國田 樹 (クニタ イツキ)

KUNITA Itsuki

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

20645478

研究室住所

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

研究室電話

098-895-8711

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科知能情報コース   助教  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 公立はこだて未来大学 -  博士(システム情報科学)  システム情報科学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年06月
    -
    2013年09月

      公立はこだて未来大学 システム情報科学部 特任研究員  

  • 2013年10月
    -
    2015年03月

      北海道大学 電子科学研究所 博士研究員  

  • 2015年04月
    -
    2016年11月

      熊本大学 国際先端医学研究機構 産学官連携研究員  

  • 2016年12月
    -
    2017年03月

      琉球大学 工学部 情報工学科 助教  

  • 2017年04月
    -
    2021年12月

      琉球大学 工学部 工学科 知能情報コース 助教  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本計測自動制御学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 複雑系科学

  • 生物物理学

  • 生体医工学

  • 画像処理工学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 知能情報学

  • 情報通信 / 知能ロボティクス

  • 自然科学一般 / 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A Three-Dimensional Scanning System for Digital Archiving and Quantitative Evaluation of Arabidopsis Plant Architectures.

    Kunita I, Morita MT, Toda M, Higaki T

    Plant & cell physiology     2021年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Millimeter-sized belt-like pattern formation of actin filaments in solution by interacting with surface myosin in vitro

    Kentaro Ozawa, Hirotaka Taomori, Masayuki Hoshida, Itsuki Kunita, Shigeru Sakurazawa, Hajime Honda

    Biophysics and Physicobiology ( Biophysics and Physicobiology )  16   1 - 8   2019年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Behavioural differentiation induced by environmental variation when crossing a toxic zone in an amoeba

    Kunita I.

    Journal of Physics D: Applied Physics ( Journal of Physics D: Applied Physics )  50 ( 35 )   2017年08月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Integrating perfusable vascular networks with a three-dimensional tissue in a microfluidic device.

    Nashimoto Y, Hayashi T, Kunita I, Nakamasu A, Torisawa YS, Nakayama M, Takigawa-Imamura H, Kotera H, Nishiyama K, Miura T, Yokokawa R

    Integrative biology : quantitative biosciences from nano to macro   9 ( 6 ) 506 - 518   2017年06月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • ENGINEERING A THREE-DIMENSIONAL TISSUE MODEL WITH A PERFUSABLE VASCULATURE IN A MICROFLUIDIC DEVICE

    6. Yuji Nashimoto, Itsuki Kunita, Akiko Nakamasu, Yu-suke Torisawa, Masamune Nakayama, Hisako Takigawa-Imamura, Hidetoshi Kotera, Koichi Nishiyama, Takashi Miura, Ryuji Yokokawa

    30TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MICRO ELECTRO MECHANICAL SYSTEMS (MEMS 2017) ( IEEE )    592 - 595   2017年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • オンライン授業におけるグループ活動のプロセス管理評価およびグループ活動支援アプリの開発

    亀沢佑一, 國田樹

    第8回実践的IT 教育シンポジウム     2022年02月  [査読有り]

     

  • 街の発展による沖縄の指導と粘菌ネットワークの比較

    金城愛梨, 國田樹

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   22nd   2021年12月

     

  • 真正粘菌変形体の細胞表面電位による細胞内原形質流動と行動の推定

    宇座恩, 國田樹

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   22nd   2021年12月

     

  • オンライン授業におけるリアルタイム型グループ活動支援アプリの開発

    亀沢佑一, 國田樹

    2021 年度第3 回研究会 教育システム情報学会     2021年09月

     

  • リモート型チーム活動演習における教員向けチーム活動状況可視化アプリの開発

    亀沢佑一, 國田樹

    日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   92   89 - 94   2021年  [査読有り]

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Effects of sizes of self-organized patterns composed by vascular endothelial cells on vasculogenesis

    Akiko Nakamasu, Masamune Nakayama, Naoto Shingu, Hirofumi Izuhara, Yuji Nashimoto, Itsuki Kunita, Yuichiro Arima, Yoshimi Yamaguchi, Koichi Nishiyama, Ryuji Yokokawa, Takashi Miura

    The 50th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists  2017年05月  -  2017年05月   

  • Vascular Intraluminal Pressure Load Inhibits Vessel Elongation during Angiogenesis

