伊藤 通浩 (イトウ ミチヒロ)

Ito Michihiro

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

80711473

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   熱帯生物圏研究センター   助教  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2002年
    -
    2008年

    東北大学大学院   生命科学研究科   生態システム生命科学専攻   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(生命科学)  生命科学

  • 東北大学 -  修士(生命科学)  生命科学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年
    -
    2013年

      農業環境技術研究所  

  • 2013年
    -
    2016年

      早稲田大学  

  • 2016年
    -
    継続中

      琉球大学  

  • 2016年07月
    -
    継続中

      琉球大学 熱帯生物圏研究センター 助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本農芸化学会

  •  
     
     
     

    日本植物病理学会

  •  
     
     
     

    日本微生物生態学会

  •  
     
     
     

    日本土壌微生物学会

  •  
     
     
     

    日本サンゴ礁学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 藻類

  • 細菌

  • 生物防除

  • 生態学

  • 環境汚染物質

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 環境農学

  • ライフサイエンス / 水圏生命科学

  • ライフサイエンス / 応用微生物学

  • 環境・農学 / 植物保護科学

  • 環境・農学 / ランドスケープ科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Fractionation and characterization of cell wall polysaccharides from the brown alga Cladosiphon okamuranus

    Awanthi Mahanama, Geegana Gamage, Manatsu Umosa, Yoshiaki Yuguchi, Hirosuke Oku, Kanefumi Kitahara, Michihiro Ito, Atsuko Tanaka, Teruko Konishi

    Carbohydrate Research (in press)     2022年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Nutrient uptake characteristics of Cladosiphon okamuranus (Phaeophyceae) from the Ryukyu Islands of Japan

    Sato Y, Inomata E, Nagoe H, Ito M, Konishi T, Fujimura H, Tanaka A, Nishihara GN

    Journal of Applied Phycology (accepted)     2022年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Correction: The Effect of Co-Culture of Two Coral Species on Their Bacterial Composition Under Captive Environments.

    Ide K, Nakano Y, Ito M, Nishikawa Y, Fujimura H, Takeyama H

    Marine biotechnology (New York, N.Y.) ( Marine Biotechnology )    2022年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Targeted single-cell genomics reveals novel host adaptation strategies of the symbiotic bacteria Endozoicomonas in Acropora tenuis coral

    Ide K, Nishikawa Y, Maruyama T, Tsukada Y, Kogawa M, Takeda H, Ito H, Wagatsuma R, Miyaoka R, Nakano Y, Kinjo K, Ito M, Hosokawa M, Yura K, Suda S, Takeyama H

    Microbiome (accepted)     2022年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • The Effect of Co-Culture of Two Coral Species on Their Bacterial Composition Under Captive Environments.

    Ide K, Nakano Y, Ito M, Nishikawa Y, Fujimura H, Takeyama H

    Marine biotechnology (New York, N.Y.) ( Marine Biotechnology )  24 ( 5 ) 871 - 881   2022年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Coral symbionts are important members of the coral holobiont, and coral bacterial flora are essential in host health maintenance and coral conservation. Coral symbionts are affected by various environmental factors, such as seawater temperature, pH, and salinity. Although physicochemical and chemical factors have been highlighted as possible causes of these effects, the effects of water flow and the co-culture of different species corals have not been elucidated. In this study, we designed an artificial rearing environment to examine the impact of environmental and biological factors on Acropora tenuis, one of the major coral species in Okinawa, and Montipora digitata, during their co-culture. We intervened with the water flow to reveal that the movement of the rearing environment alters the bacterial flora of A. tenuis. During the rearing under captive environment, the alpha diversity of the coral microbiota increased, suggesting the establishment of rare bacteria from the ocean. No differences in the bacterial composition between the control and water flow groups were observed under the rearing conditions. However, the structure of the bacterial flora was significantly different in the co-culture group. Comparison of bacterial community succession strongly suggested that the differences observed were due to the suppressed transmission of bacteria from the ocean in the co-culture group. These results enhance our understanding of interactions between corals and shed light on the importance of regional differences and bacterial composition of coral flora.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 生命のビッグデータ利用の最前線

    竹山春子, モリテツシ, 伊藤通浩, 細川正人 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 第4章 応用展開-モノづくり・環境への展開 海洋遺伝子資源への新しいオミックス解析への挑戦. )

    シーエムシー出版  2014年04月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄浅海域におけるミドリイシ属サンゴ共在細菌叢の年変動(水圏生態系(aquatic ecosystem),一般講演,環境微生物系学会合同大会2014講演要旨)

    伊藤 通浩, 大慈彌 みち子, 丸山 徹, 岡田 直子, モリ テツシ, 中野 義勝, 須田 彰一郎, 竹山 春子

    土と微生物 ( 日本土壌微生物学会 )  68 ( 2 ) 97 - 97   2014年10月

     

  • O31-05 沖縄浅海域におけるミドリイシ属サンゴ共在細菌叢の年変動(口頭発表)

    伊藤 通浩, 大慈彌 みち子, 丸山 徹, 岡田 直子, モリ テツシ, 中野 義勝, 須田 彰一郎, 竹山 春子

    日本微生物生態学会講演要旨集 ( 日本微生物生態学会 )  2014   116 - 116   2014年

     

  • かび毒分解菌の探索と機能解明

    小板橋基夫, 對馬誠也, 伊藤通浩

    農林水産省委託プロジェクト 生産・流通・加工工程における体系的な危害要因の特性解明とリスク低減技術の開発 技術情報集     57   2013年03月

     

  • 1P-162 海産無脊椎動物を利用した海藻分解性細菌群のバイオエンリッチメント(一般講演(バイオマス,資源,エネルギー工学))

    伊藤 通浩, 渡邊 幸太郎, モリ テツシ, 丸山 徹, 緑川 直子, 張 成年, 竹山 春子

    日本生物工学会大会講演要旨集 ( 日本生物工学会 )  65   58 - 58   2013年

     

  • PK-25 小麦穂由来の新規細菌による小麦穀粒中のかび毒の分解(PK 相互作用・共生,ポスター発表)

    伊藤 通浩, 佐藤 育男, 小板橋 基夫, 吉田 重信, 今井 真千子, 對馬 誠也

    日本微生物生態学会講演要旨集 ( 日本微生物生態学会 )  ( 28 ) 176 - 176   2012年09月

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • サンゴの中の微生物

    伊藤 通浩

    日本微生物生態学会 市民公開シンポジウム  1900年01月  -  1900年01月   

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • ミミズの土壌肥沃度改善機能の活用に向けて -圃場実証と機能の定量化-

    基盤研究 (B)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2021年04月  -  2026年03月 

    代表者: 伊藤通浩 (分担) 

  • 海藻の生育を支える海藻-微生物相互作用の全体像の解明

    基盤研究 (B)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 伊藤通浩 (代表) 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 海藻の生育を支える海藻-微生物相互作用の全体像の解明

    基盤研究 (B)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 伊藤通浩 (代表) 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 造礁サンゴの高水温耐性向上可能性に関する総合的研究

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2019年04月  -  2023年03月 

    代表者: 伊藤通浩 (分担) 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 陸域からサンゴ礁域へ流入する微生物群の実態解明 -サンゴへの感染性と有害性の検証-

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月 

    代表者: 伊藤 通浩 (代表) 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)