新里 尚也 (シンザト ナオヤ)

SHINZATO Naoya

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

00381252

5

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   熱帯生物圏研究センター   准教授  

  • 併任   琉球大学   理工学研究科   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    1995年03月

    山口大学  理学研究科  生物学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(学術)  生態・環境

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2002年03月

      メルシャン株式会社 博士研究員  

  • 2002年04月
    -
    2004年05月

      産業技術総合研究所 博士研究員  

  • 2004年06月
    -
    2015年05月

      琉球大学  

  • 2004年06月
    -
    2009年05月

      琉球大学 遺伝子実験センター 助教  

  • 2009年06月
    -
    継続中

      琉球大学 熱帯生物圏研究センター 助教  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    日本微生物生態学会

  •  
     
     
     

    日本共生生物学会

  •  
     
     
     

    日本共生生物学会

  •  
     
     
     

    日本微生物生態学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 微生物生態学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学

  • ライフサイエンス / 応用微生物学

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学

論文 【 表示 / 非表示

  • New antimalarial iromycin analogs produced by <i>Streptomyces</i> sp. RBL-0292

    Kimura, SI; Watanabe, Y; Shibasaki, S; Shinzato, N; Inahashi, Y; Sunazuka, T; Hokari, R; Ishiyama, A; Iwatsuki, M

    JOURNAL OF ANTIBIOTICS ( Journal of Antibiotics )  77 ( 5 ) 272 - 277   2024年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Precezomycin, a novel antibiotic biosynthetic precursor of cezomycin, from actinomycete <i>Kitasatospora putterlickiae</i> 10-13

    Mao, D; Yu, PW; Shinzato, N; Zhang, L; Zheng, WP; Lu, S; Kakeya, H

    JOURNAL OF ANTIBIOTICS ( Journal of Antibiotics )  77 ( 3 ) 182 - 184   2024年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • バガス添加による廃油由来アルカン分解菌の活性化

    皿山 佳英, 藤井 雄太, 日野 良太, 大西 健司, 西川 直仁, 緒方 浩基, 廣瀨 孝三郎, 新里 尚也, 松原 仁

    材料 ( 公益社団法人 日本材料学会 )  73 ( 1 ) 58 - 63   2024年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>This study investigates the effects of bagasse addition on the activity of alkane-degrading bacteria derived from waste oil. Bagasse, a fibrous residue of sugarcane after juice extraction, has potential as a substrate for various microbial process. In this experiment, alkane-degrading bacteria were isolated from waste oil samples in Okinawa, Japan and their activity in tetracosane and triacontane, which are alkanes constituting machine oils, was evaluated in the presence of dried bagasse, bagasse ash, and carbonized bagasse. The results indicate that addition of dried bagasse and bagasse ash significantly enhances the activity of the bacteria, leading to improved alkane degradation of tetracosane and triacontane. The findings suggests that bagasse can serve as a promising co-substrate for enhancing the efficiency of microbial remediation of oil-contaminated environments.</p>

  • Amoxetamide A, a new anoikis inducer, produced by combined-culture of Amycolatopsis sp. and Tsukamurella pulmonis

    Pan, CQ; Ikeda, H; Minote, M; Tokuda, T; Kuranaga, T; Taniguchi, T; Shinzato, N; Onaka, H; Kakeya, H

    JOURNAL OF ANTIBIOTICS ( Journal of Antibiotics )  77 ( 1 ) 66 - 70   2023年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • 嫌気性繊毛虫に見られる微生物間共生

    新里尚也

    細胞   55 ( 6 ) 37 - 41   2023年05月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 原生生物学事典

    矢崎 裕規, 新倉 保, 猪飼 桂, 矢吹 彬憲, 永宗 喜三郎, 松崎 素道, 白鳥 峻志, 島野 智之, 小林 富美惠 ( 担当: 編著 , 担当範囲: 3-45 活性汚泥中の原生生物 )

    朝倉書店  2023年05月 ( ページ数: 464 )

  • 原生生物学事典

    矢崎 裕規, 新倉 保, 猪飼 桂, 矢吹 彬憲, 永宗 喜三郎, 松崎 素道, 白鳥 峻志, 島野 智之, 小林 富美恵 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 3-45 活性汚泥中の原生生物 )

    朝倉書店  2023年05月

  • Microbiology Monographs 19, (Endo)symbiotic methangenic archaea 2nd edition

    Shinzato N, Takeshita K, Kamagata Y ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: Methanogenic and bacterial endosymbionts of anaerobic free-living ciliates )

    Springer-Verlag, Berlin Heidelberg  2018年11月 ( 担当ページ: p.37-53 )

  • バイオサイエンスとインダストリー. 62

    新里尚也 ( 担当: 単著 )

    その他の出版機関  2004年03月 ( 担当ページ: p.4 )

  • 今中忠行監修『微生物利用の大展開』

    新里尚也, 渡辺吉雄 ( 担当: 共著 )

    エヌ・ティー・エス出版  2001年03月 ( 担当ページ: p.8 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Discovery of Sulfur-Containing Cyclic lipopeptides Thioamycolamides A-E, Produced by the Rare Actinomycete <i>Amycolatopsis</i> sp.

