大屋 祐輔 (オオヤ ユウスケ)

Ohya Yusuke

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

30240964

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  医学博士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
     
     

      - , University of the Ryukyus, Faculty of Medicine, School of Medicine, Associate Professor  

  • 2002年04月
     
     

      - , 琉球大学 医学部 医学科 准教授  

  • 2010年04月
     
     

      - , University of the Ryukyus, Graduate School of Medicine, Professor  

  • 2010年04月
     
     

      - , 琉球大学 医学研究科 教授  

  • 2010年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学研究科 教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 内科学

  • 循環器内科学

  • 老年病学

  • 高血圧学

  • 脳卒中学

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Therapeutic Angiogensis by Cell Transplantation

  • Hypertensive Organ Damages, Clinical and Experimental

  • 血管再生治療の開発

  • 血管平滑筋細胞および内皮細胞のイオンチャネルの研究

  • 沖縄における循環器疾患の疫学研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 大学病院における義肢リハビリテーション治療について

    神谷 武志, 名嘉 太郎, 石原 綾乃, 普久原 朝規, 大屋 祐輔

    リハビリテーション医学 ( 公益社団法人 日本リハビリテーション医学会 )  57 ( 12 ) 1181 - 1182   2020年12月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • ICTを活用した離島住民の健康管理

    東上里 康司, 大屋 祐輔

    循環器内科   83   155 - 160   2018年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Calcified cerebral emboliと診断した脳梗塞の2例

    友寄 龍太, 國場 和仁, 崎間 洋邦, 山城 貴之, 普久原 朝規, 宮城 朋, 波平 幸裕, 城間 加奈子, 石原 聡, 大屋 祐輔

    Neurosonology:神経超音波医学 ( 一般社団法人日本脳神経超音波学会 )  31 ( 2 ) 47 - 50   2018年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    We report two cases of stroke with calcified cerebral emboli (CCE). Case 1 was a 76 years old woman who experienced stroke with right hemiplegia. Non-contrast enhanced cranial computed tomography (CT) and magnetic resonance imaging on admission showed acute stroke and CCE in the branches of the left middle cerebral artery (MCA). A calcified plaque was seen as mitral annular calcification (MAC) on echocardiography. No other plaque was seen on echo and CT, so we identified MAC as the source of the emboli. Case 2 was 92 years old woman who experienced stroke with right hemiplegia and disturbance of consciousness. Non-contrast enhanced CT showed acute stroke and CCE in the branches of the MCA and a chest CT showed aortic arch calcification. We identified as aortic arch calcification as the source of the emboli. In these cases, ultrasound examination and CT were useful for the diagnosis of CCE. Since CCE is difficult to diagnose, further investigations are recommended.

  • 微小血管網を模した新しいチップBK8-4-6Dの信頼性と臨床的意義に関する検討

    安 隆則, 大屋 祐輔

    日本ヘモレオロジー学会誌   Vol.14   13 - 18   2017年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • <b>外来患者における血清尿酸値と尿酸排泄:肥満の関与</b>

    塩田 和誉, 崎間 敦, 山里 正演, 中村 義人, 又吉 哲太郎, 田名 毅, 石田 明夫, 古波蔵 健太郎, 大屋 祐輔

    痛風と核酸代謝 ( 一般社団法人 日本痛風・核酸代謝学会 )  41 ( 1 ) 96 - 97   2017年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

全件表示 >>