理的配慮検討委員会開催のためには医師からの意見書が必要で、学生から医師に依頼する必要もあるため、教員から学生に提案するタイミングが難しかったと記載されていたが、診断がついている場合には、時間はかかっても適切な対応が可能だということが示唆された。また様々な合理的配慮を実習先や養教と連携して行い、卒業させることが出来た事例では、本人の了解を得て就職先に状況を伝え、就職先も承諾したうえでの就職であったものの、時間の経過とともに多くの苦情が大学に寄せられているという実態の記載もあり、継続支援の困難さとその必要性が確認された。 診断無しの事例においても、学生の課題状況はほぼ同じであるが、診断無しの場合は、本人に自覚がないことが多く、担当の教員が様々な対応や工夫をしている状況が確認された。いずれも、担当する教員が多大な負担を担いながら対応している状況が伺えた。組織調査においては、対応する学内機関があると回答した大学は、44大学と全体の59.5%であり、約4割の大学は専門職がいない状況の中で担当教員が対応している実態が明らかになった。看護管理者へのインタビュー調査に関しては、現在進行中である。

全件表示 >>