陳 碧霞 (チェン ビシャ)

Chen, Bixia

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

50606621

研究室住所

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-8773

プロフィール

Dr. Chen’s research focuses on village landscape, rural regeneration, forest park management, forest tourism, and rural tourism. She has been working on the fengshui village landscape and fengshui trees in Okinawa, Japan, from a comparative perspective with the other regions in East Asia, Mainland China, Hong Kong, and Korea. She has traveled to over 30 islands in Ryukyu Archipelago. Extensive field works have been conducted in Okinawa Islands, recently extended to Yaeyama Islands, the southernmost part of Japan. Her current work includes the inventory of remnant Fengshui trees on small islands of the Ryukyu Archipelagos, and the management and conservation strategy for traditional village landscapes and old growth trees on the islands. She has published a book titled “Traditional Rural Landscapes in Island Topography in East Asia” and relevant research papers.

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 併任   琉球大学   農学研究科   亜熱帯農学専攻   准教授  

  • 専任   琉球大学   農学部   附属亜熱帯フィールド科学教育センター   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 -  博士(農学)  林政学

  • 鹿児島大学 -  博士(農学)  環境・農学 / ランドスケープ科学

  • 福建師範大学 -  M.A  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年09月
    -
    1998年07月

      中国福建省中山高校 英語教員  

  • 2001年10月
    -
    2002年09月

      中国福建師範大学 外国語学部 助教  

  • 2008年04月
    -
    2008年11月

      中国福建師範大学 経済学部 講師  

  • 2008年11月
    -
    2010年11月

      JSPS外国人特別研究員  

  • 2010年12月
    -
    2011年03月

      国連大学高等研究所 コンサルタント  

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 里山環境学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 環境影響評価

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学

論文 【 表示 / 非表示

  • Visitors’ perceptions of traditional homestead windbreaks from user-generated comments

    Chen B.

    Urban Forestry and Urban Greening ( Urban Forestry and Urban Greening )  85   2023年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 沖縄県のフクギ屋敷林の持続可能な管理において住民合意形成に関する研究

    山崎 澪二, 陳 碧霞

    日本森林学会大会発表データベース ( 日本森林学会 )  133 ( 0 ) 78   2022年05月

    掲載種別: 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

     概要を見る

    <p> 沖縄県には、琉球王府から受け継がれる防塩・防火、防風林として機能して植栽されているフクギ並木の歴史的景観を見る事ができる。しかし、その歴史的景観を形成する主木のフクギ並木は、住宅の敷地内に植栽されているため、琉球の伝統的遺産と認識する者が少ない。その為、ライフスタイルの変化や戦後の農村整備事業などにより、一部地域では伐採され、その景観の消失が後を絶たない。フクギ並木は、歴史文化景観、自然環境保全の観点から、沖縄の重要な遺産であり、持続可能な管理を行っていく必要性がある。</p><p> そこで、本研究では、本部町備瀬区と今帰仁村今泊区を事例に、フクギ景観の保全に関する調査報告書、区の議会議事録などの文献調査また各地域の区長及び長老への聞き取り調査を行い、フクギ屋敷林管理保全方法に関する意思決定過程を考察していく。本研究では、合意形成過程での重要なキーパーソン、これまでの合意形成過程の中での課題等について明らかにする。</p>

  • 国立公園への訪問動機に対する訪問者の属性的影響

    陳 碧霞, 角 媛梅

    日本森林学会大会発表データベース ( 日本森林学会 )  133 ( 0 ) 82   2022年05月

    掲載種別: 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

     概要を見る

    <p> National parks are usually large natural areas designated and managed by the government and are used for tourism. A questionnaire survey on Pudacuo National Park, the first park in China, was conducted to evaluate the profile of tourists, visitation motivations, activities, and socio-demographic factors that influence their motivations. The key findings include the following: 1) Tourists that visited the national park were young, well educated, and had a stable income. 2) The primary motivation factors are air quality, scenery, stay in nature, escape city, and relationship. 3) The most popular activities were walking on trials, taking of photos/videos, and appreciation of plants and animal nature. 4) Gender, education, and age were influencing factors of visitation, whereas income was not statistically found to influence motivations.</p>

  • Dust capturing capacity of woody plants in clean air zones throughout taiwan

    Wang Y.C.

