谷口 敬介 (タニグチ ケイスケ)

Taniguchi Keisuke

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

70586528

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   物質地球科学科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

    京都大学   理学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

    京都大学  理学研究科  物理学第二専攻  修士課程  修了

  • 1996年04月
    -
    1999年03月

    京都大学  理学研究科  物理学・宇宙物理学専攻  博士後期課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年10月
    -
    2001年09月

    フランス・パリ天文台ムードン支部  

  • 2001年10月
    -
    2002年03月

    ドイツ・マックスプランク重力物理学研究所  

  • 2004年08月
    -
    2008年08月

    アメリカ・イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校  

  • 2008年08月
    -
    2010年01月

    アメリカ・ウィスコンシン大学ミルウォーキー校  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(理学)  理学

  •  -  修士(理学)  理学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年01月
    -
    2015年03月

      東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 助教  

  • 2015年04月
    -
    継続中

      琉球大学 理学部 物質地球科学科 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1996年06月
    -
    継続中
     

    日本物理学会

  • 1997年01月
    -
    継続中
     

    理論天文学宇宙物理学懇談会

  • 2014年07月
    -
    継続中
     

    Japan Gravitational Wave Community

  • 2015年02月
    -
    継続中
     

    Association of Asia Pacific Physical Societies

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Ellipsoidal Figures of Equilibrium in the First Post-Newtonian Approximation of General Relativity

    1999年03月 

論文 【 表示 / 非表示

  • Current status of space gravitational wave antenna DECIGO and B-DECIGO

    Kawamura S.

    Progress of Theoretical and Experimental Physics ( Progress of Theoretical and Experimental Physics )  2021 ( 5 )   2021年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Reducing orbital eccentricity in initial data of black hole-neutron star binaries in the puncture framework

    Kyutoku Koutarou, Kawaguchi Kyohei, Kiuchi Kenta, Shibata Masaru, Taniguchi Keisuke

    PHYSICAL REVIEW D ( Physical Review D )  103 ( 2 )   2021年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • New code for equilibriums and quasiequilibrium initial data of compact objects. IV. Rotating relativistic stars with mixed poloidal and toroidal magnetic fields

    Koji Uryu, Shijun Yoshida, Eric Gourgoulhon, Charalampos Markakis, Kotaro Fujisawa, Antonios Tsokaros, Keisuke Taniguchi, Yoshiharu Eriguchi

    Physical Review D ( Physical Review D )  100 ( 12 ) 123019-1 - 123019-34   2019年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Space gravitational-wave antennas DECIGO and B-DECIGO

