益崎 裕章 (マスザキ ヒロアキ)

Masuzaki Hiroaki

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

00291899

ホームページ

https://www.ryudai2nai.com/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年

    京都大学   医学部   医学科   卒業

  •  
    -
    1989年

    京都大学   医学部   卒業

  •  
    -
    1989年03月

    京都大学   医学部   医学科   卒業

  •  
    -
    1996年

    京都大学   医学研究科   卒業

  •  
    -
    1996年

    京都大学   Graduate School, Division of Medicine   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1996年03月

    京都大学  医学研究科  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
     
     

    ハーバード大学 医学部 招聘博士研究員、 客員助教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  医学博士(分子医学)  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
     
     

      京都大学 医学部 第二内科 医員  

  • 1996年04月
     
     

      - ,  

  • 1996年04月
     
     

      京都大学 医学部 第二内科 医員  

  • 1999年10月
     
     

      - , 京都大学 医学部 内分泌代謝内科 文部科学教官・助手  

  • 1999年10月
     
     

      - ,  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本肥満学会   常務理事、評議員、若手研究奨励賞評価委員、「肥満研究」編集委員、「肥満研究」公式レフェリー、年次学術集会一般演題選定委員

  •  
     
     
     

    日本動脈硬化学会   評議員、指導医

  •  
     
     
     

    日本内分泌学会   筆頭理事、評議員、代議員、Endocrine Journal公式レフェリー、九州支部評議員、内分泌代謝科 専門医試験 専門委員、年次学術集会一般演題選定委員、最優秀指導者賞選考委員会 専門委員

  •  
     
     
     

    日本臨床分子医学会   評議員

  •  
     
     
     

    日本神経内分泌学会   評議員

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 肥満,糖尿病,生活習慣病,メタボリックシンドローム

  • 肥満

  • 糖尿病

  • 生活習慣病

  • メタボリックシンドローム

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 膠原病、アレルギー内科学

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ライフサイエンス / 内科学一般

  • ライフサイエンス / 医療薬学

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ヒトはなぜ太ってしまうのか?-沖縄クライシスから幸せな長寿社会 復興の道を拓く試み-

論文 【 表示 / 非表示

  • Role of perirenal adiposity in renal dysfunction among CKD individuals with or without diabetes: a Japanese cross-sectional study.

    Kono T, Maimaituxun G, Tanabe H, Higa M, Saito H, Tanaka K, Masuzaki H, Sata M, Kazama JJ, Shimabukuro M

    BMJ open diabetes research & care ( BMJ Open Diabetes Research and Care )  12 ( 2 )   2024年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    INTRODUCTION: It remains unclear whether increased perirenal fat (PRF) accumulation is equally related to renal involvement in patients with and without diabetes mellitus (DM). We evaluated the association between PRF volume (PRFV) and low glomerular filtration rate (GFR) and proteinuria in people with or without type 2 diabetes mellitus (T2DM). RESEARCH DESIGN AND METHODS: We performed a cross-sectional analysis of 473 individuals without T2DM (non-DM, n=202) and with T2DM (DM, n=271). PRFV (cm3), obtained from non-contrast CT, was indexed as PRF index (PRFV/body surface area, cm3/m2). Multivariate-adjusted models were used to determine the ORs of PRFV and PRFV index for detecting estimated GFR (eGFR) decrease of <60 mL/min/1.73 m2 proteinuria onset, or both. RESULTS: Although body mass index (BMI), visceral fat area, and waist circumference were comparable between the non-DM and DM groups, kidney volume, PRFV, and PRFV index were higher in individuals with T2DM than in those without T2DM. In the multivariate analysis, after adjusting for age, sex, BMI, hypertension, smoking history, and visceral fat area ≥100 cm2, the cut-off values of PRFV index were associated with an eGFR<60 in individuals with DM (OR 6.01, 95% CI 2.20 to 16.4, p<0.001) but not in those without DM. CONCLUSIONS: PRFV is associated with low eGFR in patients with T2DM but not in those without T2DM. This suggests that PRF accumulation is more closely related to the onset and progression of diabetic kidney disease (DKD) than non-DKD. Clarifying the mechanisms through which PRF influences DKD development could pave the way for novel prevention and treatment strategies.

  • Impact of coronavirus disease 2019 on medical practice in endocrine and metabolic diseases in Japan: a nationwide surveillance study conducted by the Japan Endocrine Society.

