石田 明夫 (イシダ アキオ)

ISHIDA Akio

写真a

科研費研究者番号

10343378

研究室住所

〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町上原207番地

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-2360

研究室FAX

098-895-1416

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  医学博士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年
    -
    2000年

      オックスフォード大学  

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

      琉球大学 医学部附属病院 助教  

  • 2020年07月
    -
    継続中

      琉球大学 大学院医学研究科  

  • 2020年07月
    -
    継続中

      琉球大学大学院医学研究科 循環器・腎臓・神経内科学講座 准教授  

  • 2022年04月
    -
    継続中

      琉球大学病院 診療教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本高血圧学会

  •  
     
     
     

    日本腎臓病学会

  •  
     
     
     

    日本循環器学会

  •  
     
     
     

    日本内科学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • cell therapy

  • 動脈硬化,生活習慣病,末梢動脈疾患,再生治療

  • 高血圧

  • 腎臓病

  • peripheral artery disease

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

  • ライフサイエンス / 内科学一般

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

全件表示 >>

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 動脈硬化発症のメカニズム

  • 血管内皮前駆細胞の機能解析

論文 【 表示 / 非表示

  • Urate-lowering drugs for chronic kidney disease with asymptomatic hyperuricemia and hypertension: a randomized trial.

    Kohagura K, Satoh A, Kochi M, Nakamura T, Zamami R, Tana T, Kinjyo K, Funakoshi R, Yamazato M, Ishida A, Sakima A, Iseki K, Arima H, Ohya Y

    Journal of hypertension ( Journal of Hypertension )  41 ( 9 ) 1420 - 1428   2023年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • The Association of Smoking and Hyperuricemia with Renal Arteriolosclerosis in IgA Nephropathy.

    Shinzato Y, Zamami R, Oshiro N, Nakamura T, Ishida A, Ohya Y, Kohagura K

    Biomedicines   11 ( 7 )   2023年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Achievement rate of target blood pressure in patients with hypertension treated by hypertension specialists and non-specialists in a real-world setting.

    Sakima A, Yamazato M, Kohagura K, Ishida A, Matayoshi T, Tana T, Nakamura Y, Ohya Y

    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension ( Hypertension Research )    2023年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Association between visceral fat mass and arterial stiffness among community-based screening participants.

    Ishida A, Taira H, Shinzato T, Ohya Y

    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension ( Hypertension Research )    2023年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Acquired factor V inhibitor with erythema and eosinophilia in a patient with end-stage renal disease.

    Katsuren E, Kohagura K, Kinjyo T, Zamami R, Nakamura T, Oshiro N, Sunagawa Y, Omine K, Kudo Y, Shinzato Y, Osaki T, Souri M, Ichinose A, Yamazato M, Ishida A, Ohya Y

    CEN case reports ( CEN case reports )  12 ( 1 ) 91 - 97   2023年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Autoimmune factor V deficiency (AiFVD) is a rare bleeding disorder caused by factor V inhibitors. In this report, we present the case of an 89-year-old man who developed bleeding tendency during surgery to create arteriovenous fistula for hemodialysis. The bleeding tendency developed with prolongation of activated partial thromboplastin and prothrombin time, following drug-induced eruption and eosinophilia. Significant reduction in coagulation factor activity and inhibitory pattern in cross-mixing tests suggested the presence of inhibitors to coagulation factors. Subsequently, we detected a factor V inhibitor and anti-factor V autoantibodies was confirmed using enzyme-linked immunosorbent assay with purified human plasma factor V. Thus, the patient was 'definitely diagnosed' with AiFVD in accordance with the diagnostic criteria enacted by the Japanese Ministry of Health, Labor, and Welfare. The bleeding tendency improved after initiating oral prednisolone 50 mg (1 mg/kg) followed by normalization of activated partial thromboplastin time and prothrombin time at the 34th day. After improving the coagulation system prolongation, the inhibitor and autoantibodies has been eradicated. Since it is suggested that drug-induced immune response can cause AiFVD, AiFVD should be considered in patients who undergo hemodialysis and develop failure of hemostasis and drug-induced eruption.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Family dynamics and memories in Kenyan villages

