金子 哲 (カネコ サトシ)

Kaneko Satoshi

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

90343821

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   農学部   亜熱帯生物資源科学科   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1900年

    筑波大学   第二学群   農林学類   その他

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1900年

    筑波大学  農学研究科  応用生物化学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 -  博士(農学)  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    -
    継続中

      琉球大学 農学部 亜熱帯生物資源科学科 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    セルラーゼ研究会   運営委員

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本応用糖質科学会   企画委員

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    セルラーゼ研究会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本応用糖質科学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本農芸化学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 酵素科学,糖質関連酵素,植物細胞壁,ヘミセルロース,食品素材

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 応用生物化学

論文 【 表示 / 非表示

  • Microorganisms capable of producing polysaccharides from D-xylose

    Tsutsui Sosyu, Hatano Tomohiro, Funada Ryo, Kaneko Satoshi

    Journal of Applied Glycoscience ( 日本応用糖質科学会 )  advpub ( 0 )   2022年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>In recent years, the importance of biomass utilization has increased, but it has not been effectively exploited. In particular, it is difficult to use hemicellulose, the second most abundant biopolymer of biomass. Therefore, in order to promote the utilization of hemicellulose, we screened for microorganisms capable of producing polysaccharides from xylose. The following four strains were selected from samples collected from various regions of Okinawa Prefecture: <i>Kosakonia</i> sp. (SO_001), <i>Papiliotrema terrestris</i> (SO_005), <i>Pseudoarthrobacter</i> sp. (SO_006), and <i>Williamsia</i> sp. (SO_009). Observation with a scanning electron microscope (SEM) confirmed that each bacterium produced polysaccharides with different shapes. In addition, the molecular weight and sugar composition of the polysaccharides produced by each bacterium were distinct. The selected microorganisms include closely related species known to promote plant growth and known to suppress postharvest pathogens. Since these microorganisms may be used not only in known fields but also in new fields, the results of this research are expected to greatly expand the uses of hemicellulose.</p>

  • Molecular and biochemical characteristics of inulosucrase InuBK from Alkalihalobacillus krulwichiae JCM 11691.

    Yokoi KJ, Tsutsui S, Arakawa GY, Takaba M, Fujii K, Kaneko S

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry ( Bioscience, Biotechnology and Biochemistry )  85 ( 8 ) 1830 - 1838   2021年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Substrate Specificities of GH8, GH39, and GH52 β-xylosidases from Bacillus halodurans C-125 Toward Substituted Xylooligosaccharides.

    Teramoto K, Tsutsui S, Sato T, Fujimoto Z, Kaneko S

    Applied biochemistry and biotechnology ( Applied Biochemistry and Biotechnology )  193 ( 4 ) 1042 - 1055   2021年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Structure-based substrate specificity analysis of GH11 xylanase from Streptomyces olivaceoviridis E-86.

    Fujimoto Z, Kishine N, Teramoto K, Tsutsui S, Kaneko S

    Applied microbiology and biotechnology ( Applied Microbiology and Biotechnology )  105 ( 5 ) 1943 - 1952   2021年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Unique active-site and subsite features in the arabinogalactan-degrading GH43 exo-β-1,3-galactanase from <i>Phanerochaete chrysosporium</i>.

    Matsuyama K, Kishine N, Fujimoto Z, Sunagawa N, Kotake T, Tsumuraya Y, Samejima M, Igarashi K, Kaneko S

    The Journal of biological chemistry ( Journal of Biological Chemistry )  295 ( 52 ) 18539 - 18552   2020年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 5章 先端利用技術,食品の機能改良(食品添加物)

    金子 哲 ( 担当: 単著 )

    講談社サイエンティフィック  2013年

  • 7章 解析法,オミックス(糖質関連酵素(CAZy))

    金子 哲 ( 担当: 単著 )

    講談社サイエンティフィック  2013年

  • 5章 先端利用技術,細胞壁分解技術(マトリックス多糖の分解)

    金子 哲 ( 担当: 単著 )

    講談社サイエンティフィック  2013年

  • 5章 先端利用技術,食品の機能改良(機能性食品)

    金子 哲 ( 担当: 単著 )

    講談社サイエンティフィック  2013年

  • 菌類の酵素(放線菌)

    金子 哲,林 清 ( 担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2012年

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • Crystal structure of Streptomyces olivaceoviridis

    ■■■

    J. Mol. Biol. 300, 575-585 (2000)     1900年01月

     

    DOI

  • Novel sugar-binding specificity of the type XIII xylan binding domain of a family F/10 xylanase from Streptomyces olivaceoviridis E-86

    ■■■

    FEBS Lett. 482, 231-236 (2000)     1900年01月

     

    DOI

  • Enhancement of thermostability and hydrolytic activity of xylanase by random gene shuffling

    ■■■

    Biochem. J. 349, 651-656 (2000)     1900年01月

     

    DOI

  • Enhancement of thermostability and hydrolytic activity of xylanase by random gene shuffling

    ■■■

    Biochem. J. 349, 651-656 (2000)     1900年01月

     

    DOI

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Trichoderma reeseiキシラナーゼIII(XynIII)の高機能化

    矢追克郎,松沢智彦,金子哲

    日本農芸化学会2016年大会  2016年03月  -  2016年03月   

  • バイオマス糖化を促進するメタゲノム由来GH43キシロシダーゼCoXyl43の解析

    松沢智彦,金子哲,矢追克郎

    日本応用糖質科学会  2015年09月  -  2015年09月   

  • オキナワモズク由来フコイダンの構造解析

    辻真喜,金子哲,小西照子

    日本応用糖質科学会  2015年09月  -  2015年09月   

  • ヘミセルロースの構造と分解

    金子 哲

    第29回セルラーゼ研究会  2015年07月  -  2015年07月   

  • 未利用資源の利用を目指して

    金子 哲

    南方資源利用技術研究会  2015年07月  -  2015年07月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本応用糖質科学会 奨励賞

    2009年09月   日本応用糖質科学会  

    受賞者: その他の受賞者

SDGs 【 表示 / 非表示

  • バイオマスの有効利用に関する研究