    Atmosphere ( Atmosphere )  12 ( 6 )   2021年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 沖縄県におけるフクギ屋敷林の炭素貯蔵量

    陳 碧霞, 草島 勇斗

    日本森林学会大会発表データベース ( 日本森林学会 )  132 ( 0 ) 8   2021年05月

    掲載種別: 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

     概要を見る

    <p>フクギを主な樹種とする屋敷林は沖縄の独特な集落景観を形成し、約300年前の琉球王府時代に成立したと考えられているが、現在では減少の一途をたどっている。本報告は、フクギ屋敷林の老木に蓄積されている二酸化炭素の量を試算した。本研究の目的は、炭素貯蔵量から、フクギ屋敷林の生態学的機能とそれらの経済的価値を明らかにし、これからの有効的保全策を提案したい。</p><p>2009年から2018年まで、研究チームは沖縄県内の10個の集落における23,518本のフクギの胸高直径(DBH)と樹高を測定した。10個の集落でのフクギ屋敷林に貯蔵された炭素の総量は6089t-CO2であった。 この量は、日本の40年生のスギ(Cryptomeria japonica)人工林の森林の炭素固定昨日に換算すると、約20.9ヘクタールのスギ林の炭素蓄積量に相当する。 さらに、40年生のスギ林の植栽と管理のコストの観点から、フクギ屋敷林の推定経済価値は2497万円に相当する。 この研究により、整然としたフクギ並木は密度が高いため、それらの炭素の蓄積、および気候変動の緩和へ貢献の可能性が高い。</p>

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • A Study on Feng Shui Village Landscape Structure in the Ryukyu Islands

    Chen, B., Nakama, Y., and Kurima G.

    Proceedings of 3rd International Conference on Scientific Feng Shui and Built Environment ( その他の出版社 )    2007年

     

  • A Study on village landscape and layout of Fukugi Habitat embracing trees in Okinawa (II)

    Chen, B., Nakama, Y., and Kurima G.

    Proceedings of 2rd International Conference on Scientific Feng Shui and Built Environment ( その他の出版社 )    2006年

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • China's National Parks: Development Background and Barriers to Nature Conser-vation

    Chen, B., Jiao, Y., Xie, Y., Jones, T.E.

    第130回日本森林学会大会  2019年03月  -  2019年03月   

  • Tree species used in Fengshui landscape in Okinawa, Japan

    Chen, B.

    International Symposium: Ecological Landscape and Cultural Heritage in Rural So-ciety  (Fuzhou, China)  2019年02月  -  2019年02月   

  • China's National Parks: Development Background and Barriers to Nature Conservation

    Bixia Chen, Yuanmei Jiao, Yi Xie, Thomas Jones

    日本森林学会大会発表データベース  2019年  -  2019年   

  • Fengshui and Woody Shelterbelt Plantations on the Ryukyu Islands: Historical Back-ground and Conservation Management Challenges

    Chen, B.

    InterAsian Connections VI – Hanoi (Social Science Research Council): Workshop on “Sacred Forests and Political Ecology: Cosmological Properties and Environmentality.”  (Hanoi)  2018年12月  -  2018年12月   

  • Homestead Trees in Island Topography, its cultural and historical context and present challenges

    Chen, B.