    Gîchere Njûgûna, Mûgambi Mwithimbû S. A, 石田 慎一郎 ( 担当: 単著 )

    National Museums of Kenya  2020年

  • 動脈硬化診療のすべて

    磯部, 光章, 竹本, 稔, 前嶋, 康浩, 弓倉, 整, 横手, 幸太郎, 渡邉, 善則 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 血圧測定とその評価 )

    日本医師会,南江堂(発売)  2019年11月 ( ページ数: 373p )

  • 降圧薬による新規糖尿病発症は心血管イベントを増加させるか

    石田明夫, 瀧下修一 ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  2007年 ( 担当ページ: p.6 )

  • 成人病と生活習慣病

    石田明夫, 瀧下修一 ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  2004年03月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 大血管症 (特集 糖尿病診療の最前線) -- (糖尿病の合併症)

    池宮城 秀一, 石田 明夫, 大屋 祐輔

    臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine ( 大道学館出版部 )  98 ( 1 ) 40 - 44   2021年01月

     

  • ベリムマブが有効であった全身性エリテマトーデスによる間質性肺炎の一例

    金城 武士, 石田 明夫, 藤田 次郎

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 ( 日本臨床免疫学会 )  47回   130 - 130   2019年10月

     

  • パルボウィルス感染に伴うSLE様病態と鑑別を要したループス腎炎の一例

    平良浩菜, 大城菜々子, 大嶺久美子, 砂川祥頌, 中村卓人, 金城孝典, 山里正演, 石田明夫, 古波蔵健太郎, 大屋祐輔

    日本腎臓学会誌 ( (一社)日本腎臓学会 )  61 ( 6 ) 897 - 897   2019年08月

     

    J-GLOBAL

  • 巣状分節性糸球体硬化症を発症した高齢者に、LDLアフェレーシスを併用した1例

    砂川 祥頌, 座間味 亮, 大城 菜々子, 大嶺 久美子, 平良 浩菜, 中村 卓人, 金城 興次郎, 金城 孝典, 恒吉 章治, 相澤 直輝, 山里 正演, 石田 明夫, 古波蔵 健太郎, 大屋 祐輔

    日本透析医学会雑誌 ( (一社)日本透析医学会 )  52 ( Suppl.1 ) 630 - 630   2019年05月

     

    J-GLOBAL

  • 非ネフローゼ性慢性腎臓病における腎内レニンアンジオテンシン系に関連する因子

    平良 浩菜, 古波蔵 健太郎, 宮城 剛志, 大城 菜々子, 大嶺 久美子, 砂川 祥頌, 中村 卓人, 座間味 亮, 金城 孝典, 山里 正演, 石田 明夫, 大屋 祐輔

    日本腎臓学会誌 ( (一社)日本腎臓学会 )  61 ( 3 ) 367 - 367   2019年05月

     

    J-GLOBAL

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究業績評価 医学研究科長賞

    2022年04月   令和3年度 琉球大学大学院医学研究科  

    受賞者: ■■■

  • Accommodation Grant Award

    2016年   第26回 国際高血圧学会  

    受賞者: ■■■

  • 研究・教育業績評価 優秀賞

    2016年   平成28年度 琉球大学医学研究科  

    受賞者: ■■■

  • ベストポスター

    2015年   欧州心臓病学会2015  

    受賞者: ■■■

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 血管内皮前駆細胞の増殖・分化における活性酸素の役割

    若手研究(B)

    課題番号: 16790423

    研究期間: 2005年  -  2005年 

    代表者: 石田 明夫 

    直接経費: 1,100,000(円)  金額合計: 1,100,000(円)

  • -

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 1900年01月  -  1900年01月 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 骨髄由来細胞のパラクライン作用

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 1900年01月  -  1900年01月 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 血管内皮前駆細胞の機能解析

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 1900年01月  -  1900年01月 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 動脈硬化発症のメカニズム

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 1900年01月  -  1900年01月 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

全件表示 >>