新里 尚也 (シンザト ナオヤ)

Shinzato Naoya

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

00381252

研究分野・キーワード

分子微生物生態学

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   熱帯生物圏研究センター   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(学術)  生態・環境

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年06月
    -
    継続中

      琉球大学 熱帯生物圏研究センター 助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用微生物学

  • 生態・環境

論文 【 表示 / 非表示

  • Pseudoalteropeptide A, A Novel Lipopeptide from the Marine Bacterium Pseudoalteromonas piscicida SWA4_PA4 Isolated from Marine Seaweed

    Reiko Ueoka, Naoya Shinzato, Noritaka Kagaya, Hikaru Suenaga, Kazuo Shin-ya

    The Journal of Antibiotics     2020年09月

  • Thioamycolamides A-E, Sulfur-Containing Cycliclipopeptides Produced by the Rare Actinomycete <i>Amycolatopsis</i> sp.

    Pan C, Kuranaga T, Liu C, Lu S, Shinzato N, Kakeya H

    Organic letters ( American Chemical Society (ACS) )  22 ( 8 ) 3014 - 3017   2020年04月

  • Development of 22 Microsatellite Markers for Assessing Hybridization in the Genus <i>Gekko</i> (Squamata: Gekkonidae)

    OKAMOTO KOTA, KURITA TAKAKI, NAGANO MASAHIRO, SATO YUKUTO, AOYAMA HIROAKI, SAITOH SEIKOH, SHINZATO NAOYA, TODA MAMORU

    Current herpetology ( 日本爬虫両棲類学会 )  39 ( 1 ) 66 - 74   2020年

     概要を見る

    <p><i>Gekko yakuensis</i> and <i>G. tawaensis</i>, both endemic to western Japan, are threatened by genetic introgression from <i>G. hokouensis</i> and <i>G. japonicus</i>, respectively. To know detailed situation of their hybridizations for planning relevant conservation measures, development of sensitive genetic markers is desired. We here developed microsatellite markers based on the sequences obtained from <i>G. hokouensis</i> using 454 GS Junior sequencer, and tested stability of PCR amplification and species-specificity of alleles at each locus using <i>G. hokouensis</i>, <i>G. yakuensis</i>, <i>G. japonicus</i>, and <i>G. tawaensis</i>. The results showed that 22 loci were almost constantly amplified in more than one species. We further confirmed that there were fixed or nearly fixed allelic displacement between <i>G. hokouensis</i> and <i>G. yakuensis</i>, and between <i>G. japonicus</i> and <i>G. tawaensis</i> at 14 loci. Thus, these 22 loci are considered to be useful for evaluation of hybridizations between these pairs of species.</p>

  • Tripartite Symbiosis of an Anaerobic Scuticociliate with Two Hydrogenosome-Associated Endosymbionts, a <i>Holospora</i>-Related Alphaproteobacterium and a Methanogenic Archaeon.

    Takeshita K, Yamada T, Kawahara Y, Narihiro T, Ito M, Kamagata Y, Shinzato N

    Applied and environmental microbiology ( Applied and Environmental Microbiology )  85 ( 24 ) e00854-19   2019年12月

  • Streptomyces strain 5-94, obtained from subtropical region Okinawa, has inhibitory activity against Colletotrichum orbiculare

    Ueno Makoto, Tamura Tomoko, Yano Yuka, Ito Michihiro, Shinzato Naoya

    Tropical Agriculture and Development   63   192 - 197   2019年08月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Microbiology Monographs 19, (Endo)symbiotic methangenic archaea 2nd edition

    Shinzato N, Takeshita K, Kamagata Y ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: Methanogenic and bacterial endosymbionts of anaerobic free-living ciliates )

    Springer-Verlag, Berlin Heidelberg  2018年11月 ( 担当ページ: p.37-53 )

  • バイオサイエンスとインダストリー. 62

    新里尚也 ( 担当: 単著 )

    その他の出版機関  2004年03月 ( 担当ページ: p.4 )

  • 今中忠行監修『微生物利用の大展開』

    新里尚也, 渡辺吉雄 ( 担当: 共著 )

    エヌ・ティー・エス出版  2001年03月 ( 担当ページ: p.8 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • Functional genomics of the Lactobacillus paracasei strain LC-Ikematsu isolated from the Okinawan natural environment

    Tada I, Saitoh S, Aoyama H, Shinzato N, Morita K, Yamamoto N, Ikematsu S

    沖縄工業高等専門学校紀要   11   1 - 8   2017年03月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 海綿における生理活性物質と共生バクテリアの相関解析

    田中志貴子, 白井由実, 伊藤通浩, 新里尚也

    日本共生生物学会  (神戸大学, 神戸)  2018年11月  -  2018年11月   

  • 嫌気性繊毛虫におけるメタン菌、バクテリアとの共生関係

    竹下和貴, 山田尊貴, 川原邑斗, 成廣隆, 鎌形洋一, 新里尚也

    日本微生物生態学会  (沖縄コンベンションセンター, 宜野湾)  2018年07月  -  2018年07月   

  • 沖縄産Axinella 属カイメン類の共生微生物相 - 地球の反対側との比較

    砂川春樹, Sanghwa Park, 青山洋昭, 長濱秀樹, 金本明彦, 齋藤星耕, 伊藤通浩, 新里尚也

    日本微生物生態学会  (沖縄コンベンションセンター, 宜野湾)  2018年07月  -  2018年07月   

  • 沖縄微生物ライブラリーを利用した植物病原糸状菌の抑制

    上野誠, 田村朋子, Yokoyama Y, Ganphung R, 新里尚也, 伊藤通浩

    日本微生物生態学会  (沖縄コンベンションセンター, 宜野湾)  2018年07月  -  2018年07月   

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 「先端バイオ研究基盤高度化事業」の分担課題  「沖縄創薬資源微生物の遺伝子解析(紅麹菌発現関連)および沖縄環境微生物の遺伝子解析と利用」

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年05月  -  2010年03月 

    代表者: 松井 徹  連携研究者: 新里 尚也  資金配分機関: 財団法人沖縄科学技術振興センター 理事長 諸喜田 茂充

    直接経費: 1,575,000(円)  間接経費: 315,000(円)  金額合計: 1,890,000(円)