ASIKIN YONATHAN (アシキン ヨナタン)

Asikin Yonathan

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

20799689

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   農学部   亜熱帯生物資源科学科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1999年09月
    -
    2003年04月

    ボゴール農科大学 (Bogor Agricultural University; IPB University)   農業工学部 (Faculty of Agricultural Technology)   食品科学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年09月
    -
    2008年08月

    ボゴール農科大学 (IPB University)  大学院修士課程   食品科学  修士課程  修了

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

    鹿児島大学大学院連合農学研究科  応用生命科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 -  博士  農学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年05月
    -
    2016年04月

      琉球大学熱帯生物圏研究センター 日本学術振興会外国人特別研究員  

  • 2016年05月
    -
    2017年01月

      琉球大学農学部 博士研究員  

  • 2017年02月
    -
    2019年12月

      筑波大学生命環境系生 助教  

  • 2020年01月
    -
    継続中

      琉球大学農学部 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2019年02月
    -
    継続中
     

    日本農芸化学会

  • 2020年02月
    -
    継続中
     

    日本食品科学工学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 食品科学

  • 食品成分化学

  • フレーバー分析

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 食品科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Free and glycosidically bound volatile compounds of Okinawan pineapple (Ananas comosus)

    Yonathan Asikin, Kazuki Shimoda, Ryota Maekawa, Makoto Takeuchi, Yusuke Kamiyoshihara, Kensaku Takara, Koji Wada

    Applied Sciences ( MDPI )  12 ( 19 ) 9522   2022年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Stress amelioration and anti-inflammatory potential of Shiikuwasha (Citrus depressa Hayata) essential oil, limonene, and γ-terpinene

    Yonathan Asikin, Kuniyoshi Shimizu, Hironori Iwasaki, Hirosuke Oku, Koji Wada

    Journal of Food and Drug Analysis   30 ( 3 ) 454 - 465   2022年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Metabolomic profiling reveals the relationship between taste-related metabolites and roasted aroma in aged pork

    Yoshio Tamura, Shinji Iwatoh, Kazutoshi Miyaura, Yonathan Asikin, Miyako Kusano

    LWT ( Elsevier )  155   112928 - 112928   2022年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Odorous volatiles and methoxypyrazines responsible for the musty-peanut aroma in microwave-heated sponge gourd (Luffa cylindrica)

    Asikin Yonathan, Tanahara Naoya, Maeda Goki, Tsuchida Eito, Hirose Naoto, Oe Moena, Takara Kensaku, Wada Koji

    Food Science and Technology Research ( 公益社団法人 日本食品科学工学会 )  27 ( 6 ) 933 - 938   2021年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>Microwave heating results in the generation of odorous compounds in sliced sponge gourd (<i>Luffa cylindrica</i>). Herein, the odorous components of microwave-heated sponge gourd were extracted, and the volatiles were separated by a solvent-assisted flavor evaporation technique. Subsequently, gas chromatography (GC)–olfactometry analysis identified 10 compounds in the aroma extract including unsaturated aliphatic aldehydes (3-hexenal; 2-octenal), alcohols (3-hexen-1-ol; 1-octen-3-ol), and ketones (1-octen-3-one; 1,5-octadien-3-one), which might be responsible for the typical green-grassy and metallic characteristics. Microwave heating could also promote the nonenzymatic browning reaction in the softened gourd to release methional and 2-acetyl-1-pyrroline, which have boiled potato and roasted-peanut odors, respectively. Furthermore, preparative GC–mass spectrometry was used to distinguish two methoxypyrazines (3,5-dimethyl-2-methoxypyrazine and 3-isopropyl-2-methoxypyrazine) responsible for a highly noticeable, unpleasant musty-peanut aroma in heated sponge gourd. Moreover, 3-isopropyl-2-methoxypyrazine might also generate an unlikeable earthy odor, resulting an off-flavor, and thus could be used as one of quality markers in sponge gourd.</p>