    Seiji Kawamura, Takashi Nakamura, Masaki Ando, Naoki Seto, Tomotada Akutsu, Ikkoh Funaki, Kunihito Ioka, Nobuyuki Kanda, Isao Kawano, Mitsuru Musha, Kazuhiro Nakazawa, Shuichi Sato, Takeshi Takashima, Takahiro Tanaka, Kimio Tsubono, Jun'ichi Yokoyama, Kazuhiro Agatsuma, Koh-suke Aoyanagi, Koji Arai, Akito Araya, Naoki Aritomi, Hideki Asada, Yoichi Aso, Dan Chen, Takeshi Chiba, Toshikazu Ebisuzaki, Satoshi Eguchi, Yumiko Ejiri, Motohiro Enoki, Yoshiharu Eriguchi, Masa-Katsu Fujimoto, Ryuichi Fujita, Mitsuhiro Fukushima, Toshifumi Futamase, Rina Gondo, Tomohiro Harada, Tatsuaki Hashimoto, Kazuhiro Hayama, Wataru Hikida, Yoshiaki Himemoto, Hisashi Hirabayashi, Takashi Hiramatsu, Feng-Lei Hong, Hideyuki Horisawa, Mizuhiko Hosokawa, Kiyotomo Ichiki, Takeshi Ikegami, Kaiki T. Inoue, Hideki Ishihara, Takehiko Ishikawa, Hideharu Ishizaki, Hiroyuki Ito, Yousuke Itoh, Kiwamu Izumi, Shinya Kanemura, Nobuki Kawashima, Fumiko Kawazoe, Naoko Kishimoto, Kenta Kiuchi, Shiho Kobayashi, Kazunori Kohri, Hiroyuki Koizumi, Yasufumi Kojima, Keiko Kokeyama, Wataru Kokuyama, Kei Kotake, Yoshihide Kozai, Hiroo Kunimori, Hitoshi Kuninaka, Kazuaki Kuroda, Sachiko Kuroyanagi, Kei-ichi Maeda, Hideo Matsuhara, Nobuyuki Matsumoto, Yuta Michimura, Osamu Miyakawa, Umpei Miyamoto, Shinji Miyoki, Mutsuko Y. Morimoto, Toshiyuki Morisawa, Shigenori Moriwaki, Shinji Mukohyama, Shigeo Nagano, Kouji Nakamura, Hiroyuki Nakano, Kenichi Nakao, Shinichi Nakasuka, Yoshinori Nakayama, Erina Nishida, Atsushi Nishizawa, Yoshito Niwa, Taiga Noumi, Yoshiyuki Obuchi, Naoko Ohishi, Masashi Ohkawa, Kenshi Okada, Norio Okada, Koki Okutomi, Kenichi Oohara, Norichika Sago, Motoyuki Saijo, Ryo Saito, Masaaki Sakagami, Shin-ichiro Sakai, Shihori Sakata, Misao Sasaki, Takashi Sato, Masaru Shibata, Kazunori Shibata, Ayumi Shimo-oku, Hisaaki Shinkai, Ayaka Shoda, Kentaro Somiya, Hajime Sotani, Aru Suemasa, Naoshi Sugiyama, Yudai Suwa, Rieko Suzuki, Hideyuki Tagoshi, Fuminobu Takahashi, Kakeru Takahashi, Keitaro Takahashi, Ryutaro Takahashi, Ryuichi Takahashi, Hirotaka Takahashi, Takamori Akiteru, Tadashi Takano, Nobuyuki Tanaka, Keisuke Taniguchi, Atsushi Taruya, Hiroyuki Tashiro, Yasuo Torii, Morio Toyoshima, Shinji Tsujikawa, Akitoshi Ueda, Ken-ichi Ueda, Takafumi Ushiba, Masayoshi Utashima, Yaka Wakabayashi, Kent Yagi, Kazuhiro Yamamoto, Toshitaka Yamazaki, Chul-Moon Yoo, Shijun Yoshida, Taizoh Yoshino

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS D ( WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD )  28 ( 12 )   2019年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    DECi-hertz Interferometer Gravitational-wave Observatory (DECIGO) is a future Japanese space gravitational-wave antenna. The most important objective of DECIGO, among various sciences to be aimed at, is to detect gravitational waves coming from the inflation of the universe. DECIGO consists of four clusters of spacecraft, and each cluster consists of three spacecraft with three Pabry-Perot Michelson interferometers. As a pathfinder mission of DECIGO, B-DECIGO will be launched, hopefully in the 2020s, to demonstrate technologies necessary for DECIGO as well as to lead to fruitful multimessenger astronomy. B-DECIGO is a small-scale or simpler version of DECIGO with the sensitivity slightly worse than that of DECIGO, yet good enough to provide frequent detection of gravitational waves.

  • Revisiting the Lower Bound on Tidal Deformability Derived by AT 2017gfo

    Kenta Kiuchi, Koutarou Kyutoku, Masaru Shibata, Keisuke Taniguchi

    Astrophysical Journal Letters ( Astrophysical Journal Letters )  876 ( 2 ) L31-1 - L31-6   2019年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 相対論と宇宙の事典

    安東 正樹, 白水 徹也, 浅田 秀樹, 石橋 明浩, 小林 努, 真貝 寿明, 早田 次郎, 谷口 敬介 ( 担当: 共編著 )

    朝倉書店  2020年06月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • Location of the innermost stable circular orbit of binary neutron stars in the post Newtonian approximations of general relativity

    Shibata M, Taniguchi K, Nakamura T

    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT   ( 128 ) 295 - 333   1997年

