建本 秀樹 (タテモト ヒデキ)

Tatemoto Hideki

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

70227114

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   農学部   亜熱帯農林環境科学科   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(農学) 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年10月
    -
    継続中

      鹿児島大学大学院連合農学研究科 主指導教員  

  • 2010年05月
    -
    継続中

      琉球大学 農学部 亜熱帯農林環境科学科 動物機能科学 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本畜産学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本暖地畜産学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本養豚学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    Society for Reproduction and Fertility

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    The Society for the Study of Reproduction

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 卵子,精子,体外受精,胚発生,成熟,凍結,受精卵移植,クローン,繁殖工学,家畜

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 家畜人工授精師

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 琉球在来豚アグー精子における精漿成分による耐凍能低下の生理学的解明

  • 琉球在来豚アグー精子における凍結保存技術の確立

  • 琉球在来豚アグーの近交退化の緩和および増殖手法の確立

  • ブタ体外成熟卵子の体外受精時における多精子受精抑制に関わる因子の解明

  • ブタ卵子への精子侵入時におけるヒアルロニダーゼの生理作用の解明

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Endoplasmic reticulum stress attenuation promotes bovine oocyte maturation in vitro.

    Khatun H, Wada Y, Konno T, Tatemoto H, Yamanaka KI

    Reproduction (Cambridge, England) ( Reproduction (Cambridge, England) )  159 ( 4 ) 361 - 370   2020年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Role of endoplasmic reticulum stress on developmental competency and cryo-tolerance in bovine embryos.

    Khatun H, Ihara Y, Takakura K, Egashira J, Wada Y, Konno T, Tatemoto H, Yamanaka KI

    Theriogenology ( Theriogenology )  142   131 - 137   2020年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Efficient in vitro embryo production using in vivo-matured oocytes from superstimulated Japanese Black cows.

    Egashira J, Ihara Y, Khatun H, Wada Y, Konno T, Tatemoto H, Yamanaka KI

    The Journal of reproduction and development ( 日本繁殖生物学会 )  65 ( 2 ) 183 - 190   2019年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p> We examined whether the use of <i>in vivo</i>-matured oocytes, collected by ovum pick-up (OPU) from superstimulated Japanese Black cows, can improve the productivity and quality of <i>in vitro</i> produced embryos. The cows were superstimulated by treatment with progesterone, GnRH, FSH and prostaglandin F2α according to a standardized protocol. The resulting <i>in vivo</i>-matured oocytes were collected by OPU and used subsequently for the other experiments. The immature oocytes from cows in the non-stimulated group were collected by OPU and then subjected to maturation <i>in vitro</i>. We found that the rate of normally distributed cortical granules of the matured oocyte cytoplasm in the superstimulated group was significantly higher than that in the non-stimulated group. The normal cleavage rate (i.e., production of embryos with two equal blastomeres without fragmentation) and freezable blastocyst rate were significantly higher in the superstimulated group than in the non-stimulated group. Among the transferable blastocysts, the ratio of embryos from normal cleavage was also significantly higher in the superstimulated group than in the non-stimulated group. For <i>in vivo</i>-matured oocytes, it was observed that the pregnancy rates were significantly higher when normally cleaved embryos were used for transfer. Taken together, these results suggest that high-quality embryos with respect to developmental kinetics can be efficiently produced with the use of <i>in vivo</i>-matured oocytes collected by OPU from superstimulated Japanese Black cows.</p>

  • Normal DNA methylation status in sperm from a somatic cell cloned bull and their fertilized embryos.

    Yamanaka KI, Yamashita K, Khatun H, Wada Y, Tatemoto H, Sakatani M, Takenouchi N, Takahashi M, Watanabe S

    Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho ( Animal Science Journal )  89 ( 10 ) 1406 - 1414   2018年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Sericin enhances the developmental competence of heat-stressed bovine embryos.

    Khatun H, Egashira J, Sakatani M, Takenouchi N, Tatemoto H, Wada Y, Yamanaka KI

    Molecular reproduction and development ( Molecular Reproduction and Development )  85 ( 8-9 ) 696 - 708   2018年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 安定した美味しいあぐ~豚肉の生産に向けて

    建本秀樹

    その他の掲載誌 ( JAおきなわ銘柄豚推進協議会 )    2015年08月

     

  • 安定した美味しいあぐ~豚肉の生産に向けて

    建本秀樹

    その他の掲載誌 ( JAおきなわ銘柄豚推進協議会 )    2015年08月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Efficient in vitro embryo production system using in vivo-matured oocytes from superstimulated Japanese black cows

    Egashira J, Tatemoto H, Wada Y, Yamanaka K

    Proceedings of the Annual Conference of the International Embryo Transfer Society  (New Orleans, Louisiana, USA)  2019年01月  -  2019年01月   

  • ブタ卵体外受精時における精子arylsulfatase A阻害による多精子受精抑制効果

    上原みなみ,佐渡山佑希,建本秀樹

    日本畜産学会第124回大会  (東京大学農学部 弥生キャンパス)  2018年03月  -  2018年03月   

  • ブタ卵体外成熟時の透明帯構成糖タンパク質における硫酸化阻害と多精子受精抑制効果との関係

    上原みなみ,佐渡山佑希,建本秀樹

    第10回日本暖地畜産学会佐賀大会  (佐賀大学農学部)  2017年10月  -  2017年10月   

  • Mural trophectoderm specific activation of adhesion competence in peri-implantation murine blastocyst

    Nishi I, Kawase F, Kurane T, Ohta K, Tatemoto H, Konno T

    4th World Congress of Reproductive Biology  (Okinawa Convention Center)  2017年09月  -  2017年09月   

  • Improvement in the post-thaw qualities of Okinawan native Agu pig spermatozoa treated with skim milk and Trolox prior to cryopreservation

    Tatemoto H, Mitsube R, Tokeshi I, Uehara M, Sadoyama Y, Funabiki M, Konno T

    The 17th AAAP Animal Science Congress  (Fukuoka)  2016年08月  -  2016年08月   

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    2013年11月
    -
    2013年12月
     

     概要を見る

    繁殖生物学会

  • 編集幹事

    学術専門雑誌等編集 

    2012年10月
    -
    2013年09月
     

     概要を見る

    日本暖地畜産学会

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    2012年02月
    -
    2012年03月
     

     概要を見る

    繁殖生物学会

  • 編集幹事

    学術専門雑誌等編集 

    2011年10月
    -
    2012年09月
     

     概要を見る

    日本暖地畜産学会

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    2011年07月
    -
    2011年10月
     

     概要を見る

    繁殖生物学会

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 琉球在来豚アグーの近交退化の緩和および増殖手法の確立

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2005年04月  -  2010年02月 

    連携研究者: 建本 秀樹  資金配分機関: 沖縄県畜産研究センター 所長  庄子 一成

    直接経費: 5,369,500(円)  間接経費: 537,500(円)  金額合計: 5,907,000(円)

  • ブタ卵の体外成熟時におけるアスコルビン酸2-グルコシドの卵細胞質成熟ならびに初期発生能への促進作用

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2001年05月  -  2002年03月 

    代表者: 建本 秀樹  資金配分機関: -

    直接経費: 700,000(円)  金額合計: 700,000(円)

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 哺乳類の生殖細胞における初期発生に関する研究

    動物繁殖学