今井 秀行 (イマイ ヒデユキ)

Imai Hideyuki

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

10359987

ホームページ

http://imailabo.web.fc2.com

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   海洋自然科学科   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    東海大学  海洋学研究科  水産学専攻再入学  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東海大学 -  博士(水産学)  水産学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年12月
    -
    2002年03月

      財団法人海外漁業協力財団 技術協力部 開発協力課 資源専門家  

  • 2002年10月
    -
    2006年03月

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 海洋生物生産学大講座 助手  

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 進化・生態学大講座 助教授  

  • 2007年04月
    -
    継続中

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 海洋生物生産学大講座 准教授  

  • 2009年10月
    -
    2010年03月

      宮崎大学 農学部 非常勤講師  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    沖縄生物学会

  •  
     
     
     

    水産育種研究会

  •  
     
     
     

    日本甲殻類学会

  •  
     
     
     

    日本生物地理学会

  •  
     
     
     

    日本水産学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • その他 / その他

  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • フォークリフト運転技能者

  • 車両系建設機械運転技能講習

  • 有機溶剤作業主任者技能講習

  • 特定品目毒物劇物取扱者

  • 一級小型船舶操縦

全件表示 >>

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 深海性フエダイ類仔魚の分子同定

  • 魚介類の分子集団遺伝学的研究

  • ドブガイ類の分類学的再検討

  • 水生動物の遺伝的管理のための分子集団遺伝学的研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Molecular ecology of the fiddler crab Austruca perplexa (H. Milne Edward 1852): genetic divergence along a major biogeographical barrier, Wallace’s Line

    Eko Hardianto, Diah Permata Wijayanti, Jhy-Yun Shy, Peter Mather, Jane Hughes, Hideyuki Imai (担当範囲: 計画立案,共同執筆,資金調達)

    Biological Journal of the Linnean Society ( The Linnean Society of London )  135   2022年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

    関連する研究費コード: JP17K07918

     概要を見る

    Patterns of genetic diversity and population structure in then fiddler crab, Austruca perplexa were assessed to develop a better understanding of this species’ evolutionary history. Nucleotide sequence analysis was performed from a PCR amplified fragment of mtDNA control region. A 691 bp nucleotide sequence was obtained from 618 specimens collected from thirteen sites across Japan, Taiwan, the Philippines, Indonesia, and Australia. Haplotype diversity ranged from 0.8 to 0.99, while nucleotide diversity values were lower (range: 0.30–1.9%) than those reported previously for other crustacean taxa. Gene flow was evident between populations in Japan and western Indonesia, while gene flow was absent between all other populations including eastern Indonesia. This pattern conforms to that in observed in many other marine taxa across the major biogeographical region referred to as, Wallacea. FST and FST P-values were high and significant among many sites inferring that gene flow is restricted among most of the geographical regions sampled here. We hypothesis that physical oceanic barriers coupled with a short pelagic larval stage duration is responsible for creating the patterns we report. Strong evidence for population structure in a species that has relatively high dispersal potential, that results in among population differentiation is a potential driver of evolutionary novelty. Results here provide a foundation for developing better conservation strategies for this widespread intertidal species in the future.

  • 分子系統樹解析による沖縄島近海産シガテラ原因魚種判別法

    大城 聡子, 角 拓人, 今井 秀行

    日本水産学会誌 ( 公益社団法人 日本水産学会 )  88 ( 4 ) 271 - 283   2022年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p> 沖縄県内で発生しているシガテラの原因検体から,分子系統解析による魚種の種判別を目的とした。沖縄島および周辺離島海域で漁獲されたシガテラの主な原因魚種であるバラハタ,イッテンフエダイ,バラフエダイとそれらに類似した形態をもつ5種を収集した。証拠標本として種毎に1個体は博物館相当施設に収蔵された。さらに沖縄衛環研へ搬入されたシガテラの原因検体からDNA抽出し,16S rDNAによる分子系統樹解析を行った。その結果,シガテラ原因検体の種判別に成功し,証拠標本に基づく分子系統樹判別の有効性が確認された。</p>

  • Molecular ecology of a shallow water shrimp, <i>Acetes sibogae sibogae</i> Hansen 1919: evidence for strongly limited gene flow across the western Pacific

    Hardianto E, Fukuchi J, Hanamura Y, Wijayanti PD, Sabdono A, Imai H

    Marine Ecology   43   e12695   2022年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of human clinical and environmental Leptospira to elucidate the eco-epidemiology of leptospirosis in Yaeyama, subtropical Japan.

