鈴木 幹男 (スズキ ミキオ)

Suzuki Mikio

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

00226557

研究室住所

〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町上原207番地

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-1183

ホームページ

http://www.ent-ryukyu.jp/index.html

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   教授  

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1996年03月

    University of Tennessee,Memphis  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 滋賀医科大学 -  医学博士  耳鼻咽喉科学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

      琉球大学 大学院医学研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学講座 教授(医学部から改組)  

  • 2010年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学研究科 教授  

  • 2015年04月
    -
    継続中

      琉球大学病院  

  • 2017年04月
    -
    継続中

      琉球大学病院 手術部  

  • 2019年04月
    -
    継続中

      琉球大学病院 医療安全管理責任者(併任)  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 脳機能画像

  • 内視鏡下鼻副鼻腔手術

  • 内耳疾患

  • 低侵襲外科

  • ヒト乳頭腫ウイルス

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 耳鼻咽喉科学

  • ライフサイエンス / 耳鼻咽喉科学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ウイルス発がん

  • 頭頸部領域感覚障害時の脳機能評価

  • 内耳の水代謝調節機構

  • 脳機能画像を用いた頭頸部感覚障害の評価

  • 鼻副鼻腔腫瘍の内視鏡下手術

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 【総説】喉頭乳頭腫におけるHPVの時空間的遺伝子発現

    池上太郎, 喜友名朝則, 喜瀬乗基, 鈴木幹男

    喉頭   33 ( 2 ) 69 - 75   2021年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Brain Activity in Patients With Unilateral Vocal Fold Paralysis Detected by Functional Magnetic Resonance Imaging.

    Asanori Kiyuna, Norimoto Kise, Munehisa Hiratsuka, Hiroyuki Maeda, Hitoshi Hirakawa, Akira Ganaha, Mikio Suzuki

    Journal of voice : official journal of the Voice Foundation     2020年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    OBJECTIVES: Understanding brain activity in response to unilateral vocal fold paralysis is essential to determine the neural compensatory mechanism underlying adaptation to voice disorders and to develop novel and improved rehabilitation programs for these disorders. We aimed to clarify brain activity during phonation (prolonged vowel, |i:|) in patients with chronic left vocal fold paralysis (LVFP) and compare with that in normal controls. STUDY DESIGN: Case-control study. METHODS: This functional magnetic resonance imaging (fMRI) study of an event-related task comprised 12 individuals with LVFP of more than 6 months duration and 12 healthy controls. The experimental task alternated phonation (prolonged vowel, |i:|) and no phonation (rest) conditions. The functional images obtained were single-shot gradient-echo echo-planar imaging. The volumes were acquired parallel to the anterior-posterior commissure plane and were sensitive to BOLD contrast. Data sets were processed and statistically analyzed using Statistical Parametric Mapping 8 software. Within-group analyses were conducted by applying the one-sample t test (P < 0.001, uncorrected). A random-effects analysis was used for group comparison. RESULTS: The LVFP group showed significantly higher brain activity in the right premotor areas, left parietal lobule, right primary somatosensory areas, and bilateral supplementary motor area and lower brain activity in the auditory-related areas of the superior temporal gyrus. There were no significant correlations of the percent signal change on fMRI with disease duration, maximum phonation time, or age. CONCLUSION: Patients with chronic unilateral vocal fold paralysis have stronger activity during voluntary phonation in various central networks. More detailed information on the central nervous system regions related to voluntary phonation from early to chronic phase is needed to understand the compensatory mechanisms in vocal fold paralysis and to establish an effective rehabilitation program. This is the first report to investigate brain activity in chronic unilateral vocal fold paralysis.

  • Measurement of stapes footplate thickness in otosclerosis by ultra-high-resolution computed tomography.

    Yukinori Akazawa, Akira Ganaha, Teruyuki Higa, Shunsuke Kondo, Yoshiki Oyakawa, Hitoshi Hirakawa, Mikio Suzuki, Tsuneo Yamashiro

    Acta oto-laryngologica   140 ( 11 ) 1 - 5   2020年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    BACKGROUND: Ultra-high-resolution computed tomography (U-HRCT) utilizes a 1024 × 1024 matrix with 0.25-mm section thickness, offering better spatial resolution than conventional multi-detector row CT to detect anatomic data for otologic surgery. AIMS: We examined stapes footplate thickness using U-HRCT in relation to stapedotomy to predict the difficulty of the surgical procedure. MATERIALS AND METHODS: Subjects were 12 otosclerosis patients and 25 controls who underwent diagnostic U-HRCT. A profile curve (Hounsfield units) was used to measure stapes footplate thickness along a perpendicular line across the stapes footplate in a plane parallel to the lateral semicircular canal. RESULTS: Footplate thickness was smaller at the midpoint than just before the anterior crus and just after the posterior crus. Interobserver variability was lowest at the midpoint, where foot plate thickness was significantly greater in the affected ear in otosclerosis patients compared with controls (0.60 ± 0.09 mm vs 0.46 ± 0.04 mm; p < .001). Otosclerosis patients were detected using U-HRCT with a high area under the curve. Difficulty in the stapes opening procedure correlated with stapes footplate thickness. CONCLUSIONS: Footplate thickness on U-HRCT correlated with temporal bone anatomy and corresponded to surgical difficulty. Significance: U-HRCT-derived anatomic data is useful for evaluating the stapes.

