松田 昇一 (マツダ ショウイチ)

Matsuda Shoichi

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

90390567

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科エネルギー環境工学コース   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  工学博士  熱工学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 熱工学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 溶融池磁気制御アーク溶接法の適用拡大に関する研究

  • 衝突噴流の伝熱特性に関する研究

  • 沖縄における海洋温度差および深層水利用の研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Study on penetration control of the arc welding using external magnetic field– Influence of external magnetic field on arc shape and heat input– 

    Shoichi MATSUDA Manabu TANAKA and Yasushi TANAHARA

    Proceedings of the Visual-JW 2019 and WSE 2019 ( Joining and Welding Research Institute Osaka University )    2019年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • One-dimensional Ablation Analysis of Lightweight CFRP Ablators with Coking

    KATO Sumio, MATSUDA Shoichi, SHIMADA Naoyuki, SAKAI Shunsuke, OKUYAMA Keiichi, SZASZ Bianca, SHIMODA Takayuki

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN ( 日本航空宇宙学会 )  17 ( 4 ) 461 - 470   2019年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>The coking phenomenon within a lightweight carbon-phenolic ablator exposed to the heating environment of air is investigated. The existing one-dimensional charring ablation analysis code is modified so that the coking behavior of the ablator can be calculated as well as the thermal response behavior within a lightweight carbon-phenolic ablator. The mass conservation equations for a pyrolysis gas and carbon in the gas are given. The energy equation including the coking process is also presented. The measured density distributions of some arc-heated CFRP ablator samples are compared with those calculated by the ablation analysis code, from which good agreement is obtained. The density profiles with and without coking are compared. The effect of temperature dependency of carbon mass fraction in a pyrolysis gas in the coking equation upon the density profile is examined. The effect of heating rate upon the density distribution in an ablator is also examined. The effect of coking upon the surface recession is studied analytically and experimentally.</p>

  • 溶融池磁気制御アーク溶接による溶け込み制御に関する研究

    中山 友裕, 松田 昇一, 棚原 靖

    日本機械学会九州支部講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2019 ( 0 )   2019年

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

     概要を見る

    <p>TIG welding is one of the welding methods widely used in industries for high reliability of joints, little occurrence of spattering and high convenience of construction. However, compared with other arc welding methods, there is a disadvantage that depth of penetration is sallow. To solve this problem, the authors propose a new ECMP (Electromagnetic Controlled Molten Pool Welding Process) method which controls the molten metal flow by using electromagnetic forces generated in the molten pool by a magnetic field perpendicular to the unidirectional current.</p><p>Incidentally, although the conventional ECMP method has mostly prevented the molten metal from sagging downward by using an upward electromagnetic force, the authors propose the use of a downward electromagnetic force in this study. When the direction of the magnetic field is reversed from the conventional method, in principle it is possible to obtain a downward electromagnetic force in the direction of gravity. Utilizing the downward electromagnetic force, improvement of the weld penetration in the TIG welding process of thick plates can be anticipated.</p><p>In this paper, the authors describe in detail their investigation of the influence of the generated downward electromagnetic force on the molten pool flow, the molten pool surface temperature, and the final bead shape when using the new ECMP method which forcefully uses such a downward electromagnetic force.</p>

  • 外部磁場を用いた溶け込み制御の研究-外部磁場がアークの形状および入熱に及ぼす影響

    松田 昇一, 棚原 靖, 田中 学

    溶接学会全国大会講演概要 ( 一般社団法人 溶接学会 )  2019 ( 0 ) 136 - 137   2019年

    掲載種別: 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

     概要を見る

    TIG溶接は溶接面の欠陥発生が少なく,耐食性や靱性に優れているが,溶け込みが浅い欠点がある.そこで我々は,外部磁場を用いてTIG溶接の溶け込み制御を試みた.しかしながら磁場を付加した場合,アークが溶接方向に大きく偏向するため,母材への入熱が減少し,溶込みが小さくなる可能性がある.そこで本研究では外部磁場がアーク形状,母材への入熱,溶融池の流れおよび溶け込みに与える影響を報告する.

  • Study on penetration control of the arc welding using external magnetic field

    ③ Shoichi Matsuda,Manabu Tanaka,Yasushi Tanahara,Tomohiro Nakayama (担当範囲: 全般)

    The Symposium of Thailand Welding and Inspection Technology 2018 (TWIT 2018) ( Mahidol University )    2018年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 実践的高度溶接技術者育成コース 教材(上下巻)

    真鍋幸男, 松栄準治, 眞喜志隆, 比嘉吉一, 松田昇一他6名 ( 担当: 共著 )

    産学連携製造中核人材育成事業  2007年03月

  • 衝突噴流の時・空間温度および流動場の可視化による熱伝達特性に関する実験的研究

    松田昇一 ( 担当: 単著 )

    琉球大学  2000年03月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 外部磁場を用いた高品質・高効率GMA溶接の研究-交流磁場がアークおよびビード形状に及ぼす影響

    松田昇一,棚原靖,田中学

    溶接学会秋季大会  (オンライン)  2021年09月  -  2021年09月   

  • 外部磁場がヘリウムガスタングステンアーク溶接の溶融池の流動及びビード形状に及ぼす影響

    松田昇一,棚原靖,田中学

    第182回秋季講演大会 鉄鋼協会  (オンライン)  2021年09月  -  2021年09月   

  • 沖縄における海洋熱エネルギーと深層水の有効利用の研究 ファンコイルユニットの伝熱特性

    松田昇一, 有馬博史

    海洋エネルギーシンポジウム, 共同利用・共同研究成果発表会  (オンライン)  2020年09月  -  2020年09月   

  • 小径・低レイノルズ数における衝突噴流の熱伝達特性の研究

    松田 昇一, 加藤 純郎, 秋葉 貴光

    日本機械学会年次大会  (オンライン)  2020年09月  -  2020年09月   

  • 外部磁場を用いた高品質・高効率GMA溶接の研究-外部磁場がアークの形状およびビード形状に及ぼす影響-

    松田昇一,棚原靖,田中学

    溶接学会秋季大会  (オンライン)  2020年09月  -  2020年09月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 非対称交流磁場を用いた上向姿勢溶融池磁気制御アーク溶接法に関する研究 (非対称交流磁場によるアークおよび溶融金属流動制御)

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 平成29(2017)年度 次世代を担う研究者助成事業

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月 

    資金配分機関: 一般社団法人日本溶接協会

  • 高・低速衝突噴流群の赤外線映像による熱移動解析

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 1997年04月  -  1998年03月 

    資金配分機関: -

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 島嶼地域に適した海洋温度発電の調査研究

    研究期間: 2010年04月  -  2013年 

    資金配分機関: 佐賀大学海洋エネルギー研究センター

  • 溶融池磁気制御アーク溶接における熱輸送現象解析

    研究期間: 2007年04月  -  2014年 

    資金配分機関: 大阪大学接合科学研究所

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 海洋温度差および深層水利用の研究