銘苅 桂子 (メカル ケイコ)

Mekaru Keiko

写真a

科研費研究者番号

30444912

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(医学)  医学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年08月
     
     

      琉球大学 医学部附属病院 助教  

  • 2006年08月
    -
    2013年03月

      琉球大学 医学部附属病院 助教  

  • 2013年04月
    -
    2019年11月

      琉球大学医学部附属病院  

  • 2013年04月
    -
    2019年11月

      琉球大学医学部付属病院 周産母子センター 講師  

  • 2019年12月
    -
    継続中

      琉球大学病院 周産母子センター 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本産科婦人科学会   代議員

  •  
     
     
     

    日本産科婦人科内視鏡学会

  •  
     
     
     

    日本生殖医学会

  •  
     
     
     

    日本女性医学会

  •  
     
     
     

    日本周産期・新生児学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生殖内分泌,不妊症,体外受精・胚移植,腹腔鏡手術,子宮内膜症

  • 腹腔鏡手術

  • 生殖内分泌

  • 子宮内膜症

  • 周産期

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 子宮内膜マイクロバイオームと生殖職補助医療

  • 子宮内膜マイクロバイオームと子宮内膜症

  • 卵胞液の脂肪酸代謝

  • 女性医師のキャリア教育と働き方改革

  • 子宮卵管造影が甲状腺機能に与える影響について

論文 【 表示 / 非表示

  • 増刊号 最新の不妊診療がわかる!-生殖補助医療を中心とした新たな治療体系 第3章 生殖補助医療の調節卵巣刺激 内因性LHサージ抑制法 Long法・Short法

    銘苅 桂子

    臨床婦人科産科 ( 株式会社医学書院 )  76 ( 4 ) 160 - 162   2022年04月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 今月の臨床 妊娠初期の経過異常とその対処-流産・異所性妊娠・絨毛性疾患の診断と治療 異所性妊娠 異所性妊娠のMRI診断

    伊良波 裕子, 銘苅 桂子

    臨床婦人科産科 ( 株式会社医学書院 )  76 ( 2 ) 233 - 238   2022年03月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 特集 産婦人科 働き方改革へのロードマップ 10.沖縄県における女性医師支援と働き方改革

    銘苅 桂子

    産婦人科の実際 ( 金原出版 )  71 ( 1 ) 63 - 68   2022年01月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • A Neonatal Case of Mild Encephalopathy/Encephalitis with a Reversible Splenial Lesion.

    Oki Y, Yoshida T, Yogi A, Kurokawa S, Goya H, Tsukayama M, Nakamura S, Mekaru K, Nakanishi K

    Child neurology open   9   2329048X221111716   2022年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Microbiome analysis in women with endometriosis: Does a microbiome exist in peritoneal fluid and ovarian cystic fluid?

    Oishi S, Mekaru K, Tanaka SE, Arai W, Ashikawa K, Sakuraba Y, Nishioka M, Nakamura R, Miyagi M, Akamine K, Aoki Y

    Reproductive medicine and biology ( Wiley )  21 ( 1 ) e12441   2022年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 卵巣組織凍結・移植 : 新しい妊孕性温存療法の実践 = Ovarian tissue cryopreservation and transplantation : new practice in fertility preservation

    鈴木, 直(産婦人科学) ( 担当: その他 , 担当範囲: 凍結生物学(臨床) )

    医歯薬出版  2021年08月 ( ページ数: xvi, 270p )

  • がん・生殖医療 : 妊孕性温存の診療 = Oncofertility : recent advances in fertility preservation

    鈴木, 直(産婦人科学), 森重, 健一郎, 高井, 泰, 古井, 辰郎, 日本がん・生殖医療学会 ( 担当: その他 , 担当範囲: 放射線療法による性腺毒性、子宮毒性 )

    医歯薬出版  2020年04月 ( ページ数: xxi, 415p )

  • 新不妊ケアABC

    鈴木, 秋悦, 久保, 春海 ( 担当: その他 , 担当範囲: 卵巣過剰刺激症候群 )

    医歯薬出版  2019年03月 ( ページ数: xiv, 276p, 図版11p )

  • がん・生殖医療ハンドブック: 妊孕性・生殖機能温存療法の実践ガイド (女性ヘルスケアpractice 3)

    大須賀, 穣, 鈴木, 直(産婦人科学) ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 視床下部・下垂体への放射線照射が妊孕性・生殖機能に及ぼす影響は? )

    メディカ出版  2017年10月 ( ページ数: 344 )

