斉藤 美加 (サイトウ ミカ)

Saito Mika

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

90235078

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   助教  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    日本福祉大学   その他の学部   地域研究   その他

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(獣医学)  その他 / その他

  • 北海道大学 -  修士(獣医学)  その他 / その他

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 熱帯医学,人獣共通感染症,新興再興感染症,疫学,フラビウイルス,フラビウイルス,リスク評価

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

  • ライフサイエンス / ウイルス学

論文 【 表示 / 非表示

  • Kozen Yoshino's experimental infections with Taenia solium tapeworms: An experiment never to be repeated.

    Ito A, Saito M, Donadeu M, Lightowlers MW

    Acta tropica ( Acta Tropica )  205   105378   2020年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Serologic and Virologic Studies of an Imported Dengue Case Occurring in 2014 in Okinawa, Japan

    Saito Mika, Tamayose Maki, Miyagi Kazuya, Takaragawa Hiroo, Tateyama Masao, Tadano Masayuki, Fujita Jiro

    Japanese Journal of Infectious Diseases ( 国立感染症研究所 Japanese Journal of Infectious Diseases 編集委員会 )  69 ( 1 ) 60 - 65   2016年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    After returning from Bali, Indonesia, in February 2014, a 72-year-old man was hospitalized in Okinawa owing to a high fever and rash. Dengue was clinically suspected, and the patient tested positive for IgM against dengue using a commercial kit. Serologically, the patient showed secondary seroreactivity. Significant increases in neutralization titers (N-titers) against all 4 serotypes of dengue virus (DENV) and Japanese encephalitis virus (JEV) strains were recognized in convalescent-phase sera comparing to acute phase sera. The N-titer against DENV serotype 1 (DENV-1) was the highest among all DENV serotypes. Interestingly, the N-titers against JEV strains were significantly higher than those against all types of DENV comparing to acute phase sera. The virus was isolated from the acute-phase serum and identified as DENV-1 and designated RD14/Okinawa. The patient's symptoms were due to DENV-1 infection. Phylogenetic sequencing analysis indicated that the isolate RD14/Okinawa belonged to genotype I of DENV-1, which is closely related to the Southeast Asian strains and isolates found during the dengue outbreak in Japan in 2014. We should undertake control measures against dengue in Okinawa, which is a subtropical area with <i>Aedes albopictus</i> activity throughout year.

  • Epidemiological study of Japanese encephalitis virus in Vientiane, Lao PDR, in 1990s.

    Saito M, Soukaloun D, Phongsavath K, Phommasack B, Makino Y

    TheScientificWorldJournal ( Hindawi Publishing Corporation )  2015   235934 - 12   2015年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Phylogenetic analysis of Japanese encephalitis virus (JEV) was conducted using core-premembrane and envelope gene sequence data of two strains from Vientiane, Lao People's Democratic Republic, in 1993 and five from Okinawa, Japan, in 2002 and 2003, and previously published strains. The two Vientiane strains designated as LaVS56 and LaVS145 belonged to genotype 1 (G1) and the same subcluster of G1 as Australian strain in 2000, Thai strains in 1982-1985 and 2004-2005, and Vietnamese strain in 2005, but were distinct from the subcluster of recently distributing G1 strains widely in Asia including Okinawan strains and recent Lao strain in 2009. These clusters with own distinct distributions indicated involvements of different mechanisms and routes of spreading viruses and clarified that Australian G1 strain is from Southeast Asia, not from East Asia. Both Vientiane strains were antigenically close to P19-Br (G1, isolate, Thailand), but distinct from Nakayama (G3, prototype strain, Japan), Beijing-1 (G3, laboratory strain, China), and JaGAr#01 (G3, laboratory strain, Japan), demonstrated by cross-neutralization tests using polyclonal antisera. These results together with seroepidemiologic study conducted in Vientiane strongly suggest that diversified JEV cocirculated there in early 1990s.