    Pan Chengqian, Kuranaga Takefumi, Liu Chao, Lu Shan, Shinzato Naoya, Kakeya Hideaki

    天然有機化合物討論会講演要旨集  2020年  -  2020年   

    CiNii Research

  • 海綿における生理活性物質と共生バクテリアの相関解析

    田中志貴子, 白井由実, 伊藤通浩, 新里尚也

    日本共生生物学会  (神戸大学, 神戸)  2018年11月  -  2018年11月   

  • 嫌気性繊毛虫におけるメタン菌、バクテリアとの共生関係

    竹下和貴, 山田尊貴, 川原邑斗, 成廣隆, 鎌形洋一, 新里尚也

    日本微生物生態学会  (沖縄コンベンションセンター, 宜野湾)  2018年07月  -  2018年07月   

  • 沖縄産Axinella 属カイメン類の共生微生物相 - 地球の反対側との比較

    砂川春樹, Sanghwa Park, 青山洋昭, 長濱秀樹, 金本明彦, 齋藤星耕, 伊藤通浩, 新里尚也

    日本微生物生態学会  (沖縄コンベンションセンター, 宜野湾)  2018年07月  -  2018年07月   

  • 沖縄微生物ライブラリーを利用した植物病原糸状菌の抑制

    上野誠, 田村朋子, Yokoyama Y, Ganphung R, 新里尚也, 伊藤通浩

    日本微生物生態学会  (沖縄コンベンションセンター, 宜野湾)  2018年07月  -  2018年07月   

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 下水処理プロセスを担う原生動物のメタン生成マイクロリアクターとしての代謝基盤解析

    基盤研究(B)

    課題番号: 21H01467

    研究期間: 2021年04月  -  2026年03月 

    代表者: 新里 尚也 

    直接経費: 12,900,000(円)  間接経費: 16,770,000(円)  金額合計: 3,870,000(円)

     概要を見る

    本研究では、下水処理プロセスより分離培養に成功した数少ない原生動物株を用いて、その生物活性を支えていると考えられる共生微生物の役割について明らかにすることを目的としている。本研究では、昨年度までに宜野湾浄化センターより培養株を樹立した嫌気性繊毛虫である、Scuticocilliatia GW7株に見出された、α-プロテオバクテリアに属する細胞内共生体、ヒドロゲノソモバクター・エンドシンビオティカスの機能推定を目的として、共生体ゲノムのショットガンシーケンスを行ってドラフトゲノムを取得することに成功している。今年度は、リピート配列により環状化していなかった当該ゲノムの一部領域について、プライマー・ウォーキングを行い、827kbの完全長配列を得ることができた。当該ゲノムは多くの細胞内共生体で見られるようにGC含量が約40%とかなり低く、GW7株とかなり長期にわたって共生関係を築いてきた事が伺えた。また、アノテーションを行った結果、縮退したゲノムに721のタンパク質をコードしていることが示された。ヒドロゲノソモバクターのゲノム解析の結果については、昨年度、概要をまとめて論文として発表した(Shiohama, 2022)。 また、具志川浄化センターから培養化に成功した3株の嫌気性原生動物株について、18SリボソーマルRNA遺伝子による分子同定を行った結果、それらはいずれも下水処理プロセスから報告されている、メトプス・コントールタス、トリミエマ・フィンレイ、トリコミタス・spであることが明らかとなった。蛍光顕微鏡観察と超薄切片の電子顕微鏡観察の結果、メトプス・コントールタスとトリミエマ・フィンレイにはメタン生成菌が細胞内共生している様子が伺えた。

  • 下水処理プロセスを担う原生動物のメタン生成マイクロリアクターとしての代謝基盤解析

    基盤研究(B)

    課題番号: 21H01467

    研究期間: 2021年04月  -  2026年03月 

    代表者: 新里 尚也 

    直接経費: 12,900,000(円)  間接経費: 16,770,000(円)  金額合計: 3,870,000(円)