    ASIN

  • あなたも名医!プライマリケア現場での女性診療 : 押さえておきたい33のポイント

    池田, 裕美枝, 対馬, ルリ子 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 妊娠中の緊急疾患 )

    日本医事新報社  2016年12月 ( ページ数: 194p )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • ヒト卵子形成および胚発生における卵胞液中・血中脂肪酸の影響

    基盤研究(C)

    課題番号: 16K11098

    研究期間: 2016年04月  -  2020年03月 

    代表者: 銘苅 桂子, 屋 宏典 

    直接経費: 3,600,000(円)  間接経費: 4,680,000(円)  金額合計: 1,080,000(円)

     概要を見る

    本研究の目的は、卵胞液中のPUFA(多価不飽和脂肪酸)の濃度が、卵子の質や受精、胚の質との関連を明らかにすることである。2016年8月から2017年12月の間に、体外受精と胚移植の対象となる28人の女性を対象に前向き研究を実施。28個の血清サンプルと140個の卵胞液サンプルを収集し、PUFA分画をガスクロマトグラフィーを使用して分析した。 各患者の6つの連続した卵胞から2mlずつ個別に吸引し、卵胞から採取した卵子のその後の培養状況と一致させた。ある種のPUFAは受精の有無によって有意に高値、または低値であり、卵胞液中のPUFAの濃度は、受精において重要な役割を果たす可能性がある。

  • ヒト卵子形成および胚発生における卵胞液中・血中脂肪酸の影響

    基盤研究(C)

    課題番号: 16K11098

    研究期間: 2016年04月  -  2020年03月 

    代表者: 銘苅 桂子, 屋 宏典 

    直接経費: 3,600,000(円)  間接経費: 4,680,000(円)  金額合計: 1,080,000(円)

     概要を見る

    本研究の目的は、卵胞液中のPUFA(多価不飽和脂肪酸)の濃度が、卵子の質や受精、胚の質との関連を明らかにすることである。2016年8月から2017年12月の間に、体外受精と胚移植の対象となる28人の女性を対象に前向き研究を実施。28個の血清サンプルと140個の卵胞液サンプルを収集し、PUFA分画をガスクロマトグラフィーを使用して分析した。 各患者の6つの連続した卵胞から2mlずつ個別に吸引し、卵胞から採取した卵子のその後の培養状況と一致させた。ある種のPUFAは受精の有無によって有意に高値、または低値であり、卵胞液中のPUFAの濃度は、受精において重要な役割を果たす可能性がある。

  • ヒト卵子形成および胚発生における卵胞液中・血中脂肪酸の影響

    基盤研究(C)

    課題番号: 16K11098

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    代表者: 銘苅 桂子  研究分担者: 屋 宏典 琉球大学, 熱帯生物圏研究センター, 教授 (10177165)

    直接経費: 3,600,000(円)  間接経費: 1,080,000(円)  金額合計: 4,680,000(円)

  • 多価不飽和脂肪酸がヒト卵子の受精・胚発生能に及ぼす影響について

    若手研究(B)

    課題番号: 25861502

    研究期間: 2013年04月  -  2016年03月 

    代表者: 銘苅 桂子 

    直接経費: 2,900,000(円)  間接経費: 870,000(円)  金額合計: 3,770,000(円)

  • 多価不飽和脂肪酸がヒト卵子の受精・胚発生能に及ぼす影響について

    若手研究(B)

    課題番号: 25861502

    研究期間: 2013年04月  -  2016年03月 

    代表者: 銘苅 桂子, 平敷 千晶, 赤嶺 こずえ, 杉山 仁, 長田 千夏, 宜保 敬也 

    直接経費: 2,900,000(円)  間接経費: 3,770,000(円)  金額合計: 870,000(円)

     概要を見る

    本研究の目的は体外受精・胚移植(In vitro fertilization- transfer:IVF- ET)において卵胞液内の多価不飽和脂肪酸濃度と卵子や胚の質との関連について明らかにすることである。当院でIVF-ETを施行し同意の得られた例の血中脂肪酸濃度と卵胞液内脂肪酸濃度を測定した。受精卵の得られた卵胞液においては、未受精卵であった卵胞液よりもアラキドン酸が有意に高く、EPAは有意に低い値となった。しかしながら追加の検討によりn-3多価不飽和脂肪酸/n-6多価不飽和脂肪酸比は受精率と正の相関を示し、EPAやDHAを含む魚類の摂食が受精に関連することが示唆された。

全件表示 >>

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 女性研究者のキャリア教育、小児・若年がん患者の妊孕性温存療法、女性のヘルスケア