内貴 章世 (ナイキ アキヨ)

NAIKI Akiyo

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

30393200

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   熱帯生物圏研究センター   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年

    京都大学   総合人間学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    京都大学  理学研究科  生物科学専攻植物学系  修士課程  修了

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

    京都大学  理学研究科  生物科学専攻植物学系  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(理学)  ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

  • 京都大学 -  修士(理学)  ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2003年10月

      京都大学 高等教育研究開発推進機構 非常勤講師  

  • 2003年11月
    -
    2004年03月

      信州大学 理学部 助手  

  • 2004年04月
    -
    2010年09月

      大阪市立自然史博物館 学芸員  

  • 2010年10月
    -
    2013年07月

      岡山大学 教育学部 講師  

  • 2013年08月
    -
    継続中

      琉球大学 熱帯生物圏研究センター 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本植物学会

  •  
     
     
     

    日本植物分類学会

  •  
     
     
     

    種生物学会

  •  
     
     
     

    International Association for Plant Taxonomy

  •  
     
     
     

    日本生態学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 植物系統分類学

  • アカネ科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 植物系統分類学 アカネ科 異型花柱性

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭1種免許

  • 学芸員

論文 【 表示 / 非表示

  • Taxonomic studies on Zingiberaceae of Myanmar II: Curcuma stolonifera (Subgenus Ecomatae), a new species from the northwestern region

    Tanaka N.

    Brittonia ( Brittonia )  72 ( 3 ) 268 - 272   2020年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Resurrection and emended description of Sciaphila major (Triuridaceae)

    Kenji Suetsugu, Martin Dancak, Michal Hrones, Akiyo Naiki, Shuichiro Tagane, Tetsukazu Yahara

    PHYTOTAXA ( MAGNOLIA PRESS )  459 ( 1 ) 25 - 38   2020年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    This paper presents a re-evaluation of the taxonomic identity of Sciaphila major described from Sarawak, Borneo, Malaysia which has been considered conspecific with S. secundiflora. We revealed that S. major is clearly distinguishable from S. secundiflora s.s. by the arrangement of flowers on rachis (spirally and subdensely arranged vs. secundly and laxly arranged), rachis length in a fully developed inflorescence [(2-)3-6(-7) cm vs. 6-19 cm], tepal length of male flowers (2-2.3 mm vs. 3-4 mm) and the number of perianth segments (more than 6 vs. 6). By spirally-arranged and white flowers, S. major is most similar to S. alba, but is distinguishable by plant height (15-25 cm vs. 25-35 cm in S. alba), rachis length in a fully developed inflorescence [(2-)3-6(-7) cm vs. 8-14 cm)], the number of flowers (usually less than 20 vs. usually more than 20), the arrangement of flowers on rachis (subdensely arranged vs. laxly arranged), the number of male perianth segments (usually more than 6 vs. usually 6) and the condition of floral disc (flat vs. bowl-shaped). We also provide an updated key to the species of Sciaphila distributed in Borneo.

  • A new species of Lasianthus (Rubiaceae), L. konchurangensis, from the Central Highlands of Vietnam

    Thi Dung Ha, Bui Hong Quang, The Bach Tran, Hai Van Do, Huong Nguyen Thi Thanh, Ha Bui Thu, Tagane Shuichiro, Oguri Emiko, Naiki Akiyo, Van-Son Dang

    PHYTOTAXA   451 ( 2 ) 161 - 168   2020年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Significant loss of genetic diversity and accumulation of deleterious genetic variation in a critically endangered azalea species, Rhododendron boninense, growing on the Bonin Islands

    Isagi Y.

    Plant Species Biology ( Plant Species Biology )  35 ( 3 ) 166 - 174   2020年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Two New Species of Lasianthus (Rubiaceae) from Northern Vietnam

    Dang V.S.

    Annales Botanici Fennici ( Annales Botanici Fennici )  57 ( 1-3 ) 49 - 54   2020年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • A Picture Guide for the Flora of Bidoup-Nui Ba National Park I: Mt. Langbian

    Ai Nagahama, Shuichiro Tagane, Nguyen Van Ngoc, Hoang Thi Binh, Truong Quang Cuong, Hironori Toyama, Hidetoshi Nagamasu, Kojin Tsuchiya, Zhang Meng, Yoshihisa Suyama, Etsuko Moritsuka, Nguyen Thi Anh Thu, Nguyen Cuong Thinh, Ayumi Matsuo, Shun Hirota, Akiyo Naiki, Le Van Son, Pham Huu Nhan, Tetsukazu Yahara ( 担当: 共著 )

    Kyushu University Press  2019年02月 ( ページ数: 134 )

  • A Picture guide of forest plants in Gunung Gede Pangrango National Park, Indonesia

    Tagane Shuichiro, Toyama Hironori, 内貴 章世, 永益 英敏, 矢原 徹一, Darnaedi Dedy, Dja-maluddin Ibrahim, Ardiyani Marlina, Hidayat Arief, Ashari Ahmad Jaeni, Ichihashi Ryuji ( 担当: 共著 )

    Kyushu University Press  2018年

  • 改訂新版日本の野生植物4 アオイ科~キョウチクトウ科

    内貴 章世 ( 担当: 共著 , 担当範囲: アカネ科 )

    平凡社  2017年03月

  • A picture guide of forest trees in Cambodia v. 4

    Tagane, S, Toyama H, Fuse K, Chhang P., Naiki, A. Nagamasu, H, Yahara, T ( 担当: 共著 )

    Kyushu University Press  2017年02月

  • 大和川の自然 (大阪自然史博物館叢書1) (共著)

    内貴 章世 ( 担当: 共著 )