     

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 磁場と内部構造を持つ連星中性子星の一般相対論的準平衡解

    基盤研究(C)

    課題番号: 21K03556

    研究期間: 2021年04月  -  2024年03月 

    代表者: 谷口 敬介 

    直接経費: 2,700,000(円)  間接経費: 810,000(円)  金額合計: 3,510,000(円)

  • 内部状態を考慮に入れた中性子星を含むコンパクト連星の研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K05447

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月 

    代表者: 谷口 敬介 

    直接経費: 3,400,000(円)  間接経費: 1,020,000(円)  金額合計: 4,420,000(円)

  • コンパクト連星の相対論的準平衡解に関する数値的研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 26400267

    研究期間: 2014年04月  -  2017年03月 

    代表者: 谷口 敬介 

    直接経費: 3,500,000(円)  間接経費: 1,050,000(円)  金額合計: 4,550,000(円)

     概要を見る

    コンパクト連星は軌道運動を行うことで重力波を放出し、徐々に連星間距離を縮め、最終的には合体する。その連星進化の過程には、重力波放出による軌道収縮時間が軌道周期よりも十分長く、準平衡とみなせる段階が存在する。本研究では、その様な段階で今までよりも精度の良い結果を得ることができる数値計算コードの開発をスペクトル法を使って行った。まず、スペクトル展開を行うコードを開発し、その精度を確認した後、コンパクト連星の準平衡解を求めるのに必要不可欠な部分であるポアソン型の方程式を解くコードの実装を、双球座標を用いて行った。

  • ブラックホール-中性子星連星における一般相対論的準平衡解の数値的研究

    研究活動スタート支援

    課題番号: 22840010

    研究期間: 2010年  -  2011年 

    代表者: 谷口 敬介 

    直接経費: 2,400,000(円)  間接経費: 720,000(円)  金額合計: 3,120,000(円)

     概要を見る

    ブラックホールと中性子星で構成された連星系は、ブラックホールと中性子星が互いの周りを回る軌道運動を行なうことで重力波を放出し、定常状態を保つことができない。しかし、重力波放出による軌道収縮時間が軌道周期よりもずっと長く、準平衡とみなせる状態が存在する。本研究では、その様な一般相対論的準平衡解を求めるための数値計算コードを開発した。特に、ブラックホール-中性子星連星内でブラックホールの高速自転を実現する手法を開発した。

  • 連星中性子星における一般相対論的準平衡形状の数値的研究

    特別研究員奨励費

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2002年  -  2004年 

    代表者: 谷口 敬介 

    直接経費: 3,900,000(円)  金額合計: 3,900,000(円)

     概要を見る

    連星中性子星の準定常段階において、アインシュタイン方程式を解いて連星系の時間発展を数値的に追う事により、軌道収縮速度や放出される重力波を求める事が、本研究の最終目的である。この状況は、重力波放出による軌道収縮時間が軌道周期よりも十分長く、連星系が徐々に進化していくと近似できる。従って、連星系を直接時間発展させずに、連星中性子星のバリオン質量を固定した上で、いろいろな連星間距離での平衡解を求めて系列を構成する事により、連星系の進化をモデル化することができる。 本研究では、中性子星の状態方程式として原子核物理学から導かれたモデルを採用し、連星間距離が離れている時から合体直前までの系列を数値的に求めた。この様に、現実的な状態方程式を使って連星中性子星の準平衡解系列を求めたのは、本研究が世界初である。得られた結果の内、連星系の結合エネルギーについては、連星間距離が離れているときは3次のポスト・ニュートン近似によって求められた結果と良く一致していることが挙げられる。これは、中性子星の表面近くに「クラスト」と呼ばれる状態方程式的に軟らかい部分が存在し、中性子星が潮汐変形しにくくなっているためであると解釈できる。また、連星間距離が近付いてくると、中性子星の中心部分に存在する「コア」と呼ばれる状態方程式的に硬い部分の影響で、3次のポスト・ニュートン近似の結果から、ポリトロープ型の状態方程式の場合と比べて急激に離れていくことが判った。

全件表示 >>