石田 明夫 (イシダ アキオ)

ISHIDA Akio

写真a

科研費研究者番号

10343378

研究室住所

〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町上原207番地

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-2360

研究室FAX

098-895-1416

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  医学博士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年
    -
    1999年

      国立循環器病センター研究所  

  • 1999年
    -
    2000年

      オックスフォード大学  

  • 2001年
    -
    2007年

       

  • 2007年
    -
    2012年

       

  • 2007年04月
     
     

      - , University of the Ryukyus, Faculty of Medicine, University Hospital, Research Associate  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本高血圧学会

  •  
     
     
     

    日本腎臓病学会

  •  
     
     
     

    日本循環器学会

  •  
     
     
     

    日本内科学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 動脈硬化,生活習慣病,末梢動脈疾患,再生治療

  • 高血圧

  • 腎臓病

  • peripheral artery disease

  • cell therapy

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

  • ライフサイエンス / 内科学一般

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

  • ライフサイエンス / 内科学一般

全件表示 >>

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 動脈硬化発症のメカニズム

  • 血管内皮前駆細胞の機能解析

論文 【 表示 / 非表示

  • A high normal ankle-brachial index is associated with biopsy-proven severe renal small artery intimal thickening and impaired renal function in chronic kidney disease.

    Zamami R, Ishida A, Miyagi T, Yamazato M, Kohagura K, Ohya Y

    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension ( Hypertension Research )  43 ( 9 ) 929 - 937   2020年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    A significant relationship has been established between central hemodynamics and renal microvascular damage. We hypothesized that the increase in the ankle-brachial index (ABI) with age is due to increased arterial stiffness and wave reflection and is thus associated with the pathogenesis of the renal small artery in patients with chronic kidney disease (CKD). We recruited 122 patients with CKD (stages 1-5) who underwent renal biopsy and ABI measurements between 2010 and 2013. Renal small artery intimal thickening (SA-IT) severity was assessed by semiquantitative grading. The median age was 47 years, with a range of 15-86 years (47% women). The median estimated glomerular filtration rate (eGFR) was 62 mL/min/1.73 m2. Compared with patients with the lowest 1-3 SA-IT index quartile, those with the highest quartile of the SA-IT index were older in age had higher mean arterial pressure, ABI, brachial-ankle pulse wave velocity, and lower eGFR. ABI was positively associated with SA-IT severity and inversely associated with eGFR. Multivariate logistic regression analyses showed that ABI was significantly associated with the highest quartile of the SA-IT index (odds ratio per SD increase in ABI, 1.83; 95% confidence interval, 1.08-3.26) and low eGFR (<60 mL/min/1.73 m2) (odds ratio per SD increase in ABI, 1.74; 95% confidence interval, 1.03-3.03). In conclusion, a high normal ABI was associated with severe renal small artery intimal thickening and low eGFR in patients with CKD.

  • Incidental detection of Corynebacterium jeikeium endocarditis via regular blood examination in an afebrile hemodialysis patient.

    Oshiro N, Kohagura K, Zamami R, Omine K, Sunagawa Y, Taira H, Kinjyo K, Nakamura T, Kinjo T, Yamazato M, Ishida A, Ohya Y

    CEN case reports ( CEN case reports )  9 ( 3 ) 220 - 224   2020年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Herein, we describe a rare case of Corynebacterium jeikeium endocarditis that silently progressed in a 65-year-old man undergoing hemodialysis. Because routine monthly blood examination revealed high C-reactive protein levels, blood cultures were collected, although he had no symptom and was afebrile. After 2 days, a Gram-positive rod was detected in one set of the blood culture. Furthermore, transthoracic echocardiography revealed new aortic regurgitation (AR) and vegetations, and, therefore, infective endocarditis was suspected. Transesophageal echocardiography showed vegetations with a maximum diameter of 8 mm on his aortic valve, with some valve destruction. C. jeikeium was identified in three sets of blood cultures. Administration of daptomycin was started because he had vancomycin allergy. Judging from the high risk of embolization due to vegetations, emergency aortic valve replacement was performed on the second day. C. jeikeium was detected in a resected cardiac valve specimen and blood. This case emphasizes that physicians should always consider the possibility of infective endocarditis even in hemodialysis patients without any symptoms.

  • 骨髄由来細胞の脳室内自家移植はアンジオテンシンII持続投与による血圧上昇を抑制する

    山里 正演, 石田 明夫, 山里 代利子, 中村 卓人, 大屋 祐輔

    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 ( (NPO)日本高血圧学会 )  42回   222 - 222   2019年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • Association between high-normal ankle-brachial index and hypertension incidence: the Okinawa Peripheral Arterial Disease Study.

