George Robert MacLean (ジョージ ロバート マクレイン)

George Robert MacLean

写真a

職名

特任教授

科研費研究者番号

90400613

ホームページ

https://sites.google.com/site/ryudaigeorge/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   グローバル教育支援機構   特任教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    クイーンズ大学   その他の学部   その他

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    テンプル大学日本校  その他の研究科  英語教授法  その他  その他

取得学位 【 表示 / 非表示

  • テンプル大学日本校 -  修士(英語教授法)  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年
    -
    1989年

      Canadian Armed Forces University, Naval Training Division, Junior Officer  

  • 1989年
    -
    1992年

      Liberty Mutual Insurance Group, Quebec, Sales Representative  

  • 1992年
    -
    1993年

      Universal Language and Translation Institute, Hong Kong, Instructor  

  • 1993年
    -
    1997年

      茨城県那珂市教育委員会 外国語指導助手  

  • 1997年
    -
    2001年

      セントメリーズインターナショナルスクール ITERキャンパス 理事/講師  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    TESOL International Association

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    KoTESOL

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本ムードル協会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    International Business Academic Consortium

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    全国語学教育学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • その他 / その他

論文 【 表示 / 非表示

  • Classroom approaches to peer and self-assessment of spoken performances with Moodle and Google platforms

    MacLean, George & Hinkelman, Don

    MoodleMoot Japan 2021 Annual Conference     2021年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 質保証における LMS の重要性:琉球大学世界展開力強化事業の取り組み

    石川隆士, 與儀峰奈子, ジョージ・マクレイン

    Proceedings Of MoodleMoot Japan 2021 Annual Conference ( Moodle Association of Japan )    53 - 58   2021年09月

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • University of the Ryukyus short-term overseas study course to the University of Hawai’i at Manoa

    George MacLean

    Ryudai Review of Euro-American Studies ( University of the Ryukyus )  ( 65 ) 103 - 118   2021年

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

  • Feedback on student performances during difficult times: ELT in ERT

    Kluge, David, & MacLean, George

    Proceedings of the KOTESOL International Conference 2021 ( KOTESOL )    247 - 258   2021年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The visual advantage of graphic novels

    Fewell,N. & MacLean,G.R.

    The European Journal of Applied Linguistics and TEFL ( ignore )  2 ( 2 ) 2 - 2   2014年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • The students meeting for intercultural language exchange (SMILE) initiative, IIUM Press, English and Asia (pp.95-102), 2009

    MacLean, G.R. & Mohamed, A.A. ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  1900年

  • Digital natives, learner perceptions and the use of ICT, IGI, Handbook of research on web 2.0 and second language learning (pp.156-179), 2009

    MacLean, G.R. & Elwood, J.A. ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  1900年

  • Factors in the usage of mobile phones in Japanese university EFL classrooms, IGI, Cases on formal, non-formal, and informal online learning: Opportunities and practices (pp.118-144), 2013

    MacLean, G.R. & Elwood, J.A. ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  1900年

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • Using Spreadsheets for Accelerated Feedback in Communicative Language Teaching/PIE Contexts

    George MacLean

    PIE Seminar and Retreat 2021     2021年03月  [査読有り]

     

  • Developing L2 skills and ICT knowledge: An intercollegiate presentation project

    Norman Fewell & George MacLean

    Proceedings of the 27th ETA International Symposium on English Teaching ( English Teaching Association ROC )    176 - 185   2018年11月

     

  • Featured Speaker: "Interactive workshop about using English in your classroom for various activities.", Society of English Language Teachers, Okinawa International University, 2013

    その他の著者

    その他の掲載誌 ( その他の出版社 )    1900年

     

  • Workshop(continued): "PRS clickers and ICT in modern education.", National Institute of Education, Cambodia, 2008

    その他の著者

    その他の掲載誌 ( その他の出版社 )    1900年

     

  • Workshop(continued): "Personal response systems: Considerations and opportunities.", International Conference on Language Teaching and Learning, Malaysia, 2008

    その他の著者

    その他の掲載誌 ( その他の出版社 )    1900年

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Living Newspaper Readers Theatre: Oral Performance with Accelerated Feedback

    George MacLean & David Kluge

    Japan Association for Language Teaching (JALT) Fukuoka Chapter  (online)  2021年10月  -  2021年10月   

  • Designing and Delivering Rubrics and Feedback for EFL Oral Presentations

    George MacLean

    Japan Association for Language Teaching (JALT) Okinawa Chapter  (Online)  2021年10月  -  2021年10月   

  • Using Google Workspace to Foster Better Feedback for Oral Performances in Tertiary Modern Foreign Language Contexts

    George MacLean

    Google Educators Group Nagoya  2021年06月  -  2021年06月   

  • Accelerating Feedback in Communicative Language Teaching/PAL Contexts Using Spreadsheets

    George MacLean

    JALTCALL  (Online)  2021年06月  -  2021年06月   

  • Using Google Workspace for Accelerating Feedback and Promoting Transparency

    George MacLean

    Google Educator Groups Asia-Pacific  2021年06月  -  2021年06月   

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • その他の研究業績

    学術専門雑誌等編集 

    1900年
     
     
     

     概要を見る

    The Tsukuba Multilingual Forum

  • その他の研究業績

    学術専門雑誌等編集 

    1900年
     
     
     

     概要を見る

    International Journal of Virtual and Personal Learning Environments

  • その他の研究業績

    学術専門雑誌等編集 

    1900年
     
     
     

     概要を見る

    Computers and Education

  • Workshop

    その他の研究諸活動 

    1900年
     
     
     

  • その他の研究業績

    学術専門雑誌等編集 

    1900年
     
     
     

     概要を見る

    International Journal of Online Pedagogy and Course Design

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • その他の題目

    研究期間: 2013年  -  2013年 

    金額合計: 3,260,000(円)

  • その他の題目

    研究期間: 2011年  -  2011年 

    金額合計: 360,000(円)

  • その他の題目

    研究期間: 2009年  -  2009年 

    金額合計: 410,000(円)

  • その他の題目

    研究期間: 2008年  -  2008年 

    金額合計: 530,000(円)

  • その他の題目

    研究期間: 2007年  -  2007年 

    金額合計: 140,000(円)