    Manaka K, Kato S, Sakamoto R, Yamakage H, Uema T, Kawai S, Shibata M, Hiratsuka I, Nakachi S, Onoue T, Tsuchiya T, Fukui M, Hashimoto K, Suzuki A, Makita N, Ogawa Y, Arima H, Satoh-Asahara N, Masuzaki H

    Endocrine journal ( 一般社団法人 日本内分泌学会 )  advpub ( 0 )   2024年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>We investigated the impact of the Coronavirus disease 2019 (COVID-19) pandemic on the management of endocrine and metabolic disorders in Japan. We conducted a cross-sectional nationwide questionnaire survey targeting board-certified endocrinologists under the auspices of the Japan Endocrine Society. The questionnaire consisted of multiple-choice questions and open-ended responses. Out of approximately 2,700 specialists, 528 (19.5%) opted to participate, suggesting a high level of interest in COVID-19 management among endocrinologists. The study found that almost half of participants had encountered cases of endocrine and metabolic disorders following COVID-19 infection or vaccination. Conditions related to thyroid diseases, glucose metabolism disorders/diabetes, and hypothalamic-pituitary disorders were particularly prevalent. Diabetes and obesity were identified as having high rates of severe cases or fatalities due to COVID-19. The study also highlighted challenges in routine diagnosis and treatment, emphasizing the potential benefits of combining remote consultations with in-person visits to optimize the frequency of examinations and check-ups during infectious disease outbreak which disrupts access to healthcare providers. The insights obtained from this survey are expected to contribute to ensuring appropriate healthcare provision for patients with endocrine and metabolic disorders by using flexible consultation formats, particularly even in the conditions where medical access may be limited due to future outbreaks of emerging or re-emerging infectious diseases.</p>

  • Sex differences in the association between epicardial adipose tissue volume and left atrial volume index.

    Yamaguchi S, Maeda M, Oba K, Maimaituxun G, Arasaki O, Yagi S, Kusunose K, Soeki T, Yamada H, Fukuda D, Masuzaki H, Sata M, Shimabukuro M

    BMC cardiovascular disorders ( BMC Cardiovascular Disorders )  24 ( 1 ) 46 - 46   2024年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    BACKGROUND: Sex disparities in the association between epicardial adipose tissue volume (EATV) and cardiovascular disease have been reported. The sex-dependent effects of EATV on left atrial (LA) size have not been elucidated. METHODS: Consecutive 247 subjects (median 65 [interquartile range 57, 75] years; 67% of men) who underwent multi-detector computed tomography without significant coronary artery disease or moderate to severe valvular disease were divided into two groups: patients with sinus rhythm (SR) or atrial fibrillation (AF). Sex differences in the association between the EATV index (EATVI) (mL/m2) and LA volume index (LAVI) in 63 SR (28 men and 35 women) and 184 AF (137 men and 47 women) patients were evaluated using univariate and multivariate regression analyses. RESULTS: In overall that includes both men and women, the relationship between EATVI and LAVI was not significantly correlated for patients with SR and AF. The relationship between EATVI and LAVI differed between men and women in both SR and AF groups. In SR patients, there was a positive relationship between EATVI and LAVI in men, but not in women. In contrast, in patients with AF, a negative relationship was found between EATVI and LAVI in women, whereas no association was found in men. CONCLUSIONS: We evaluated sex differences in the association between EATVI and LAVI in patients with either SR or AF, and found a positive relationship in men with SR and a negative relationship in women with AF. This is the first report to evaluate sex differences in the relationship between EATVI and LAVI, suggesting that EAT may play a role, at least in part, in sex differences in the etiology of AF.

  • Impact of treatment cessation on incidence and progression of retinopathy in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: a retrospective cohort study

    Shinzato Y.

    Diabetology International ( Diabetology International )    2024年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 第1土曜特集 人生100年時代を見据えて がんと生活習慣病(心疾患/糖尿病/CKD/MAFLD)を再考する──共通リスク因子,予防・治療の最新アプローチ はじめに

    益崎 裕章

    医学のあゆみ ( 医歯薬出版 )  286 ( 10 ) 755 - 756   2023年09月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 腸内フローラと脳機能にフォーカスする沖縄スタイルのPrecision Nutrition

    上間 次己、岡本 士毅、益崎 裕章 ( 担当: 共著 )

    杏林書院  2023年07月 ( 担当ページ: p.483-488 )

  • 肥満症・メタボリックシンドロームとアンチエイジング(抗加齢)医学

    益崎 裕章 ( 担当: 単著 )

    メディカルレビュー社  2023年06月 ( ページ数: 444 ,  担当ページ: p.171-172 )