  • 紀伊半島大台ヶ原のニホンジカ<i>Cervus nippon </i>の日本脳炎ウイルス抗体保有状況

    斉藤 美加, 荒木 良太, 鳥居 春己, 浅川 満彦

    日本野生動物医学会誌 ( 日本野生動物医学会 )  20 ( 3 ) 41 - 45   2015年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    日本脳炎ウイルス(JEV)感染リスク評価の一環で, 2009年と 2010年に紀伊半島大台ヶ原で捕獲されたニホンジカ<i> Cervus nippon</i>(以下,シカ)の JEV抗体保有状況を調査した。JEV,Oki431S株に対し 87頭中 9頭(10.3%)が,Beijing-1株に対し 1頭( 1.1%)が抗体を保有し,年齢階層が高くなるに従い,抗体保有率の上昇傾向がみられた。これらより,シカに JEVに対する感受性がある事,大台ヶ原で JEV感染環が成立し, JEVの活動は低いが常在している地域である事が強く示唆された。

  • 北海道におけるアイガモの寄生蠕虫類検査.

    吉野智生、遠藤大二、大沼 学、長 雄一、斎藤美加、桑名 貴、浅川満彦.

    その他の掲載誌 ( 獣医疫学会誌 )  15 ( 19 ) in press   2011年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 八重山のマラリア史

    斉藤 美加 ( 担当: 単著 )

    ESRI  2019年06月

  • Trials for Risk Assessment of Japanese encephalitis Based on Serologic Survey of Wild Animals

    Saito M, Ito T, Amano Y, Takara J, Nakata K, Tamanaha S, Osa Y, Yohino T, Onuma M, Kuwana T, Ogura G, Tadano M, Endoh D, Asakawa M ( 担当: 共著 )

    InTech Book Open Access Publisher  2011年 ( 担当ページ: p.12 )

  • 雪みちの陽だまり

    斉藤 美加 ( 担当: 単著 )

    その他の出版機関  2006年04月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度沖縄感染症研究拠点形成促進事業(感染症媒介生物分野)「動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワーク形成に関する研究」

    斉藤 美加

    委託業務成果報告書     2018年03月

     

  • 平成28年度沖縄感染症研究拠点形成促進事業(感染症媒介生物分野)「動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワーク形成に関する研究」

    斉藤 美加

    委託業務成果報告書     2017年03月

     

  • 平成27年度沖縄感染症研究拠点形成促進事業(感染症媒介生物分野)「動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワーク形成に関する研究」

    斉藤 美加

    委託業務成果報告書     2016年03月

     

  • WHOによるジカ熱に対する緊急事態宣言について 専門家コメント

    斉藤 美加

    サイエンスメディアセンター http://smc-japan.org/?p=4300     2016年02月

     

  • 沖縄島の日本脳炎ウイルスの変遷—ウイルス侵入リスクと健康影響評価への試み—

    斉藤 美加

    科学研究費助成事業 研究成果報告 基盤研究(C)     2015年05月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 蚊媒介性感染症対策におけるシチズンサイエンスの可能性—蚊の画像分類システム試作

    斉藤 美加

    第54回日本脳炎ウイルス生態学研究会  2019年05月  -  2019年05月   

  • 蚊媒介性感染症から考えるシチズンサイエンスの可能性

    斉藤 美加

    琉球大学未来共創フェア  2019年03月  -  2019年03月   

  • Migration pathways and the mechanisms of Japanese encephalitis virus into/from Okinawa, Japan

    斉藤 美加

    JITMM  2018年12月  -  2018年12月   

  • Citizen science on mosquito-borne disease control、

    斉藤 美加

    Symposium:30thAnniversary of the University of Hawai’i- University of the Ryukyus Partnership Hawaii  2018年10月  -  2018年10月   

  • 沖縄の日本脳炎ウイルスの移行経路

    斉藤 美加

    第53回日本脳炎ウイルス生態学研 究会  2018年06月  -  2018年06月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 野鳥病原体感染のリスク評価研究

    研究期間: 2006年10月  -  2009年03月 

    資金配分機関: 酪農学園大学

  • 沖縄島に生息するジャワマングースと感染症

    研究期間: 2004年10月  -  継続中 

    資金配分機関: 森林総研

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 蚊媒介性感染症対策における伝統知と科学知の融合?おばあの知恵が高める災害後のレジリエンスー