照屋 晴奈 (テルヤ ハルナ)

TERUYA Haruna

写真a

科研費研究者番号

70886168

ホームページ

https://u-ryukyu-tokushi.jimdofree.com/

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2013年03月

    沖縄国際大学   総合文化学部   日本文化学科   卒業

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    琉球大学   教育学部   特別支援教育特別専攻科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2017年03月

    琉球大学  教育学研究科  特別支援教育専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  修士(教育学)  教育学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

      沖縄県立西原高等学校 教諭(臨時)  

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

      沖縄県立美咲特別支援学校はなさき分校 非常勤講師  

  • 2017年04月
    -
    2018年04月

      有限会社オーシャン・トゥエンティワン  

  • 2018年06月
    -
    2020年03月

      琉球大学教育学部 特命助教  

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

      琉球大学教育学部 委託非常勤講師  

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 特別支援教育

  • 発達障害

  • インクルーシブ教育

  • 病弱者教育

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 学校図書館司書教諭講習修了証書

  • 特別支援学校教諭専修免許状 (知的・肢体・病弱(身体虚弱))

  • 特別支援学校教諭一種免許状 (知的・肢体・病弱(身体虚弱))

  • 高等学校教諭一種免許状(国語)

  • 中学校教諭一種免許状(国語)

学位論文 【 表示 / 非表示

  • インクルーシブ教育における多職種連携評価尺度 (Cooperative Relationship Assessment Tool for Inclusive Education; CRATIE)の開発

    2017年03月 

論文 【 表示 / 非表示

  • 「子どものための学校QOL尺度」試案における信頼性・妥当性の検討:-沖縄県内中学校のデータを中心に-

    照屋 晴奈, 小原 愛子, 矢野 夏樹, 權 偕珍, 韓 昌完

    トータルリハビリテーションリサーチ ( 一般社団法人 Asian Society of Human Services )  9 ( 0 ) 11 - 19   2021年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Based on the previous research by Yano and Han (2020), this study conducted a pretest for the development of the "School QOL Scale for Children" to evaluate the school life of children and the reliability and the validity of the scale was verified. As a result, 19 items in 4 areas were set by expert consultation regarding the composition of the scale. Regarding the question items, we asked for opinions on the content of the questions to be asked during the pretest for elementary and junior high school students, but there was no particular opinion. The pretest was conducted from February to March 2021 and 140 data were collected from elementary and junior high school students (recovery rate 100%). Of these, 136 data were analyzed, excluding missing values. In the reliability verification of the scale, the Cronbach's α value was calculated using internal consistency. As a result, the α value of the region was 0.645 to 0.842, and the overall α value was 0.890 and α > 0.700, confirming the reliability. Next, as a result of verifying the validity of the construct using SEM, GFI = 0.839, CFI = 0.883, and RMSEA = 0.072, which are not high goodness of fit. In the future, it will be necessary to conduct an unbiased survey of elementary and junior high school students who will be evaluated by the scale and expand the number of data to be analyzed to re-verify the validity of the constructs that could not be obtained in this study.

  • UDL using ICT for Inclusive Learning;:Learning Support for Students with Diverse Learning Styles, Including Students who Need Special Support

    SHIMOJO Mitsuyo, TERUYA Haruna, SOLAND Melanie

    Asian Journal of Human Services ( 一般社団法人 Asian Society of Human Services )  18 ( 0 ) 112 - 122   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    The use of ICT is said to be an effective learning support tool for children with disabilities. In addition, though the learning styles of individual are different and vary among individuals, these differences are considered important because of their influence on the academic achievement of individuals (Baderaddin, 2015). Lessons using ICT are said to be effective for any learning method. However, in Japan, it has been found that there are issues with improving reading comprehension and ICT utilization, including that “In the field of school education, the number of local governments and schools that are introducing tablet PCs is gradually increasing, but compared to other countries, the current situation in Japan is that the utilization of ICT is progressing slowly.” (Ogawa, 2017)This study implemented the teaching method of UDL using ICT in the classroom and verified whether it was effective as an inclusive learning teaching method. According to student’s evaluation of the lessons by questionnaire, results showed that UDL classes are effective for them. Particularly on questionnaire items ②Overall satisfaction, ③I want to recommend it to other students, ④ I understood contents of the lesson well, ⑥ English knowledge improved compared to before (until last year), ⑦Class difficulty is appropriate, ⑧Class pace is appropriate, ⑨ the voice is clear and easy to hear, ⑩ the letters on the sheet are easy to read, and ⑫ Materials ( textbook, workbook, PC only ) are appropriate, 100% of responses were positive. As a result, it was found that UDL-style lessons utilizing ICT are effective for students with special needs and various ways of learning.

  • 諸外国における限局性学習症(SLD)傾向のある小中学生に対する指導法の分析

    下條 満代, 照屋 晴奈, 島内 梨沙, 天久 亜衣奈

    Journal of Inclusive Education ( 一般社団法人 アジアヒューマンサービス学会 )  9 ( 0 ) 52 - 65   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    小中学校の通常学級に在籍する多くの児童生徒が学習上または生活上の支援を必要としているとされている。太田・井上・金(2018)は,日本における SLD傾向のある児童生徒へ指導・支援方法を典型化して課題を明らかにした。しかしながら,いまだ通常学級において,支援を要する児童生徒は増加している。そこで本研究では,諸外国におけるSLD傾向のある子どもに対する指導・支援に関する文献を収集し,その傾向について明らかにすることを目的とした。その結果,先行研究において日本では指導・支援の中心が,児童生徒にとって学習しやすくする事前の工夫を行うものであるのに対し,諸外国では学習自体を楽しむための児童に対する心理面へのアプローチや,多様な感覚を通して学べるようにする等,学び方の工夫が中心となっていることが明らかとなった。このように,個の特性に応じた学習方法の提供や児童生徒のモチベーションを上げる等の心理面へのアプローチを伴う指導・支援は,SLD傾向の児童生徒だけでなく,学習意欲のない児童生徒や不登校など,様々な背景をもった子どもに対して効果的な指導法となりうるのではないか。そして,個の特性に応じた学習方法を提供することは昨今求められているインクルーシブ教育の実現に繋がるであろう。

