岡本 泰弘 (オカモト ヤスヒロ)

OKAMOTO Yasuhiro

写真a

科研費研究者番号

20781644

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    福岡教育大学   教育学部   中学校教員養成課程保健体育科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年03月

    福岡教育大学  教育学研究科  学校教育専攻(学校心理学分野)  修士課程  修了

  •  
    -
    2010年08月

    久留米大学  医学研究科  博士課程(最適医療系 高次脳疾患学)  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 久留米大学 -  博士(医学)  医学

  • 福岡教育大学 -  修士(教育学)  人文・社会 / 教育学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

      琉球大学 教育学部 教授  

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

      金沢星稜大学 教養教育部 教授  

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

      金沢星稜大学 教養教育部 准教授  

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

      福岡県教育センター 指導主事  

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

      那珂川町立那珂川北中学校 主幹教諭  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    役割交換書簡法・ロールレタリング学会

  •  
     
     
     

    日本学校心理士会

  •  
     
     
     

    日本教育心理学会

  •  
     
     
     

    日本交流分析学会

  •  
     
     
     

    日本教師教育学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生徒指導

  • 教育相談

  • 教師教育

  • キャリア教育

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 教育学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 公認心理師

  • 学校心理士

  • 認定心理士

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)

  • 中学校教諭免許(専修・1種・2種)

全件表示 >>

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 脳科学、心理学の知見を生かした生徒指導・教育相談に関する研究

  • ロールレタリング研究

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Changes in task-associated cerebral blood induced by Role lettering -Measurement by Multichannel Near-infrared Spectroscopy-

    2010年08月 

  • 中学生におけるロールレタリングの効果に関する研究

    2005年03月 

論文 【 表示 / 非表示

  • コロナ禍下における教師志望学生のキャリア発達支援

    岡本 泰弘

    琉球大学教育学部紀要   99   27 - 34   2021年09月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    教師志望学生のキャリア発達を促進する支援として、教師志望学生に非対面式によるロールレタリングを導入し、大学の教職課程を履修する2年生を対象に、WebClassを用いた非対面式によるロールレタリングを2か月間、週1回、合計8回(4往復)試行した結果、自尊感情尺度の上昇や非対面式によるロールレタリングの記述内容及び内省報告から、自己や他者に対する気づきにより、将来に対する目標の再確認や将来への意志決定を高めることを明らかにした。

  • 体罰を起こさない教師教育の一方途

    岡本 泰弘

    役割交換書簡法・ロールレタリング研究2020   第3   21 - 32   2020年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    体罰を起こさない教師教育の一方途として、教師志望学生にロールレタリングを導入し、教職課程「生徒・進路指導論」を受講している大学生を対象に、体罰による人権侵害や多方面への悪影響に気づかせるロールレタリング計4回2往復試行した結果、体罰に関する様々な問題の気づきから、主体的な生き方ができるとともに、体罰を起こさせない態度を育成する効果を明らかにした。

  • キャリア発達を支援するプログラム開発

    岡本 泰弘

    金沢星稜大学人間科学研究第13巻第2号 pp.85-91   第13 ( 第2 ) 85 - 91   2020年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    大学のリベラルアーツ教育である基礎ゼミナールにキャリア発達を促す交流分析プログラム(構造分析、交流パターン分析、脚本分析、ロールレタリング)を意図的・計画的に導入し、進路選択に対する自己効力尺度の上昇、プログラム後の内省報告から、キャリア発達を促進させる効果を明らかにした。

  • 教育相談・生徒指導担当教師への児童生徒理解促進の一方途

    岡本 泰弘

    金沢星稜大学人間科学研究第12巻第2号 pp.85-91   第12 ( 第2 ) 97 - 102   2019年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    教育相談・生徒指導を担当する教師にロールレタリングを用いて、児童生徒理解を促進する支援の方途を検討し、エゴグラムのA(成人)の自我状態の上昇、内省報告による児童生徒への理解や受容、教師自身の指導・援助の問題性への発見等、様々な気づきからその効果を明らかにした。

  • ロールレタリングにおけるキャリア教育・進路指導支援の一方途

    岡本 泰弘

    役割交換書簡法・ロールレタリング研究2019年 pp.25-35   第2   25 - 35   2019年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    キャリア教育・進路指導において、キャリアカウンセリングの一つの手法として、ロールレタリングを用いて、「1年後の私」「3年後の私」「10年後の私」等をテーマに6往復試行した結果、進路不決断尺度及び内省報告等の結果から、進路設計や進路意欲について向上することを明らかにした。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 学校で使える心理技法入門

    岡本 泰弘 ( 担当: 単著 )

    少年写真新聞社  2021年06月 ( ページ数: 総頁数120頁 )