  • 中等度に腎機能が低下した2型糖尿病患者への アナグリプチン/メトホルミン塩酸塩配合錠治療の有用性

    上原 盛幸、島尻 佳典、本間 健一郎、安澤 由香利、益崎 裕章 ( 担当: 共著 )

    日本臨床内科医会  2023年06月 ( 担当ページ: p.33-37 )

  • 玄米機能成分をめぐる脳科学と分子栄養学

    益崎 裕章、岡本 士毅、島袋 充生、阿部 啓子、小塚 智沙代 ( 担当: 共著 )

    羊土社  2023年06月 ( 担当ページ: p.123-129 )

  • 注目される糖能病の併存疾患:病態解明の進歩と治療展望

    益崎 裕章 ( 担当: 単著 )

    日本糖尿病学会  2023年06月 ( 担当ページ: p.459 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 傍腫瘍神経症候群を呈したALK陰性DUSP22/TP63 double-hit ALCLの1例

    花城 多恵子, 森島 聡子, 宮城 理子, 中島 知, 北村 紗希子, 友利 昌平, 森近 一穂, 西 由希子, 仲地 佐和子, 加留部 謙之輔, 益崎 裕章

    臨床血液 ( (一社)日本血液学会-東京事務局 )  63 ( 6 ) 697 - 697   2022年06月

     

  • 腸脳連関と生活習慣病—シンポジウム 体質医学からみたこれからの先制医療

    益崎 裕章, Jasmine F. Millman, 上間 次己, 根本 雄飛, 岡本 士毅

    日本体質医学会雑誌 = The Japanese journal of constitutional medicine / 日本体質医学会 編 ( 日本体質医学会 )  84 ( 2 ) 97 - 105   2022年06月

     

  • オリーブオイルの謎—特集 食の謎にせまる

    Jasmine F Millman, 岡本 士毅, 野村 育美, 上間 次己, 益崎 裕章

    消化器病学サイエンス = Science of gastroenterology / 「消化器病学サイエンス」編集委員会 編 ( 先端医学社 )  6 ( 1 ) 38 - 42   2022年03月

     

  • 日本人の肥満2型糖尿病患者に対する減量・代謝改善手術に関するコンセンサスステートメント

    佐々木 章, 内藤 剛, 横手 幸太郎, 稲垣 暢也, 益崎 裕章, 綿田 裕孝, 小川 渉, 下村 伊一郎, 山内 敏正, 石垣 泰, 笠間 和典, 野崎 剛弘, 島袋 充生, 藤倉 純二, 宮塚 健, 庄嶋 伸浩, 西澤 均, 廣田 勇士, 卯木 智, 太田 正之, 岡住 慎一, 吉川 絵梨, 小山 英則, 齋木 厚人, 関 洋介, 辻野 元祥, 林 果林, 山口 崇, 龍野 一郎, 植木 浩二郎, 門脇 孝, 日本人の肥満2型糖尿病患者に対する減量・代謝改善手術の適応基準に関する3学会合同委員会, 日本肥満症治療学会, 日本糖尿病学会, 日本肥満学会

    糖尿病 ( (一社)日本糖尿病学会 )  65 ( 3 ) 109 - 177   2022年03月

     

  • 運動と食事に関する分子医学—Recent progress in molecular medicine on exercise and diet—特集 高齢者肥満症と循環器疾患

    益崎 裕章, 上間 次己, 岡本 士毅

    循環器内科 = Cardioangiology / 循環器内科編集委員会 編 ( 科学評論社 )  90 ( 3 ) 270 - 276   2021年09月

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • ミトコンドリア機能と糖尿病:温故知新

    益崎 裕章

    DUAL Seminar in 埼玉西部 オンライン講演会  2023年09月  -  2023年09月   

  • 糖尿病と高血圧症の合併は なぜ危険なのか? ~病態を踏まえた合理的な治療戦略~

    益崎 裕章

    高血圧診療WEBセミナー:糖尿病と高血圧  2023年08月  -  2023年08月   

  • 糖尿病診療をめぐる最近のトピックス:メトホルミン温故知新

    益崎 裕章

    Metformin Seminar in 東北 オンライン講演会  2023年08月  -  2023年08月   

  • 寛解(remission)を視野に入れたこれからの2型糖尿病診療

    益崎 裕章

    Diabetes Web講演会  2023年08月  -  2023年08月   

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が内分泌・代謝疾患診療に及ぼすインパクトに関する全国規模調査研究