    Yuichiro Arima, Itsuki Kunita, Shinya Yuge, Ryuji Yokokawa, Takashi Miura, Naoki Mochizuki, Shigetomo Fukuhara, Koichi Nishiyama

    第81回 日本循環器学会学術集会  2017年03月  -  2017年03月   

  • A relationship between optimized transport network and a biological scaling law

    Dai Akita, Itsuki Kunita, Mark Fricker, Shigeru Kuroda, Katsuhiko Sato, Toshiyuki Nakagaki

    The 17th RIES-Hokudai International Symposium  2016年12月  -  2016年12月   

  • ゼブラフィッシュ成魚の長時間ライブイメージングにより明らかになった血管新生の新たな制御機構

    弓削進弥, 國田樹, 西山功一, 望月直樹, 福原茂朋

    第39回 日本分子生物学会年会  2016年11月  -  2016年12月   

  • Development of the perfusable vascularization method for the organoid culture using microfluidic device

    Yuji Nashimoto, Itsuki Kunita, Akiko Nakamasu, Yu-suke Torisawa, Masamune Nakayama, Hidetoshi Kotera, Koichi Nishiyama, Takashi Miura, Ryuji Yokokawa

    Organoids: Modelling Organ Development and Disease in 3D Culture  2016年10月  -  2016年10月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 自律型マイクロロボットとしての単細胞生物ゾウリムシの知的行動の創発原理の解

    基盤研究(C)

    課題番号: 19K12140

    研究期間: 2019年04月  -  2023年03月 

    直接経費: 3,400,000(円)  間接経費: 1,020,000(円)  金額合計: 4,420,000(円)

     概要を見る

    医学分野では血管内や消化管内で働くマイクロロボットの開発が進められている。マイクロロボットには大型のロボットとは異なる「動くしくみ」が必要である。単細胞生物はマイクロスケールの一つの細胞の中にセンサ、アクチュエータ、情報処理システムなどの自律的に生きるために必要な全ての要素を持っており、自然が創り出したマイクロロボットと言える。そこで本研究では、単細胞生物の運動や行動の仕組みを調べることによって、マイクロロボット設計のヒントを得ることを目指す。

  • 自律型マイクロロボットとしての単細胞生物ゾウリムシの知的行動の創発原理の解明

    基盤研究(C)

    課題番号: 19K12140

    研究期間: 2019年04月  -  2023年03月 

    代表者: 國田 樹 

    直接経費: 3,400,000(円)  間接経費: 4,420,000(円)  金額合計: 1,020,000(円)

     概要を見る

    本研究は,自律的に移動可能なマイクロロボットの行動設計への応用を目指し,自然が創り出したマイクロロボットである単細胞生物の行動のしくみを明らかにすることを目的としている.具体的には,単細胞生物ゾウリムシの学習能をターゲットに,その学習能が高等生物と比較してどのくらいのレベルか,どのような細胞機能に基づいて実現されているかを生物実験と数理モデルの両面から明らかにしようとするものである. その実現のために研究を3段階に分けて遂行している.第1段階は,ゾウリムシが通常の生活空間とは異なる形状の空間におかれたとき,空間形状に適した運動を試行錯誤的に獲得する行動変容能(学習能)を持つことを実験的に示す段階である.第2段階は,その行動変容が短期的に記憶できることを実験的に示す段階である.第3段階は,それら学習能および短期記憶能をゾウリムシの行動を制御する膜電気動態に基づいて数理モデルで表現する段階である. 2019年度は,上述の第1段階および第2段階の基礎となる実験的研究を遂行した.その遂行にあたり「ゾウリムシが単一の刺激反応行動を繰り返すことで,行動を変容させて空間適応的な行動を生み出すか?」という問いをたてた.この問いに答えるために,ゾウリムシをその身体を転回できないほど細く行き止まりのある空間に閉じ込めて,その空間内でのゾウリムシの行動を画像解析により定量評価した. その結果,ゾウリムシが反復刺激を受けることで徐々に長距離を後退遊泳できるようになる行動変容を示し,それが数分程度の短期間のみ維持されることがわかってきた.またその維持にはゾウリムシ自身が分泌する分泌物が影響を与えている可能性があることもわかってきた.これはゾウリムシが環境適応能や記憶能を示す際に細胞機能として通常とは異なる物質を分泌していることを示すもので,ゾウリムシの行動のしくみを明らかにするうえで重要である.