    Ishida A, Kinjo K, Maeda T, Ohya Y

    Journal of hypertension ( Journal of hypertension )  37 ( 5 ) 935 - 941   2019年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 腎生検で治療方針を決定しえた比較的若年発症の悪性高血圧3症例

    平良 浩菜, 山里 正演, 石田 明夫, 大城 菜々子, 大嶺 久美子, 砂川 祥頌, 中村 卓人, 金城 興次郎, 座間味 亮, 金城 孝典, 古波蔵 健太郎, 大屋 祐輔

    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 ( (NPO)日本高血圧学会 )  8回   202 - 202   2019年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Family dynamics and memories in Kenyan villages

    Gîchere Njûgûna, Mûgambi Mwithimbû S. A, 石田 慎一郎 ( 担当: 単著 )

    National Museums of Kenya  2020年

  • 動脈硬化診療のすべて

    磯部, 光章, 竹本, 稔, 前嶋, 康浩, 弓倉, 整, 横手, 幸太郎, 渡邉, 善則 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 血圧測定とその評価 )

    日本医師会,南江堂(発売)  2019年11月 ( ページ数: 373p )

  • 降圧薬による新規糖尿病発症は心血管イベントを増加させるか

    石田明夫, 瀧下修一 ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  2007年 ( 担当ページ: p.6 )

  • 成人病と生活習慣病

    石田明夫, 瀧下修一 ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  2004年03月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • パルボウィルス感染に伴うSLE様病態と鑑別を要したループス腎炎の一例

    平良浩菜, 大城菜々子, 大嶺久美子, 砂川祥頌, 中村卓人, 金城孝典, 山里正演, 石田明夫, 古波蔵健太郎, 大屋祐輔

    日本腎臓学会誌 ( (一社)日本腎臓学会 )  61 ( 6 ) 897 - 897   2019年08月

     

    J-GLOBAL

  • 巣状分節性糸球体硬化症を発症した高齢者に、LDLアフェレーシスを併用した1例

    砂川 祥頌, 座間味 亮, 大城 菜々子, 大嶺 久美子, 平良 浩菜, 中村 卓人, 金城 興次郎, 金城 孝典, 恒吉 章治, 相澤 直輝, 山里 正演, 石田 明夫, 古波蔵 健太郎, 大屋 祐輔

    日本透析医学会雑誌 ( (一社)日本透析医学会 )  52 ( Suppl.1 ) 630 - 630   2019年05月

     

    J-GLOBAL

  • 非ネフローゼ性慢性腎臓病における腎内レニンアンジオテンシン系に関連する因子

    平良 浩菜, 古波蔵 健太郎, 宮城 剛志, 大城 菜々子, 大嶺 久美子, 砂川 祥頌, 中村 卓人, 座間味 亮, 金城 孝典, 山里 正演, 石田 明夫, 大屋 祐輔

    日本腎臓学会誌 ( (一社)日本腎臓学会 )  61 ( 3 ) 367 - 367   2019年05月

     

    J-GLOBAL

  • 外来通院中高血圧患者におけるカリウム摂取状況の調査

    高橋 信之介, 仲程 舞衣, 中村 卓人, 石田 明夫, 山里 正演, 古波蔵 健太郎, 大屋 祐輔

    琉球医学会誌 ( 琉球医学会 )  37 ( 1-4 ) 132 - 132   2018年12月

     

  • 外来通院中の高齢高血圧者における推定塩分摂取量と血圧のコントロール状況

    山里 正演, 崎間 敦, 田名 毅, 中村 義人, 石田 明夫, 古波蔵 健太郎, 大屋 祐輔

    日本老年医学会雑誌 ( (一社)日本老年医学会 )  55 ( 4 ) 725 - 726   2018年10月

     

    J-GLOBAL

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Accommodation Grant Award

    2016年   第26回 国際高血圧学会  

    受賞者: ■■■

  • 研究・教育業績評価 優秀賞

    2016年   平成28年度 琉球大学医学研究科  

    受賞者: ■■■

  • ベストポスター

    2015年   欧州心臓病学会2015  

    受賞者: ■■■

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 血管内皮前駆細胞の増殖・分化における活性酸素の役割

    若手研究(B)

    課題番号: 16790423

    研究期間: 2005年  -  2005年 

    代表者: 石田 明夫 

    直接経費: 1,100,000(円)  金額合計: 1,100,000(円)

  • -

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 1900年01月  -  1900年01月 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 動脈硬化発症のメカニズム

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 1900年01月  -  1900年01月 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • -

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 1900年01月  -  1900年01月 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • -

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 1900年01月  -  1900年01月 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

全件表示 >>