  • High-throughput chlorophyll and carotenoid profiling reveals positive associations with sugar and apocarotenoid volatile content in fruits of tomato varieties in modern and wild accessions

    Aono Y, Asikin Y, Wang N, Tieman D, Klee H, Kusano M

    Metabolites ( MDPI )  11 ( 6 ) 398   2021年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • シークワーサーの嗜好性に関連する代謝物および抗ストレス作用

    Yonathan Asikin

    2022年度日本食品科学工学会西日本支部・日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会  (鹿児島大学農学部)  2022年11月  -  2022年11月   

  • Mass spectrometry (MS)-based omics profiling on discriminant flavors of food resources: Japan-ASEAN food research connections

    Yonathan Asikin

    日本食品科学工学会 第64回大会 「Globalization of Food Science and Technology」食品科学工学のグローバル化 国際交流シンポジウム  2017年08月  -  2017年08月   

  • カンキツ成分の抽出における食用油の汎用性評価とその抽出油の機能性評価

    内村望空, 山本雅史, Yonathan Asikin, 高良健作, 侯德興, 坂尾こず枝

    2022年度日本食品科学工学会西日本支部・日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会  (鹿児島大学農学部)  2022年11月  -  2022年11月   

  • フードミクス解析による南西諸島・台湾在来柑橘(Citrus depressa)のフレーバー特性と配糖体由来香気成分の分析

    下田一樹, Yonathan Asikin, 青野佑亮, 草野都, 柴博史, 田村祥雄, 山本雅史, 光部史将, 林書妍, 高良健作, 和田浩二

    2022年度日本食品科学工学会西日本支部・日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会  (鹿児島大学農学部)  2022年11月  -  2022年11月   

  • NMRおよびGC-MSを用いたシークヮーサーのメタボロミクス解析

    島仲こゆき, 下田一樹, Yonathan Asikin, 光部史将, 関山恭代, 高良健作

    2022年度日本食品科学工学会西日本支部・日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会  (鹿児島大学農学部)  2022年11月  -  2022年11月   

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • Journal of Food Technology and Industry (Editorial Board)

    学術専門雑誌等編集 

    2013年10月
    -
    継続中
     

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 木のストローの特徴香による生理・心理的リラックス効果の複合的解析

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 研究助成

    研究期間: 2022年04月  -  継続中 

    資金配分機関: Konno&レスター財団

    金額合計: 1,500,000(円)

  • フードミクス解析による南西諸島・台湾在来柑橘の遺伝的多様性と食品機能の解明

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 奨励研究助成

    研究期間: 2021年04月  -  継続中 

    資金配分機関: ロッテ財団

    金額合計: 3,000,000(円)

  • 黒糖のフレーバー特性とフレーバーリリースの複合的解析

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 学術研究助成

    研究期間: 2021年02月  -  継続中 

    資金配分機関: 浦上食品・食文化振興財団

    金額合計: 3,300,000(円)

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県農産物の素材の事業における活用法開発の検討(沖縄県の果実残渣を利用したオイル等の成分把握に関する研究)

    研究期間: 2022年08月  -  2023年02月 

    直接経費: 454,545(円)  間接経費: 45,455(円)  金額合計: 550,000(円)

  • 食品のもつレトロネーザルアロマの解析と評価

    研究期間: 2022年05月  -  2024年03月 

  • 南西諸島・台湾在来柑橘Citrus depressa Hayata果実中カロテノイド由来香気成分と食味成分の複合的解析

    研究期間: 2022年04月  -  2023年03月 

  • 沖縄県農産物の素材の事業における活用法開発の検討

    研究期間: 2021年10月  -  2022年03月 

  • 沖縄産木材の香りを活用した木材商品開発に向けた可能性調査

    研究期間: 2021年08月  -  2022年02月 

    直接経費: 286,000(円) 

全件表示 >>

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 熱帯・亜熱帯生物資源のおいしさ~機能性探索とその活用