今村 美菜子 (イマムラ ミナコ)

Imamura Minako

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

00596124

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年03月

    九州大学   医学部   医学科   卒業

  •  
    -
    2002年09月

    九州大学   医学研究院   病態制御内科学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年09月

    九州大学  医学研究院  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(医学)  医学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年10月
     
     

      原三信病院  

  • 2003年09月
     
     

      ベイラー医科大学  

  • 2010年09月
     
     

      理化学研究所 ゲノム医科学研究センター  

  • 2014年08月
     
     

      理化学研究所 統合生命医科学研究センター  

  • 2015年11月
     
     

      琉球大学 医学研究科  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism   Editorial Board

  •  
     
     
     

    日本臨床検査医学会

  •  
     
     
     

    日本臨床化学会

  •  
     
     
     

    日本糖尿病合併症学会

  •  
     
     
     

    日本医療検査科学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査医学 病態検査学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ゲノム医学

論文 【 表示 / 非表示

  • Perspectives on genetic studies of type 2 diabetes from the genome-wide association studies era to precision medicine

    Imamura M, Maeda S

    Journal of Diabetes Investigation ( John Wiley & Sons Australia, Ltd )  15 ( 4 ) 410 - 422   2024年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Natural Selection Signatures in the Hondo and Ryukyu Japanese Subpopulations

    Liu X, Matsunami M, Horikoshi M, Ito S, Ishikawa Y, Suzuki K, Momozawa Y, Niida S, Kimura R, Ozaki K, Maeda S, Imamura M, Terao C

    Molecular Biology and Evolution ( Oxford University Press )  40 ( 10 ) msad231 - msad231   2023年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Demographic history of Ryukyu islanders at the southern part of the Japanese Archipelago inferred from whole-genome resequencing data

    Koganebuchi K, Matsunami M, Imamura M, Kawai Y, Hitomi Y, Tokunaga K, Maeda S, Ishida H, Kimura R

    Journal of Human Genetics ( Nature Publishing Group )  68 ( 11 ) 759 - 767   2023年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Profile of gut microbiota and serum metabolites associated with metabolic syndrome in a remote island most afflicted by obesity in Japan.

    Uema T, Millman JF, Okamoto S, Nakamura T, Yamashiro K, Uehara M, Honma KI, Miyazato M, Ashikari A, Saito S, Maeda S, Imamura M, Ishida H, Matsushita M, Nakamura K, Masuzaki H

    Scientific reports ( Scientific Reports )  12 ( 1 ) 17292   2022年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Abstract Numerous studies have revealed distinct differences in the profiles of gut microbiota between non-obese and obese individuals. To date, however, little is known if any disparities in the community of gut microbiota exist between metabolically healthy obese (MHO) and metabolically unhealthy obese (MUO) subjects. We therefore aimed to comprehensively characterize the gut microbiota and circulating metabolites in serum from both MHO and MUO residing in the remote island, Kumejima, where the prevalence of obesity is one of the highest in Japan, and explored possible correlations between the gut microbiota profile and markers of metabolic syndrome. Results revealed that MUO showed significantly higher levels of genera such as g_Succinivibrio, g_Granulicatella, g_Brachyspira, g_Oribacterium and g_Atopobium in comparison to MHO. Moreover, abundance of g_Succinivibrio, g_Brachyspira and g_Atopobium were positively correlated with value of fasting insulin, HOMA-R, circulating triglycerides, diastolic blood pressure, BMI, body weight, waist circumference and HbA1c. In addition, MUO compared to MHO showed an imbalance of serum metabolites, with a significant elevation in 2-oxoisovaleric acid, pyruvic acid, 2-hydroxybutyric acid, and creatine. Our data highlight unmet needs in precision approaches for the treatment of obesity, targeting the gut microbiota profile and serum metabolites in a distinct population affected by obesity.

  • Impact of anti-diabetic sodium-glucose cotransporter 2 inhibitors on tumor growth of intractable hematological malignancy in humans.

    Nakachi S, Okamoto S, Tamaki K, Nomura I, Tomihama M, Nishi Y, Fukushima T, Tanaka Y, Morishima S, Imamura M, Maeda S, Tsutsui M, Matsushita M, Masuzaki H

    Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie ( Biomedicine and Pharmacotherapy )  149   112864 - 112864   2022年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 女性研究者賞

    2020年05月   日本糖尿病学会   ヒトゲノム解析研究による2型糖尿病および糖尿病合併症の病因解明と新規治療法探索  

    受賞者: ■■■

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 新たなゲノム創薬手法により同定されたKIF11阻害薬の耐糖能改善機序の解明

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K08864

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 今村 美菜子, 前田 士郎, 松波 雅俊 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 4,290,000(円)  金額合計: 990,000(円)

  • 新たなゲノム創薬手法による新規2型糖尿病治療標的の同定

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K09886

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月 

    代表者: 今村 美菜子, 前田 士郎 

    直接経費: 3,500,000(円)  間接経費: 4,550,000(円)  金額合計: 1,050,000(円)

     概要を見る

    ゲノムワイド関連解析(GWAS)によりこれまでに200以上の2型糖尿病の疾患感受性遺伝子領域が同定されている。我々はGWASの成果を応用した新しいゲノム創薬手法により複数の2型糖尿病に対する新規の治療薬候補を同定した。本研究ではその一つであるKIF11阻害剤の血糖改善効果を2型糖尿病モデルマウスを用いて評価した。KIF11阻害薬は肥満2型糖尿病モデルマウスの耐糖能障害を改善し、その機序は肝臓でのインスリン抵抗性改善であることが示唆された。

  • ゲノムワイド関連解析で同定された新規2型糖尿病関連領域の疾患感受性機序の検討

    基盤研究(C)

    課題番号: 26461390

    研究期間: 2014年04月  -  2017年03月 

    代表者: 今村 美菜子, 前田 士郎 

    直接経費: 3,800,000(円)  間接経費: 4,940,000(円)  金額合計: 1,140,000(円)

     概要を見る

    C2CD4A-C2CD4B領域の疾患感受性機序を解明するため、同領域の詳細な多型検索および関連解析を行い機能性多型候補の探索を行った。最も疾患との関連が強い一塩基多型は両遺伝子の間(intergenic region)に位置しており、疾患感受性機序はC2CD4A、C2CD4Bいずれかの発現量の変化を介している可能性が考えられた。さらに、ヒト、マウスにおける両遺伝子の発現パターンの検討から、両遺伝子は膵β細胞において重要な役割を持つことが示唆された。そこで、膵β細胞におけるC2cd4aおよびC2cd4bの役割を明らかにするために、膵β細胞特異的トランスジェニックマウスを作成し、耐糖能を評価した。

  • 新規2型糖尿病疾患感受性遺伝子領域 の疾患感受性機序の検討

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2013年  -  2015年 

  • 新規2型糖尿病疾患感受性遺伝子領域 の疾患感受性機序の検討

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2013年  -  2015年 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 放送大学宮古島講演会2023

    放送大学沖縄学習センター 

    2023年09月