     概要を見る

    本研究では、下水処理プロセスより分離培養に成功した数少ない原生動物株を用いて、その生物活性を支えていると考えられる共生微生物の役割について明らかにすることを目的としている。本研究では、昨年度までに宜野湾浄化センターより培養株を樹立した嫌気性繊毛虫である、Scuticocilliatia GW7株に見出された、α-プロテオバクテリアに属する細胞内共生体、ヒドロゲノソモバクター・エンドシンビオティカスの機能推定を目的として、共生体ゲノムのショットガンシーケンスを行ってドラフトゲノムを取得することに成功している。今年度は、リピート配列により環状化していなかった当該ゲノムの一部領域について、プライマー・ウォーキングを行い、827kbの完全長配列を得ることができた。当該ゲノムは多くの細胞内共生体で見られるようにGC含量が約40%とかなり低く、GW7株とかなり長期にわたって共生関係を築いてきた事が伺えた。また、アノテーションを行った結果、縮退したゲノムに721のタンパク質をコードしていることが示された。ヒドロゲノソモバクターのゲノム解析の結果については、昨年度、概要をまとめて論文として発表した(Shiohama, 2022)。 また、具志川浄化センターから培養化に成功した3株の嫌気性原生動物株について、18SリボソーマルRNA遺伝子による分子同定を行った結果、それらはいずれも下水処理プロセスから報告されている、メトプス・コントールタス、トリミエマ・フィンレイ、トリコミタス・spであることが明らかとなった。蛍光顕微鏡観察と超薄切片の電子顕微鏡観察の結果、メトプス・コントールタスとトリミエマ・フィンレイにはメタン生成菌が細胞内共生している様子が伺えた。

  • 下水処理プロセスを担う原生動物のメタン生成マイクロリアクターとしての代謝基盤解析

    基盤研究(B)

    課題番号: 21H01467

    研究期間: 2021年04月  -  2025年03月 

  • 下水処理プロセスを担う原生動物の代謝基盤の解析と微生物間代謝ネットワークの解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 17H01901

    研究期間: 2017年04月  -  2022年03月 

    代表者: 新里 尚也 

    直接経費: 13,500,000(円)  間接経費: 17,550,000(円)  金額合計: 4,050,000(円)

     概要を見る

    本研究では、下水処理プロセスで水の浄化に主要な役割を果たす、トリミエマ原虫の共生バクテリアTC1の全ゲノム情報を解析し、TC1が宿主原虫よりアミノ酸を得て脂質の合成を活発に行っている可能性を示した。また、シクリディウム属に近縁な原生動物(シクリディウム原虫)にもメタン生成菌に加えて、機能未知の共生バクテリアが存在することを明らかにし、これをヒドロゲノソモバクター・エンドシンビオティカスと命名した。組織化学的解析の結果、メタン生成菌とヒドロゲノソモバクターは共に、宿主の水素生成オルガネラである、ヒドロゲノソームに密着して存在していることが示された。

  • 下水処理プロセスを担う原生動物の代謝基盤の解析と微生物間代謝ネットワークの解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 17H01901

    研究期間: 2017年04月  -  2022年03月 

    代表者: 新里 尚也 

    直接経費: 13,500,000(円)  間接経費: 17,550,000(円)  金額合計: 4,050,000(円)

     概要を見る

    本研究では、下水処理プロセスで水の浄化に主要な役割を果たす、トリミエマ原虫の共生バクテリアTC1の全ゲノム情報を解析し、TC1が宿主原虫よりアミノ酸を得て脂質の合成を活発に行っている可能性を示した。また、シクリディウム属に近縁な原生動物(シクリディウム原虫)にもメタン生成菌に加えて、機能未知の共生バクテリアが存在することを明らかにし、これをヒドロゲノソモバクター・エンドシンビオティカスと命名した。組織化学的解析の結果、メタン生成菌とヒドロゲノソモバクターは共に、宿主の水素生成オルガネラである、ヒドロゲノソームに密着して存在していることが示された。

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 「先端バイオ研究基盤高度化事業」の分担課題  「沖縄創薬資源微生物の遺伝子解析(紅麹菌発現関連)および沖縄環境微生物の遺伝子解析と利用」

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年05月  -  2010年03月 

    代表者: 松井 徹  連携研究者: 新里 尚也  資金配分機関: 財団法人沖縄科学技術振興センター 理事長 諸喜田 茂充

    直接経費: 1,575,000(円)  間接経費: 315,000(円)  金額合計: 1,890,000(円)

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所協力研究員

    2024年04月
    -
    2025年03月

  • 沖縄県イノベーション・エコシステム共同研究推進事業(出口指向型研究支援業務)委託業務評価委員会委員

    2024年04月
    -
    2025年03月

  • 沖縄県下水道汚泥有効利用検討委員会委員

    2024年04月
    -
    2025年03月

  • 「沖縄県商工労働部ものづくり振興課の公の施設に係る指定管理者制度運用委員会」委員

    2024年04月
    -
    2025年03月

  • 沖縄ライフサイエンス研究センター指定管理管理者制度運用委員会委員

    2024年04月
    -
    2025年03月

全件表示 >>