久保田 康裕 (クボタ ヤスヒロ)

Kubota Yasuhiro

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

50295234

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   海洋自然科学科   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(理学)  理学

  •  -  修士(農学)  農学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月
     
     

      - , University of the Ryukyus, Faculty of Science, Department of Chemistry, Biology, and Marine Science, Associate Professor  

  • 2007年03月
    -
    2015年03月

      琉球大学  

  • 2007年03月
    -
    継続中

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 准教授  

  • 2015年03月
    -
    継続中

      琉球大学  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本生態学会   生態学教育専門委員会委員

  •  
     
     
     

    日本生態学会

  •  
     
     
     

    日本森林学会

  •  
     
     
     

    国際生物地理学会

  •  
     
     
     

    国際植生学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 群集生態学,林学,教育学

  • Community ecology

  • 野生生物管理

  • 進化生態学

  • 自然保護区

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 森林科学

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学

  • 人文・社会 / 教育学

  • 環境・農学 / 自然共生システム

  • 環境・農学 / 生物資源保全学

全件表示 >>

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 日本人の自然観に基づく環境教育

  • 森林の持続的利用と保全に関する研究

  • 生物群集の多様性維持機構に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Area-based conservation planning in Japan: The importance of OECMs in the post-2020 Global Biodiversity Framework

    Shiono T.

    Global Ecology and Conservation ( Global Ecology and Conservation )  30   e01783 - e01783   2021年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Climate and land-use interactively shape butterfly diversity in tropical rainforest and savanna ecosystems of southwestern China.

    Miao BG, Peng YQ, Yang DR, Kubota Y, Economo EP, Liu C

    Insect science ( Insect Science )  28 ( 4 ) 1109 - 1120   2021年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Human-induced habitat conversion and degradation, along with accelerating climatic change, have resulted in considerable global biodiversity loss. Nevertheless, how local ecological assemblages respond to the interplay between climate and land-use change remains poorly understood. Here, we examined the effects of climate and land-use interactions on butterfly diversity in different ecosystems of southwestern China. Specifically, we investigated variation in the alpha and beta diversities of butterflies in different landscapes along human-modified and climate gradients. We found that increasing land-use intensity not only caused a dramatic decrease in butterfly alpha diversity but also significantly simplified butterfly species composition in tropical rainforest and savanna ecosystems. These findings suggest that habitat modification by agricultural activities increases the importance of deterministic processes and leads to biotic homogenization. The land-use intensity model best explained species richness variation in the tropical rainforest, whereas the climate and land-use intensity interaction model best explained species richness variation in the savanna. These results indicate that climate modulates the effects of land-use intensity on butterfly alpha diversity in the savanna ecosystem. We also found that the response of species composition to climate varied between sites: specifically, species composition was strongly correlated with climatic distance in the tropical rainforest but not in the savanna. Taken together, our long-term butterfly monitoring data reveal that interactions between human-modified habitat change and climate change have shaped butterfly diversity in tropical rainforest and savanna. These findings also have important implications for biodiversity conservation under the current era of rapid human-induced habitat loss and climate change. This article is protected by copyright. All rights reserved.

  • Biogeographical origin effects on exotic plants colonization in the insular flora of Japan

    Kusumoto B.

    Biological Invasions ( Biological Invasions )  23 ( 9 ) 2973 - 2984   2021年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Natural Disturbance-Based Forest Management: Moving Beyond Retention and Continuous-Cover Forestry

    Kuuluvainen T.

    Frontiers in Forests and Global Change ( Frontiers in Forests and Global Change )  4   2021年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Latitudinal gradients and scaling regions in trait space: Taylor’s power law in Japanese woody plants

    Ulrich W.

    Global Ecology and Biogeography ( Global Ecology and Biogeography )  30 ( 6 ) 1334 - 1343   2021年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Shigeko Kubota : liquid reality

    Kubota Shigeko, Papernik-Shimizu Erica, Sutton Gloria, Museum of Modern Art (New York N.Y.) ( 担当: 単著 )

    Museum of Modern Art  2021年

  • Plurilingual pedagogies : critical and creative endeavors for equitable language in education

    Lau Sunny Man Chu, Van Viegen Saskia ( 担当: 単著 )

    Springer, c2020  2020年

  • 野生生物の生息適地と分布モデリング : Rプログラムによる実践

    Guisan, A. (Antoine), Thuiller, Wilfried, Zimmermann, Niklaus E., 久保田, 康裕, 楠本, 聞太郎, 小森, 理, 三枝, 祐輔, 佐藤, 恵里, 塩野, 貴之, 鈴木, 智之, 須藤, 健二, 田中, 崇行, 比嘉, 基紀, 深谷, 肇一, 藤沼, 潤一 ( 担当: その他 )

    共立出版  2020年 ( ページ数: [32], xvii, 475p )

  • 野生生物の生息適地と分布モデリング : Rプログラムによる実践

    Guisan A. (Antoine), Thuiller Wilfried, Zimmermann Niklaus E., 久保田 康裕, 楠本 聞太郎, 小森 理, 三枝 祐輔, 佐藤 恵里, 塩野 貴之, 鈴木 智之, 須藤 健二, 田中 崇行, 比嘉 基紀, 深谷 肇一, 藤沼 潤一 ( 担当: 単著 )

    共立出版  2020年

  • キャンベル生物学 原書11版

    池内 昌彦, 池内 昌彦, 伊藤 元己, 伊藤 元己, 箸本 春樹, 箸本 春樹, 道上 達男, 道上 達男 ( 担当: その他 )