  • 日本における障害のある教員の雇用の現状と課題に関する研究動向:―QOLの観点に基づいた障害者雇用促進制度・政策の評価指標(QOL-EPAI)を観点として―

    下條 満代, 照屋 晴奈, 權 偕珍

    トータルリハビリテーションリサーチ ( 一般社団法人 Asian Society of Human Services )  8 ( 0 ) 39 - 50   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    In order to form a symbiotic society in Japan and to realize inclusive education, which is an idea to learn together regardless of disability, it is urgent to actively hire teachers with disabilities even at school. However, since research on faculty with disabilities is said to have been conducted since the fiscal year 2019 onward, the actual situation has been investigated. And the current situation and issues regarding the employment of faculty with disabilities are almost unclear.Therefore, in this study, based on the viewpoint of improving the QOL (Quality of Life) of teachers with disabilities, we analyze the previous studies related to the employment of persons with disabilities at schools in Japan, and clarify the current situation and academic issues regarding the employment of teachers with disabilities. As a result of the analysis, many previous studies have been found in the area of "employment stability", but they also point out the current situation and it was revealed that further studies are needed. Moreover, in the "physical and mental health" area and the "life stability" area, there were very few cases applicable, and it became clear that research was not progressing.

  • 日本における聴覚障害児・者の教育の現状と課題:―新学習指導要領における自立活動とインクルーシブ教育の観点から―

    船越 裕輝, 照屋 晴奈, 下條 満代, 鳩間 千華

    Journal of Inclusive Education ( 一般社団法人 アジアヒューマンサービス学会 )  8 ( 0 ) 30 - 39   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    本研究は,学校教育法の改正により,盲・聾・養護学校を特別支援学校へ移行した,2007年から2019年までに発表された研究論文を対象に聴覚障害教育の現状と課題を明らかにする。その観点として,聴覚障害教育におけるインクルーシブ教育推進の課題を観点に明らかにしたい。更に,新学習指導要領における聴覚障害教育の自立活動の現状と課題も明らかにすることを目的とした。その結果,多くの研究で「教師の専門性の課題」が指摘されていた。また,新学習指導要領が目指す「主体的・対話的な深い学び」を推進するためには,聴覚障害教育において自立活動は重要な領域となるが,そこでも教師の専門性の課題があることが分かった。今後,聴覚障害教育現場において,IEATなどの尺度を用いてインクルーシブ推進の現状を客観的に評価しながら,目の前にある課題や成果を明確に評価することが解決の1つに繋がるのではないかと考える。

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県内特別支援学校における学校図書館の実態調査(Factual Investigation of library in Special Needs school in Okinawa).

    照屋 晴奈,田中 敦士

    琉球大学教育学部附属発達支援教育実践センター紀要 ( 琉球大学 )  ( 5 ) 11 - 20   2013年03月

     

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 論文査読

    学術論文査読件数 

    2018年07月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    国内誌・国際誌の査読を行っている

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award

    2019年01月13日   International Conference on Next-generation Convergence Technology  

    受賞者: Mitsuyo Shimojo , Haruna Teruya , Aiko Kohara

  • BEST PAPER AWARD

    2019年01月13日   ASIAN SOCIETY of HUMAN SERVICES CONGRESS in JEJU  

    受賞者: Haruna Teruya,Mitsuyo Shimojo,Changwan HAN

  • 琉球大学 学長賞

    2017年03月24日   琉球大学  

    受賞者: 照屋晴奈

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 障害の有無に関わらず全ての子どもに対し、個人のニーズに応じた教育を受けられる「インクルーシブ教育」実現のための教員養成

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  病弱者教育  講義

  • 2020年度  卒業研究Ⅱ 3組   演習

  • 2020年度  卒業研究Ⅰ 3組   演習

  • 2020年度  特別支援学校教育実習   実験・実習・実技

  • 2020年度  重複障害者教育   講義

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    特別支援教育アドバイザー,宜野湾市立宜野湾小学校

  • 2019年04月
    -
    継続中

    特別支援教育アドバイザー,宜野湾市立志真志小学校

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    特別支援教育アドバイザー,宜野湾市立嘉数中学校

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄市立山内中学校校内研修の講師

    2020年10月
     
     

  • 宜野湾市立宜野湾中学校校内研修の講師

    2020年09月
     
     

  • 沖縄県立美里工業高等学校特別支援教育研修会への講師派遣

    2020年08月
     
     

  • 沖縄県立豊見城南高等学校校内研修への講師

    2020年08月
     
     

  • 宜野湾市立宜野湾小学校校内研修における講師

    2020年02月
    -
    継続中

     概要を見る

    2月7日、6月19日、6月24日、7月1日、8月26日 の合計5回の校内研修を全教職員に行った。 6月24日、7月8日、7月15日、9月9日にケース会議を行った。

全件表示 >>