  • 自律型マイクロロボットとしての単細胞生物ゾウリムシの知的行動の創発原理の解明

    基盤研究(C)

    課題番号: 19K12140

    研究期間: 2019年04月  -  2023年03月 

    代表者: 國田 樹 

    直接経費: 3,400,000(円)  間接経費: 4,420,000(円)  金額合計: 1,020,000(円)

     概要を見る

    本研究は,自律的に移動可能なマイクロロボットの行動設計への応用を目指し,自然が創り出したマイクロロボットである単細胞生物の行動のしくみを明らかにすることを目的としている.具体的には,単細胞生物ゾウリムシの学習能をターゲットに,その学習能が高等生物と比較してどのくらいのレベルか,どのような細胞機能に基づいて実現されているかを生物実験と数理モデルの両面から明らかにしようとするものである. その実現のために研究を3段階に分けて遂行している.第1段階は,ゾウリムシが通常の生活空間とは異なる形状の空間におかれたとき,空間形状に適した運動を試行錯誤的に獲得する行動変容能(学習能)を持つことを実験的に示す段階である.第2段階は,その行動変容が短期的に記憶できることを実験的に示す段階である.第3段階は,それら学習能および短期記憶能をゾウリムシの行動を制御する膜電気動態に基づいて数理モデルで表現する段階である. 2019年度は,上述の第1段階および第2段階の基礎となる実験的研究を遂行した.その遂行にあたり「ゾウリムシが単一の刺激反応行動を繰り返すことで,行動を変容させて空間適応的な行動を生み出すか?」という問いをたてた.この問いに答えるために,ゾウリムシをその身体を転回できないほど細く行き止まりのある空間に閉じ込めて,その空間内でのゾウリムシの行動を画像解析により定量評価した. その結果,ゾウリムシが反復刺激を受けることで徐々に長距離を後退遊泳できるようになる行動変容を示し,それが数分程度の短期間のみ維持されることがわかってきた.またその維持にはゾウリムシ自身が分泌する分泌物が影響を与えている可能性があることもわかってきた.これはゾウリムシが環境適応能や記憶能を示す際に細胞機能として通常とは異なる物質を分泌していることを示すもので,ゾウリムシの行動のしくみを明らかにするうえで重要である.

  • ソフトマター物理による生体情報処理の新しいインターフェイスの提案

    若手研究(B)

    課題番号: 25730178

    研究期間: 2013年04月  -  2015年03月 

    代表者: 國田 樹 

    直接経費: 2,200,000(円)  間接経費: 660,000(円)  金額合計: 2,860,000(円)

  • アクトミオシンの三次元運動機構の解明

    特別研究員奨励費

    課題番号: 06J07017

    研究期間: 2006年04月  -  2009年03月 

    代表者: 國田 樹 

    直接経費: 2,800,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 2,800,000(円)

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 単細胞生物ゾウリムシの学習能を生み出す行動知アルゴリズムの提案

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 物質・デバイス領域共同研究拠点

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

    連携研究者: 中垣 俊之, 佐藤 勝彦  資金配分機関: 物質・デバイス領域共同研究拠点

    直接経費: 100,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 100,000(円)

  • 単細胞生物ゾウリムシの学習能を生み出す行動知アルゴリズムの提案

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 物質・デバイス領域共同研究拠点

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月 

    連携研究者: 中垣 俊之, 佐藤 勝彦  資金配分機関: 物質・デバイス領域共同研究拠点

    直接経費: 80,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 80,000(円)

  • 原生動物ゾウリムシの学習行動を生み出す移動知アルゴリズムの提案

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 琉球大学女性研究者支援研究費

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月 

    資金配分機関: 琉球大学

    直接経費: 780,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 780,000(円)

  • 神経系の進化に対する生物の空間適応能力の実験的評価と適応モデルの提案

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 琉球大学女性研究者支援研究費

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月 

    資金配分機関: 琉球大学

    直接経費: 720,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 720,000(円)

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  情報技術演習I  演習

  • 2019年度  知能情報実験II  実験・実習・実技

  • 2019年度  知能情報実験I  実験・実習・実技

  • 2019年度  工学基礎演習  演習