  • Induction chemotherapy in hypopharyngeal cancers: influences of DNA repair gene polymorphisms

    Hirakawa H, Ikegami T, Azechi S, Agena S, Uezato J, Kinjyo H, Yamashita Y, Kiyuna A, Tanaka K, Kondo S, Maeda H, Suzuki M, Ganaha A

    Anticancer Research   40 ( in press )   2020年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 下咽頭癌におけるDNA修復酵素遺伝子多型と発癌についての検討

    疇地里衣, 平川仁, 池上太郎, 長谷川成海, 山下懐, 安慶名信也, 上原貴行, 田中克典, 上里迅, 真栄田裕行, 鈴木幹男

    耳鼻と臨床 ( 耳鼻と臨床会 )  66 ( 2 ) 35 - 40   2020年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    頭頸部癌の発症とDNA修復酵素遺伝子多型との相関に関し、いまだ結論は出ていない。われわれは沖縄地域において罹患率の高い下咽頭癌の発症が、DNA修復酵素遺伝子多型と関連するかを検討した。琉球大学医学部附属病院耳鼻咽喉科を受診した下咽頭癌患者117例と非癌疾患の患者125例に対し、DNA修復酵素であるERCC1、XPD312、XPD751、XRCC1の遺伝子多型の頻度を比較した。結果は下咽頭癌患者と非癌疾患患者との間で各遺伝子多型発現頻度において有意な差はみられなかった。さらにTNM進行度と遺伝子多型の頻度を比較したところXRCC1多型を有する群において遠隔転移は有意に低かった。XPD312、XPD751に関して欧米諸国と比較したところ変異アレル頻度が低かった。以上より、日本人においてこれらの遺伝子多型は発癌には関連しないが遠隔転移との相関が示唆された。またXPD遺伝子多型には民族間の差があり、特に沖縄地域では変異アレルの頻度が低い可能性があると考えられた。(著者抄録)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 口腔咽頭の臨床

    鈴木幹男 ( 担当: 単著 )

    医学書院,第5章-8 咽頭の狭窄・閉鎖症  2009年04月 ( 担当ページ: p.2 )

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Equilibrium Research 平成11年度最優秀論文賞受賞

    2000年12月   Equilibrium Research  

    受賞者: その他の受賞者

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • ヒト乳頭腫ウイルス関連頭頸部癌の診断及び予後に関与するバイオマーカーの解明

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K11390

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月 

    代表者: 鈴木 幹男  研究分担者: 池上 太郎 琉球大学, 医学(系)研究科(研究院), 助教 (00754409) 真栄田 裕行 琉球大学, 医学(系)研究科(研究院), 准教授 (40264501)

    直接経費: 3,500,000(円)  間接経費: 1,050,000(円)  金額合計: 4,550,000(円)

  • ヒト乳頭腫ウイルス関連頭頸部癌の診断及び予後に関与するバイオマーカーの解明

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K11390

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月 

    代表者: 鈴木 幹男, 池上 太郎, 真栄田 裕行 

    直接経費: 3,500,000(円)  間接経費: 4,550,000(円)  金額合計: 1,050,000(円)

     概要を見る

    1.HPV関連頭頸部癌診断の再検討 喉頭癌、中咽頭癌についてp16免疫染色、HPV DNA(PCR法,in situ hybridization法), E6/E7mRNA(RT-PCR法,in situ hybridization法)を用いて実施した。 中咽頭癌でp16免疫染色陽性であるがHPV DNAが検出されない例が見られた。integrationした際にL1が欠損することがあるため、さらにHPV16のE6.E2に対する型特異的プライマーを用いてPCRを実施するとHPV16が検出された。以上からAJCC第8版で示されたp16免疫染色方法を用いた場合、p16陽性例ではHPV感染が見られた。しかし、逆にHPV DNAが検出されても、p16陰性の例は多く、これらの例では腫瘍化と関連のない感染であると推定された。またこの際にはウイルス量が少ないことが判明した。 2.HPV関連頭頸部がんの予後不良例と予後良好例の臨床解析 HPV関連中咽頭癌について解析した。喫煙が40 pack-yearを超えると予後不良になることを見出した。死亡例では重複癌、喫煙、高齢であるが、遠隔転移が生じても比較的長期間生存することが判明した。 3.HPV関連癌予後不良例におけるバイオマーカー検索 予備研究は終了し各種因子を検討中である。喫煙に関連して予後不良であることが判明したため、たばこに含まれる有害物質の代謝酵素、喫煙関連バイオマーカーに着目して検討している。 4.進行中咽頭癌におけるHPV感染に基づく計画的頸部郭清術に関する前向き試験 症例をリクルートし進行中である。