    東海大学出版会  2007年

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立自然史博物館収蔵種子植物標本目録4-ニシキギ科-

    藤井伸二, 内貴章世

    自然史研究 : Shizenshi-kenkyu, occasional papers from the Osaka Museum of Natural History ( 大阪市立自然史博物館 )  3 ( 10 ) 143 - 158   2009年12月

     

    CiNii

  • 近畿地方新産植物補遺1

    藤井 伸二, レッドデータブック近畿研究会, 角野 康郎, 小林 禧樹, 栗林 実, 黒崎 史平, 丸井 英幹, 光田 重幸, 三浦 励一, 村田 源, 永益 英敏, 内貴 章世, 岡本 素治, 迫田 昌弘, 瀬戸 剛, 梅原 徹, 山住 一郎

    分類 : bunrui : 日本植物分類学会誌 ( 日本植物分類学会 )  8 ( 2 ) 161 - 163   2008年08月  [査読有り]

     

    DOI CiNii

  • Phylogeny and breakdown of distyly correlated with polyploidization in Damnacanthus (Rubiaceae).

    Naiki, A, H. Nagamasu

    XVII International Botanical Congress - Abstract: 439     2005年07月

     

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 二型花柱性ボロボロノキ(ボロボロノキ科)の送粉様式と分布拡大過程に関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 19K06825

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月 

    代表者: 菅原敬  研究分担者: 内貴章世、渡邊謙太

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 990,000(円)  金額合計: 4,290,000(円)

  • 海洋島木本種の進化に注目したシマザクラ属(アカネ科)の系統解析と分類学的再検討

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K07526

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月 

    代表者: 邑田仁  研究分担者: 内貴章世、東馬哲雄

    直接経費: 3,700,000(円)  間接経費: 1,110,000(円)  金額合計: 4,810,000(円)

  • 自家受粉依存を高める在来種:外来種からの繁殖干渉と遺伝的多様性低下の検証

    基盤研究(C)

    課題番号: 25430199

    研究期間: 2013年04月  -  2017年03月 

    代表者: 高倉耕一  研究分担者: 内貴章世

    直接経費: 4,000,000(円)  間接経費: 1,200,000(円)  金額合計: 5,200,000(円)

  • アカネ科における倍数体の起源および二型花柱性喪失と自殖の進化に関する研究

    若手研究(B)

    課題番号: 20770073

    研究期間: 2008年04月  -  2012年03月 

    代表者: 内貴章世 

    直接経費: 2,700,000(円)  間接経費: 810,000(円)  金額合計: 3,510,000(円)

  • ガマズミ属植物における共生器官ダニ室の多様性とその適応的意義の解明

    基盤研究(C)

    課題番号: 18570085

    研究期間: 2006年04月  -  2009年03月 

    代表者: 西田佐知子  研究分担者: 西田孝義、内貴章世、市岡孝朗

    直接経費: 3,500,000(円)  間接経費: 660,000(円)  金額合計: 4,160,000(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 植物相の定量的解析による世界自然遺産候補地西表島の管理基盤情報の確立

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 受託研究  事業名: 環境総合研究推進費

    課題番号: 4-2003

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 内貴章世  資金配分機関: 独立行政法人環境再生保全機構

    金額合計: 33,254,000(円)

     概要を見る

    【研究の必要性】  西表島には、東アジアの亜熱帯島嶼の中では他に例をみないほど豊かな自然林が残されており、世界自然遺産候補地の一部として推薦された。しかし、西表島のどこに、どんな植物が生育しているのかという、生物多様性の科学的基盤情報は未だ明らかになっていない。現状では、国立公園や自然遺産として、どの植物をどのように守るべきかという方策を科学的情報に基づいて検討することもできないため、自治体や自然遺産管理に携わる地域連絡会議などにおいてもフロラ(植物相)の解明が切望されている。 【研究方法概要】  本研究では踏査に加え、トランセクト法による植生調査を行う。西表島の面積は289.3平方キロであり、居住地・耕作地・大河川流域等を除くと、約210箇所の調査を行うことで1平方キロメッシュにほぼ1つの密度でトランセクト調査区を設定できる。代表者らはこれまで西表島の123箇所のデータを得ているため、本研究では残り87箇所のデータを取得し、以下の①、②の解析を全島レベルで行う。5m×100mのトランセクト調査区内の全維管束植物種を記録し、標本のほかDNAバーコーディングのための試料も作成する。胸高直径1cm以上の樹木は毎木調査を行う。不明種や新産種等はDNAバーコーディングを行い、種の同定を確かなものとする。  この調査データをもとに西表島の全維管束植物の種リストおよび分布図を完成させる。そして、分布情報と植生データに基づき、①西表島のどの地域で植物の種多様性が高いのか(種多様性のホットスポットの抽出)、②絶滅危惧種はどのような環境下に生育しているのか、ということについて解析を行うとともに地図化する。第4次レッドリスト掲載の絶滅危惧植物全種、侵略的外来種については、生態ニッチモデリング解析による潜在的分布地予測の有効性の検討と将来の分布予測を行い地図化する。 【環境政策への貢献内容】  本研究の定量的解析によって明らかになる西表島の植物相は、国立公園や世界自然遺産候補地としての西表島の管理基盤情報となり、今後観光客が増加したときにどれだけ植生が変化するのかをモニタリングするための起点データとしての有用性も非常に高い。また、新たな絶滅危惧種や「種の保存法」指定種選定の際の具体的な検討資料としての価値も高い。

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  海洋自然科学特別演習Ⅰ  演習

  • 2020年度  植物分類・地理学特論  講義

  • 2020年度  亜熱帯ー西表の自然  講義

  • 2020年度  海洋自然科学特別演習Ⅱ  演習

  • 2020年度  海洋自然科学特別研究Ⅳ  演習

全件表示 >>