    Sato Y, Hermawan I, Kakita T, Okano S, Imai H, Nagai H, Kimura R, Yamashiro T, Kajita T, Toma C

    PLoS neglected tropical diseases ( PLoS Neglected Tropical Diseases )  16 ( 3 ) e0010234 - e0010234   2022年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Background Leptospirosis, a zoonosis caused by species in the spirochete genus Leptospira, is endemic to the Yaeyama region in Okinawa, subtropical Japan. Species of the P1 subclade “virulent” group, within the genus Leptospira, are the main etiological agents of leptospirosis in Okinawa. However, their environmental persistence is poorly understood. This study used a combination of bacterial isolation and environmental DNA (eDNA) metabarcoding methods to understand the eco-epidemiology of leptospirosis in this endemic region. Findings Polymerase chain reaction (PCR) characterized twelve human clinical L. interrogans isolates belonging to the P1 subclade “virulent” subgroup and 11 environmental soil isolates of the P1subclade “low virulent” subgroup (genetically related to L. kmetyi, n = 1; L. alstonii, n = 4; L. barantonii, n = 6) from the Yaeyama region targeting four virulence-related genes (lipL32, ligA, ligB and lpxD1). Clinical isolates were PCR positive for at least three targeted genes, while all environmental isolates were positive only for lipL32. Analysis of infected renal epithelial cells with selected clinical and environmental strains, revealed the disassembly of cell-cell junctions for the Hebdomadis clinical strain serogroup. Comparison of leptospiral eDNA during winter and summer identified operational taxonomic units corresponding to the species isolated from soil samples (L. kmetyi and L. barantonii) and additional P2 subclade species (L. licerasiae, L. wolffii-related, among others) that were not detected by soil cultivation. Total Leptospira read counts were higher in summer than in winter and the analysis of leptospiral/animal eDNA relationship suggested Rattus spp. as a potential reservoir animal. Conclusion Our study demonstrated high environmental Leptospira diversity in the Yaeyama region, particularly during summer, when most of the leptospirosis cases are reported. In addition, several Leptospira species with pathogenic potential were identified that have not yet been reported in Yaeyama; however, the environmental persistence of P1 subclade species previously isolated from human clinical cases in this region was absent, suggesting the need of further methodology development and surveillance.

  • 沖縄島から初記録された侵略的外来淡水エビのカワリヌマエビ類

    永井 大翔, 今井 秀行

    日本生物地理学会会報   76   51 - 57   2021年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 琉球列島の内湾・干潟の動物の多様性ーカニの話を中心にー

    今井秀行 ( 担当: 単著 )

    その他の出版機関  2006年07月

  • ワタリガニ科Portunidae. 西田睦・鹿谷法一・諸喜田茂充編著、琉球列島の陸水生物、

    大城信弘,今井秀行 ( 担当: 共著 )

    東海大学出版会  2003年03月

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度マチ類の集団遺伝構造解明に関する委託研究

    研究費種類: 地方自治体  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2016年  -  2016年 

    代表者: 研究代表者  資金配分機関: 沖縄県

    金額合計: 2,490,000(円)

  • 平成27年度マチ類の集団遺伝構造解明に関する委託研究

    研究費種類: 地方自治体  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2015年  -  2015年 

    代表者: 研究代表者  資金配分機関: 沖縄県

    金額合計: 2,490,000(円)

  • 水産重要魚類の生活史と遺伝的集団構造の解明

    研究費種類: 地方自治体  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2012年  -  2014年 

    代表者: 研究分担者  資金配分機関: 沖縄県

    金額合計: 9,000,000(円)

  • 沖縄地方に来遊するアイゴ科魚類の遺伝的多様性維持機構の解明

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2010年  -  2010年 

    代表者: 研究代表者  資金配分機関: 琉球大学若手研究者支援研究費

    金額合計: 1,000,000(円)

  • 亜熱帯島嶼域における統合的沿岸・流域・森林管理に関する研究推進事業(流域管理に関する研究)

    研究費種類: 地方自治体  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2007年  -  2008年 

    代表者: 研究代表者  資金配分機関: 沖縄県

    金額合計: 4,000,000(円)

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • アオリイカ類の種類

    研究期間: 2013年  -  2013年 

    代表者: 研究代表者  資金配分機関: 岡部株式会社

    金額合計: 100,000(円)

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 遺伝的多様性保有量

  • 魚介類の遺伝的集団構造(地域ブランド化)

  • 稚仔魚の分子同定

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 水圏動物の保護や資源管理のための繁殖集団もしくは系統群の識別,ナーサリーエリア調査のための幼稚仔のDNA同定などの研究

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子解析の基礎技術研修

    沖縄県立総合教育センター  平成30年度夏期短期研修「高等学校生物実習」講座 

    2018年08月
     
     

  • 沖縄県国営沖縄記念公園内施設(海洋博覧会地区内施設)に係る指定管理者制度運用委員会委員

    沖縄県知事 

    2018年07月
    -
    継続中

  • 国営土地改良事業等再評価技術検討会委員

    内閣府沖縄総合事務局長 

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 沖縄の沿岸の生き物

    琉球大学学生部教務課教員免許状更新講習実施室 

    2016年07月
     
     

  • 沖縄の沿岸の生き物

    琉球大学学生部教務課教員免許状更新講習実施室 

    2012年08月
     
     

全件表示 >>