  • ヒト乳頭腫ウイルス関連頭頸部癌の診断及び予後に関与するバイオマーカーの解明

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K11390

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月 

    代表者: 鈴木 幹男, 池上 太郎, 真栄田 裕行 

    直接経費: 3,500,000(円)  間接経費: 4,550,000(円)  金額合計: 1,050,000(円)

     概要を見る

    1.HPV関連頭頸部癌診断の再検討 喉頭癌、中咽頭癌についてp16免疫染色、HPV DNA(PCR法,in situ hybridization法), E6/E7mRNA(RT-PCR法,in situ hybridization法)を用いて実施した。 中咽頭癌でp16免疫染色陽性であるがHPV DNAが検出されない例が見られた。integrationした際にL1が欠損することがあるため、さらにHPV16のE6.E2に対する型特異的プライマーを用いてPCRを実施するとHPV16が検出された。以上からAJCC第8版で示されたp16免疫染色方法を用いた場合、p16陽性例ではHPV感染が見られた。しかし、逆にHPV DNAが検出されても、p16陰性の例は多く、これらの例では腫瘍化と関連のない感染であると推定された。またこの際にはウイルス量が少ないことが判明した。 2.HPV関連頭頸部がんの予後不良例と予後良好例の臨床解析 HPV関連中咽頭癌について解析した。喫煙が40 pack-yearを超えると予後不良になることを見出した。死亡例では重複癌、喫煙、高齢であるが、遠隔転移が生じても比較的長期間生存することが判明した。 3.HPV関連癌予後不良例におけるバイオマーカー検索 予備研究は終了し各種因子を検討中である。喫煙に関連して予後不良であることが判明したため、たばこに含まれる有害物質の代謝酵素、喫煙関連バイオマーカーに着目して検討している。 4.進行中咽頭癌におけるHPV感染に基づく計画的頸部郭清術に関する前向き試験 症例をリクルートし進行中である。

  • ウイルス感染と腫瘍の生物学的活性による頭頸部癌一次治療効果と予後予測

    基盤研究(C)

    課題番号: 26462610

    研究期間: 2014年04月  -  2017年03月 

    代表者: 鈴木 幹男  研究分担者: 上原 貴行 琉球大学, 医学部附属病院, 助教 (00644402) 真栄田 裕行 琉球大学, 医学(系)研究科(研究院), 准教授 (40264501) Deng Zeyi 琉球大学, 医学(系)研究科(研究院), その他 (50723863)

    直接経費: 3,800,000(円)  間接経費: 1,140,000(円)  金額合計: 4,940,000(円)

  • DNAメチル化を指標としたヒト乳頭腫ウイルスによる発癌メカニズムの解析

    基盤研究(C)

    課題番号: 26462611

    研究期間: 2014年04月  -  2017年03月 

    代表者: Deng Zeyi, 鈴木 幹男, 上原 貴行, 真栄田 裕行 

    直接経費: 3,800,000(円)  間接経費: 4,940,000(円)  金額合計: 1,140,000(円)

     概要を見る

    本プロジェクトは、頭頸部癌におけるHPV-16ウイルスのメチル化率が低いことを明らかにした。しかし、症例によりウイルスのE2結合部位のメチル化が高頻度に見られ発癌過程を促進していると推定された。HPVメチレーション程度そのものは頭頸部癌の症例予後との関連がなかった。HPV陽性の頭頸部癌よりHPV陰性癌では、SMG-1 mRNA発現レベルが高いことが判明した。頭頸部癌の症例では、HPV感染を有する症例ではSMG-1 mRNA発現は低く、SMG-1 発現が放射線治療の感受性と相関することが明かとなった。喉頭乳頭腫ではHPV6のメチル化率が低かったことが判明した。三年間に7件の英文の論文を発表した。

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 頭頸部扁平上皮癌根治治療後のTS-1補助化学療法の検討

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2006年09月  -  2012年03月 

    代表者: 鈴木 幹男  資金配分機関: 財団法人 先端医療振興財団

    直接経費: 315,000(円)  間接経費: 94,500(円)  金額合計: 409,500(円)

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 口唇・口蓋裂、小児難聴患者における言語発達に関する研究

    研究期間: 2009年04月  -  2010年03月 

    代表者: 鈴木 幹男  資金配分機関: 社団法人 琉球耳鼻咽喉研究振興会

    直接経費: 420,000(円)  金額合計: 420,000(円)