長田 康敬 (ナガタ ヤスノリ)

NAGATA Yasunori

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

50208021

生年

1960年

研究室住所

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町千原1番地

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-8687

研究室FAX

098-895-8687

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科電子情報通信コース   教授  

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年05月
    -
    2000年03月

    ビクトリア大学  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 明治大学 -  博士(工学)  情報通信 / 数理情報学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 計算機科学,情報科学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • フォールトトレラントシステム

  • 多値論理と様相論理

  • 計算機アーキテクチャー

論文 【 表示 / 非表示

  • 機械学習を用いたピストンリングの外観検査システム

    平良 琢真, Zheng Wanxian, 宮城 武志, 長田 康敬

    電気学会論文誌D(産業応用部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )  143 ( 2 ) 101 - 105   2023年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>Development of a system that can automatically detect appearance defects of piston-ring components of the engine cylinder caused during the coating process. In the proposed system, piston-rings are sent from the feeder to conveyor belt, and an image captured by camera. Subsequently, the image is cut along with the shape of ring into small images. A convolution neural network (CNN) model to classify which piston-ring is a normal and anomaly. Finally, a robot arm is utilized to remove the anomaly piston-ring from the conveyor belt.</p><p>In our previous experiment, when a GPU-based computer was used to process images, the system could achieve approximately 90-100% accuracy based on the type of defects. To reduce the costs of system, we study single-board computer (SBC) with Google Edge TPU USB Accelerator to classify images, which exhibits good potential to replace GPU-based processing. Furthermore, this paper also proposes some approaches to improve processing speed when using proposes low-cost SBC platform.</p>

  • An Explanatory Study Approach, Using Machine Learning to Forecast Solar Energy Outcome

    Agada Ihuoma Nkechi, Yasunori Nagata

    Journal of Energy and Power Engineering ( DAVID PUBLISHING )  16   81 - 89   2022年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • ヒステリシスを有する可変しきいMOSゲート

    長田 康敬, 河口 万由香, 山田 親稔, 宮城 武志

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )  139 ( 9 ) 958 - 963   2019年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>Asynchronous circuits are a technique in order to solve the some serious synchronous circuits' problems such as clock skew, power consumption and electromagnetic noise. In this paper, we designed histerisial variable-threshold gates based on neuron MOS transistors for asynchronous circuits. The proposed hysteresial variable-threshold gates are also expected usuful for neural networks or machine larning for the hysteresis, that is memory, characteristics. The developed gates having variable-threshold operations can be used to set a threshold of a neuron. The simulation results of hysteresial variable-threshold gates are provided with SPICE simulator. The synthesized hysterisial variable-threshold gates has three gate-inputs and two control wires. Then asynchronous half-adder is demonstrated as an arithmetic circuit example.</p>

  • 3値CMOS論理回路とD-素子の構成

    長田 康敬, 河口 万由香, 山田 親稔

    電気学会論文誌. D, 産業応用部門誌 ( 一般社団法人 電気学会 )  139 ( 2 ) 143 - 148   2019年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>In this paper, a design technique for ternary logic function circuits based on CMOS design are proposed. The circuits operate as B-ternary (binaric ternary) logic functions that are useful in asynchronous systems or self-checking circuits of fault-tolerant systems. Further, a special logic circuit, D-element, is proposed. D-element is designed for asynchronous systems like Mullers C-element in binary circuits. The circuits' SPICE simulations are provided to show their efficacy.</p>

  • Vivado HLSを用いた数値計算ハードウェアの実装手法に関する検討 (リコンフィギャラブルシステム)

    仲宗根 宏貴, 長名 保範, 長田 康敬

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 ( 一般社団法人電子情報通信学会 )  114 ( 428 ) 145 - 150   2015年01月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    数値計算のアクセラレータとして、FPGA上に専用の演算パイプラインを構築する手法がさまざまな分野の科学技術計算において試されており、実効性能や消費電力などの面での有効性が期待されている。しかし、FPGA上に専用の演算パイプラインを構築するには、ハードウェア記述言語によって回路設計を行う必要があり、これは物理学や生命科学の研究者にとっては容易ではない。しかし、近年では浮動小数点演算をサポートする高位合成ツールも登場しており、これが数値計算アクセラレータの実装を容易にする可能性が充分に考えられる。そこで本研究では、高位合成ツールVivado HLSを用いてC言語による数値計算ハードウェアを構成するための手法について、2次元の正方格子上で拡散方程式を解く回路をテストケースとして検討を行った。境界条件の与え方や数値積分の手法を変更していくつかの実装を行い、パイプライン化やインライン展開などの最適化指示が効果的なケースとそうでないケースがあることを確認した。これらの結果から、ある程度注意が必要であるものの、短い時間でさまざまな実装を試すことが可能であり、数値計算のカーネルの実装において高位合成が有効な手段になりうると考えられる。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 情報数学入門 (共著)

    赤間世紀,玉城史朗,長田康敬 ( 担当: 共著 )

    共立出版  2006年09月

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示