    丸善出版  2018年03月 ( ページ数: 1704 )

    ASIN

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Inference of macro-scale species abundance: revealing hidden properties of the regional species pool

    Fukaya K, Kusumoto B, Shiono T, Fujinuma J, Kubota Y

    International Biogeographical Society (IBS) meeting 2018. Évora, Portugal  1900年01月  -  1900年01月   

  • How species assembly processes are captured in conservation priority areas: a multi-taxon comparison in the East Asian islands

    Kusumoto B, Shiono T, Kubota Y

    The 8th Biennial IBS Conference. Tucson, Arizona, USA  1900年01月  -  1900年01月   

  • Global-scale diversity estimate of woody Leguminosae species: disentangling taxonomic data bias and macroecological patterns

    久保田 康裕

    7th International Legume Conference  1900年01月  -  1900年01月   

  • Global-scale assessment of forest management impacts on biodiversity patterns

    Buntaro Kusumoto, Kubota Yasuhiro

    5th European Congress of Conservation Biology · ECCB 2018  1900年01月  -  1900年01月   

  • Global-scale analysis of woody plant fossil records: a test of regional extinction and range dynamics of angiosperm woody genera through the Cenozoic.

    久保田 康裕

    The 9th Biennial Conference of the International Biogeography Society  1900年01月  -  1900年01月   

全件表示 >>

芸術系の活動、フィールドワーク等 【 表示 / 非表示

  • ニッチ適応と非平衡性に基づく中立理論の拡張と保全生態学への適用

    久保田 康裕 

    1900年01月
     
     
     

  • 自然史ビッグデータ科学:生物多様性情報を駆使した進化生態学的一般理論の探求

    久保田 康裕 

    1900年01月
     
     
     

  • 生態学的ビッグデータを基盤とした生物多様性パターンの予測と自然公園の実効力評価

    久保田 康裕 

    1900年01月
     
     
     

  • 環境変動に対する生物多様性と生態系サービスの応答を考慮した国土の適応的保全計画

    久保田 康裕 

    1900年01月
     
     
     

  • 海洋生物多様性の進化生態学的形成プロセスと保全

    久保田 康裕 

    1900年01月
     
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第20回 Ecological Research論文賞

    2020年03月   日本生態学会   Fujinuma J., Kusumoto B., Shiono T. & Kubota Y. (2019) Species‐specific clonality in east Asian island flora: Phylogenetic and environmental constraints. Ecological Research 34: 577-586 https://doi.org/10.1111/1440-1703.12034  

    受賞者: Fujinuma J, Kusumoto B, Shiono T, Kubota Y

  • 19th Ecological Research Paper Award

    2019年03月   日本生態学会  

    受賞者: 久保田 康裕

     概要を見る

    Saihanna, Tanaka ., Okamura Y., Kusumoto B., Shiono T., Hirao T., Kubota Y., Murakami M. (2018) A paradox of latitudinal leaf defense strategies in deciduous and evergreen broadleaved trees 33(5): 1011–1017

  • The International Association for Vegetation Science (IAVS) Editors Award

    2019年01月   国際植生学会  

    受賞者: 久保田 康裕

     概要を見る

    IAVS Editors Award は、各年の Journal of Vegetation Science 誌 掲載論文の中の、最も優れた論文に贈られる賞です。

  • 18th Ecological Research Paper Award

    2017年03月   日本生態学会  

    受賞者: 久保田 康裕

     概要を見る

    Kusumoto B., Shiono T., Konoshima M., Yoshimoto A., Tanaka T. & Kubota Y. (2017) How well are biodiversity drivers reflected in protected areas? A representativeness assessment of the geohistorical gradients that shaped endemic flora in Japan. Ecological Research 32: 299–311.

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 新生代の木本植物多様性の緯度勾配動態:気候変動と気候ニッチに基づくメカニズム解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 20H03328

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 久保田 康裕 

    直接経費: 13,500,000(円)  間接経費: 17,550,000(円)  金額合計: 4,050,000(円)

  • 新生代の木本植物多様性の緯度勾配動態:気候変動と気候ニッチに基づくメカニズム解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 20H03328

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 久保田 康裕 

    直接経費: 13,500,000(円)  間接経費: 17,550,000(円)  金額合計: 4,050,000(円)

  • 新生代の木本植物多様性の緯度勾配動態:気候変動と気候ニッチに基づくメカニズム解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 20H03328

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 久保田 康裕 

    直接経費: 13,500,000(円)  間接経費: 17,550,000(円)  金額合計: 4,050,000(円)

  • 新生代の木本植物多様性の緯度勾配動態:気候変動と気候ニッチに基づくメカニズム解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 20H03328

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 久保田 康裕 

    直接経費: 13,500,000(円)  間接経費: 17,550,000(円)  金額合計: 4,050,000(円)

  • 環境変動に対する生物多様性と生態系サービスの応答を考慮した国土の適応的保全計画

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2018年04月  -  2020年03月 

    代表者: 久保田, 康裕 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県マングース対策事業検討委員会の委員

    沖縄県 

    2016年04月
    -
    継続中

  • おきなわ生物多様性ブランド事業の委員

    沖縄県 

    2016年04月
     
     

  • 奄美・琉球世界自然遺産候補地科学委員会の委員

    自然環境研究センター 

    2012年04月
    -
    継続中

  • 沖縄自然環境保全審議会の審議委員

    沖縄県 

    2011年12月
    -
    2016年03月