    益崎 裕章

    厚生労働行政推進調査研究事業:日本医学会連合 門田班 調査研究事業 令和4年度 研究成果報告会 講演  2023年08月  -  2023年08月   

全件表示 >>

特許等知的財産 【 表示 / 非表示

  • 認知機能改善剤、神経新生促進剤及び認知機能改善用経口組成物

    特願 特願2021-208891  (2021年12月23日)

    益崎 裕章

  • 受動喫煙に起因する小児肥満の予防又は治療剤

    特願 PCT/JP 2020/034134  (2020年09月09日)

    益崎 裕章

  • ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)関連疾患の診断方法

    特願 特願2019-200986  (2019年11月05日)

    益崎 裕章

  • 受動喫煙に起因する小児肥満の予防又は治療剤

    特願 特願2019-165406  (2019年09月11日)

    益崎 裕章

  • 代謝改善剤(国際特許出願)

    特願 特願PCT/JP2019/020565  (2019年05月24日)

    益崎 裕章

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    1900年
     
     
     

     概要を見る

    Biochem. Biophys. Res. Commun. (BBRC)

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    1900年
     
     
     

     概要を見る

    Peptides

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    1900年
     
     
     

     概要を見る

    Circulation Journal

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    1900年
     
     
     

     概要を見る

    Journal of Hypertension

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    1900年
     
     
     

     概要を見る

    Endocrinology

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 上原記念生命科学財団 研究助成賞

    2020年   上原記念生命科学財団  

    受賞者: ■■■

  • 第七回 医学研究科 研究・教育業績評価 教授部門 優秀者表彰

    2019年   琉球大学  

    受賞者: ■■■

  • 第六回 医学研究科 研究・教育業績評価

    2018年   琉球大学   教授部門 優秀者表彰  

    受賞者: 益崎 裕章

  • 第四回 医学研究科 研究・教育業績評価

    2016年01月   琉球大学   教授部門 優秀者表彰  

    受賞者: 益崎 裕章

  • 安藤百福賞特別奨励賞

    2015年03月   安藤スポーツ・食文化振興財団  

    受賞者: 益崎 裕章

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • フッ化ピリミジン系抗がん剤併用時における経口抗凝固薬の使い分けに関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 22K06743

    研究期間: 2022年04月  -  2025年03月 

    代表者: 中村 克徳, 益崎 裕章, 安藤 雄一, 松永 民秀, 莚田 泰誠 

    直接経費: 2,900,000(円)  間接経費: 3,770,000(円)  金額合計: 870,000(円)

  • グルコース輸送体標的化イムノトキシンによる成人T細胞白血病の新規治療法開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 22K08458

    研究期間: 2022年04月  -  2025年03月 

    代表者: 仲地 佐和子, 益崎 裕章, 岡本 士毅 

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 4,160,000(円)  金額合計: 960,000(円)

  • フッ化ピリミジン系抗がん剤併用時における経口抗凝固薬の使い分けに関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 22K06743

    研究期間: 2022年04月  -  2025年03月 

    代表者: 中村 克徳, 益崎 裕章, 安藤 雄一, 松永 民秀, 莚田 泰誠 

    直接経費: 2,900,000(円)  間接経費: 3,770,000(円)  金額合計: 870,000(円)

  • グルコース輸送体標的化イムノトキシンによる成人T細胞白血病の新規治療法開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 22K08458

    研究期間: 2022年04月  -  2025年03月 

    代表者: 仲地 佐和子, 益崎 裕章, 岡本 士毅 

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 4,160,000(円)  金額合計: 960,000(円)

  • グルコース輸送体標的化イムノトキシンによる成人T細胞白血病の新規治療法開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 22K08458

    研究期間: 2022年04月  -  2025年03月 

    代表者: 仲地 佐和子, 益崎 裕章, 岡本 士毅 

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 4,160,000(円)  金額合計: 960,000(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 家族性LCAT欠損症を対象としたLCAT-GMAC治療実用化に向けた医師主導治験

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 研究助成  事業名: 難治性疾患実用化研究事業

    課題番号: 20ek0109461h0001

    研究期間: 2020年  -  継続中 

    代表者: 横手 幸太郎  資金配分機関: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

  • 玄米機能成分 -オリザノールの科学的エビデンスに基づく アルコール依存およびニコチン依存性肥満改善の試み

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 公益財団法人 飯島 藤十郎記念食品科学振興財団 学術研究助成