    RETI  (Naha)  2017年11月  -  2017年11月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本海岸林学会賞

    2018年11月   日本海岸林学会  

    受賞者: 陳碧霞

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • フクギ屋敷林の持続可能な保全―生態系機能評価と管理手法の確立による価値の可視化

    基盤研究(C)

    課題番号: 22K05709

    研究期間: 2022年04月  -  2025年03月 

    代表者: 陳碧霞 

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 960,000(円)  金額合計: 4,160,000(円)

     概要を見る

    過疎化と人口の老齢化が進んでいる各離島で、フクギ屋敷林などの人工林の維持・管理にかかる手入れ・費用の確保といった課題が益々深刻化しており、フクギ屋敷林が人間にもたらす便益を再評価することとフクギ屋敷林の巨木・老齢木の管理方法の確立は、これからの緊急課題である。本研究は今後の沖縄の集落景観とフクギ並木の保全事業の判断根拠として利用できるようなフクギ屋敷林が提供する生態系サービス、それらが人間に与える便益と価値を定量的かつ標準化な評価手法を確立することと、フクギの老木・巨木の健康診断基準の開発と危険木の可視化、持続可能なフクギ植栽・剪定等管理方法の確立を研究目的としている。

  • 統一手法を用いた景観復元による琉球弧の伝統的村落空間に関する普遍的原理の探究

    基盤研究(B)

    課題番号: 18H01612

    研究期間: 2018年04月  -  2021年03月 

  • 沖縄における海岸林の減災機能に関する歴史学的・植生学的研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 16K07781

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    代表者: 陳 碧霞  研究分担者: 仲間 勇栄 琉球大学, 農学部, 名誉教授 (70142362) 浦山 隆一 富山国際大学, 現代社会学部, 客員教授 (10460338) 鎌田 誠史 武庫川女子大学短期大学部, 生活造形学科, 准教授 (70512557)

    直接経費: 3,700,000(円)  間接経費: 1,110,000(円)  金額合計: 4,810,000(円)

  • 琉球の近世計画村落形成に伝統的祭祀施設と村抱護が果たした役割と意味に関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 25289212

    研究期間: 2013年04月  -  2017年03月 

  • 沖縄の集落空間における伝統的人工林「抱護」の形態と機能に関する研究

    基盤研究(B)

    課題番号: 21360300

    研究期間: 2009年04月  -  2011年03月 

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県のフクギ屋敷林の生態系サービスとその定量的評価手法の開発

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 鹿児島大学大学院連合農学研究科女性教員研究支援事業

    研究期間: 2020年08月  -  2021年03月 

    代表者: 陳碧霞  資金配分機関: 鹿児島大学大学院連合農学研究科

    直接経費: 400,000(円) 

  • 台湾の先住民非木材生産物生産を活用した地域活性化に関する研究

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 海外渡航  事業名: 琉球大学後援財団国際共同研究

    研究期間: 2020年08月  -  2021年03月 

    代表者: 陳碧霞  連携研究者: 中国文化大学 王義仲  資金配分機関: 琉球大学後援財団

    直接経費: 200,000(円) 

  • Conserving biodiversity of home garden agroforestry for food security and rural development in small islands

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: Ten Social Laboratories (8th International Conference on Sustainability Science(ICSS2020))

    研究期間: 2020年01月  -  2021年02月 

    代表者: 陳碧霞(Chen, Bixia)  資金配分機関: Institute for Future Initiatives (IFI), The University of Tokyo

    直接経費: 550,000(円)  金額合計: 550,000(円)

  • Coastal forest management in the face of global change based on the case studies in Japan, Myanmar and the Philippines

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2014年08月  -  2016年07月 

    代表者: Liang, Luohui  連携研究者: Kazuhiko Takeuchi, Evonne Yiu, Leni D. Camacho, Chaw Chaw Sein, Zaw Win Myint, Nakama Yuei, Chen Bixia  資金配分機関: Asia-Pacific Network for Global Change Research

    直接経費: 8,800,000(円)  間接経費: 3,300,000(円)  金額合計: 12,100,000(円)

  • 沖縄・奄美島嶼社会における行政防災施策・制度・システムの歴史的変遷に関する包括的研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2011年11月  -  2013年10月 

    代表者: 山田浩世  連携研究者: 麻生伸一、仲座栄三、 山本正昭、平良勝保、玉城毅、輝広志、陳碧霞、得能壽美、 深沢秋人、 川島淳、 豊見山和行、 弓削政巳、 町健次郎 、川島淳、渡邊康志  資金配分機関: トヨタ財団研究助成

    直接経費: 4,200,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 4,200,000(円)

全件表示 >>