     概要を見る

    学校教育現場(生徒指導・教育相談・キャリア教育等)に使える心理技法を紹介している。具体的には、第1章では、学校での心理技法の活用方法や集団・個別指導に役立つ心理技法、基本的なカウンセリング技法、第2章では、10の心理技法の実際(効果や手順、資料等)、第3章では心理技法を行う場合の注意点などを詳説している。

  • 体と心 保健総合大百科2021

    岡本 泰弘 ( 担当: 共著 )

    少年写真新聞社  2021年04月 ( 担当ページ: p.pp.135-137 )

     概要を見る

    養護教諭を対象に、「養護教諭が知っておきたい心理技法」として、教育相談に役立つ心理技法から、教育相談の機能と心理技法の関係、主な心理技法、心理技法を活用する留意点などを紹介している。

  • こころってふしぎ!ちくっふわっ ことばのまほう

    岡本 泰弘 ( 担当: 単著 )

    少年写真新聞社  2020年11月 ( ページ数: 総頁数32頁 )

     概要を見る

    幼児・児童を対象に、心理学のリフレーミング技法を活かし、同じ物事でも肯定的に受け取り直すことで、より積極的な生き方ができるように、絵本によって具体的な「ことば」を例に挙げて説明している。

  • 体と心 保健総合大百科2019

    岡本 泰弘 ( 担当: 共著 )

    少年写真新聞社  2019年04月 ( 担当ページ: p.P245,P249 )

     概要を見る

    児童生徒理解に役立つ「脳に関する話題」として、小学校・中学校・高等学校の教師を対象に、いじめと脳(扁桃体や線条体など)の関係、海馬と扁桃体からの学習環境、読書の脳科学的な効果、ミラーニューロンを利用した脳科学的なスポーツ上達法、褒めると伸びる脳科学的メカニズム、暴力行為を起こすキレる行動と脳の関係、受容・傾聴・共感的理解を生かした子どもを指導・支援するときのタイミング等の脳科学的効果や具体的方法について紹介している。

  • 脳科学・心理学からの生徒指導・教育相談

    岡本 泰弘 ( 担当: 単著 )

    晃洋書房  2017年07月 ( ページ数: 総頁数153頁 )

     概要を見る

    現場の小学校・中学校・高等学校の教師や教職を目指す学生を対象に、教育学の生徒指導・教育相談に最新の脳科学・心理学からアプローチした専門書であり、生徒指導・教育相談の意義や目的、児童生徒の心理と児童生徒理解、いじめや不登校、非行の指導、発達障害の支援、進路指導・キャリア教育など、その背景から具体的な対応まで、15章から構成しており、大学講義(半期15回分)に対応しテキストにもなるものである。

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 「エゴグラムで自分を知ろう」

    岡本 泰弘

    心の健康ニュース5月号 ( 少年写真新聞社 )  ( 5月 )   2021年05月

     

  • 脳力アップシリーズ 「運動神経を鍛えるヒント」

    岡本 泰弘

    心の健康ニュース1月号 ( 少年写真新聞社 )  ( 1月 )   2020年01月

     

  • 脳力アップシリーズ 「脳のストレスを解消させて、自律神経を整えよう」

    岡本 泰弘

    心の健康ニュース11月号 ( 少年写真新聞社 )  ( 11月 )   2019年11月

     

  • 脳力アップシリーズ 「効果的な暗記学習のコツ」

    岡本 泰弘

    心の健康ニュース9月号   ( 9月 )   2019年09月

     

  • 脳力アップシリーズ 「危機感があると集中力が高まる」

    岡本 泰弘

    心の健康ニュース6月号   ( 6月 )   2019年06月

     

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • ロールレタリングによる教師志望学生の共感性と自尊感情育成のプログラム開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K02893

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 岡本泰弘 

    直接経費: 2,600,000(円)  間接経費: 780,000(円)  金額合計: 3,380,000(円)

     概要を見る

     昨今、児童生徒や保護者の期待や信頼を揺るがす教師の不祥事が後を絶たない。このような中、教師の資質能力の向上が求められている。  そこで、本研究では、教員養成や教師教育を担う高等教育機関において、ロールレタリングという心理技法を導入し、教師の資質能力の根幹である共感性や自尊感情を育成するプログラム開発を行う。  具体的には、以下のことを3年間の研究期間で解明する。  ① 教師志望学生にロールレタリングを導入し、心理測定尺度を用いて、共感性と自尊感情の変容について信頼性・妥当性のある効果検証を行う。  ② 教師志望学生に対するロールレタリングの効果的なテーマ、時期、時間、回数、評価を検証し、共感性と自尊感情を育成するプログラムを開発する。