    研究期間: 2020年  -  継続中 

    資金配分機関: 公益財団法人 飯島 藤十郎記念食品科学振興財団

  • アルコール依存に関わる新規脳内分子メカニズムの解明と治療応用

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 一般財団法人 藤井節郎記念大阪基礎医学研究奨励会 研究助成

    研究期間: 2020年  -  継続中 

    資金配分機関: 一般財団法人 藤井節郎記念大阪基礎医学研究奨励会

  • 動物性脂肪の過剰を制御する『足るを知る脳』の再構築

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 上原記念生命科学財団 2020年度 研究助成金

    研究期間: 2020年  -  継続中 

    資金配分機関: 上原記念生命科学財団

  • 過度なアルコール嗜好性および軽度認知機能障害を緩和する機能性食品の試作品開発と実用化・学術基盤の構築

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 沖縄科学技術イノベーションシステム構築事業

    研究期間: 2020年  -  継続中 

    資金配分機関: 国立研究開発法人科学技術振興機構

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ヒトはなぜ太ってしまうのか?-沖縄クライシスから幸せな長寿社会 復興の道を拓く試み-

    研究期間: 1992年  -  1992年 

    代表者: 益崎 裕章  資金配分機関: ■■■

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

     概要を見る

    ①肥満における脂肪組織の機能異常②視床下部によるエネルギー代謝制御③ホルモン・自律神経系による臓器連関に焦点をあてた 糖尿病・肥満症の病態解明 および 新規治療法の開発

  • -

    研究期間: 1992年  -  1992年 

    代表者: Masuzaki Hiroaki  資金配分機関: ■■■

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 30分以上の座位避けて:サルコペニア肥満の懸念  新聞・雑誌

    沖縄タイムス  2023年2月

    執筆者: 本人 

  • 世界糖尿病デー:定期健診で早期発見重要  新聞・雑誌

    沖縄タイムス  2022年11月

    執筆者: 本人 

  • 『長寿県沖縄』今は昔:沖縄復帰50周年  インターネットメディア

    時事通信デジタル  2022年5月

    執筆者: 本人 

  • 糖尿病薬で血液がん抑制  新聞・雑誌

    琉球新報  2022年4月

    執筆者: 本人 

  • 今こそ栄養学のすすめ  新聞・雑誌

    読売新聞  2021年1月

    執筆者: 本人 

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 日本の希少疾患の課題解決を目指して:Torch Webinar

    2023年9月
     
     

    種別:学会・研究会等 

     概要を見る

    河野通浩先生 秋田大学 大学院医学系研究科 皮膚科学・形成外科学講座 教授 希少疾患における地域センター病院の役割:遺伝性血管性浮腫での取り組みから学ぶ

  • DiaMond Seminar in 九州

    2023年8月
     
     

    種別:学会・研究会等 

     概要を見る

    杉本研先生 川崎医科大学 総合老年医学 主任教授 糖尿病併発症としてのフレイル・サルコペニア:~評価・予防・治療をどのように行うのか~

  • 第30回 西日本肥満研究会 ランチョンセミナー

    ( 京都府立医科大学(京都府 京都市) )

    2023年7月
     
     

    種別:学会・研究会等 

     概要を見る

    前田法一先生 近畿大学医学部 内分泌・代謝・糖尿病内科 教授 肥満2型糖尿病に対する新たな治療選択:経口GLP-1受容体作動薬

  • 第30回 西日本肥満研究会 記念シンポジウム

    ( 京都府立医科大学(京都府 京都市) )

    2023年7月
     
     

    種別:大会・シンポジウム等 

     概要を見る

    中里雅光先生 宮崎大学医学部 生体制御医学研究講座 教授 吉田俊秀先生 壬生大路病院 病院長 橋本健志先生 立命館大学スポーツ健康科学部 教授 太田正之先生 大分大学グローカル感染症研究センター 教授

  • FreeStyleリブレ リーダーズミーテイング2023 all九州

    2023年7月
     
     

    種別:学会・研究会等 

     概要を見る

    レクチャー:FreeStyle Libreの現状とこれからを考える 錦戸慎平先生 長崎大学病院 第一内科 内分泌・代謝内科 パネル討論:行動変容とそれを促すための介入・2型糖尿病 難渋症例 岩田慎平先生 公立八女総合病院 内科 坂本竜一先生 九州大学 病態制御内科学:第三内科 椎屋智美先生 古賀総合病院 内科 知念玲先生 琉球大学 内分泌代謝・血液・膠原病内科学:第二内科 矢野百合子先生 産業医科大学病院 糖尿病看護認定看護師

全件表示 >>