伊藤 早苗 (イトウ サナエ)

ITO Sanae

写真a

科研費研究者番号

50610846

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    東京大学   農学部   卒業

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

    女子栄養大学   栄養学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    東京大学  農学生命科学研究科  修士課程  修了

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    女子栄養大学  栄養学研究科  博士後期課程  修了

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2018年03月

      女子栄養大学 栄養学部 助教  

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

      琉球大学 熱帯生物圏研究センター ポスドク研究員  

  • 2020年04月
     
     

      独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(RPD)  

  • 2020年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部保健学科 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本栄養改善学会

  •  
     
     
     

    日本DOHaD学会

  •  
     
     
     

    日本栄養・食糧学会

  •  
     
     
     

    日本健康教育学会

  •  
     
     
     

    日本栄養改善学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 栄養学、健康科学

  • 家政学、生活科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 管理栄養士

論文 【 表示 / 非表示

  • 中学1年生女子における鉄欠乏のリスク因子の検討

    大野公子, 野澤美樹, 伊藤早苗, 佐藤理恵子, 石田裕美, 上西一弘

    栄養学雑誌   78 ( 2 ) 57 - 65   2020年04月

  • 沖縄県における小学生とその母親における随時尿より推定した食塩・カリウム摂取量の実態

    伊藤 早苗, 朝倉 敬子, 杉山 賢明, 高倉 実, 等々力 英美

    日本健康学会誌 ( 日本健康学会 )  86 ( 2 ) 76 - 82   2020年

     概要を見る

    <p>Salt and potassium intake were estimated from spot urine obtained from children and their mothers at public elementary schools in Okinawa Prefecture. Estimated salt intake was 7.8 ± 1.6 g / day for children and 8.9 ± 2.1 g / day for mothers. Estimated potassium intake was 1157 ± 273 mg / day for children and 1580 ± 322 mg / day for mothers. The proportion of those who meet the Dietary Goals of the dietary reference intakes for Japanese (2015 edition) was determined. Only 5.7% of the boys, 13.8% of the girls and 12.0% of the mothers met the Dietary Goals for salt. Only 3.3% of the boys, 0.7% of the girls, 2.0% of the mothers met the Dietary Goals for potassium. There was a significant positive correlation between salt intake of girls and their mothers. In boys, there was no significant correlation with mothers for both salt and potassium intake. It is expected to improve their diet for reducing salt and increasing potassium intake while taking this gender difference into consideration.</p>

  • 女子大学生における四つの食品群に対応した食品構成および荷重平均成分値

    伊藤早苗, 猪瀬多巳江, 石田裕美

    女子栄養大学栄養科学研究所年報   ( 24 ) 51 - 59   2019年12月

  • トマト減塩料理の減塩効果および料理としての受容性の検討

    林宏紀, 伊藤早苗, 上ノ堀聡子, 吉田和敬, 石田裕美, 砂堀諭, 菅沼大行, 三浦理代

    日本食育学会誌   12 ( 2 ) 135 - 145   2018年

  • Fibroblast growth factor-23 and phosphorus related factors in young Japanese women: a cross-sectional study

    Sanae Ito, Hiromi Ishida, Kazuhiro Uenishi

    ASIA PACIFIC JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION ( H E C PRESS, HEALTHY EATING CLUB PTY LTD )  25 ( 3 ) 549 - 555   2016年09月

     概要を見る

    Phosphorus homeostasis is determined by dietary intake, intestinal absorption, and renal tubular reabsorption of phosphorus. Serum fibroblast growth factor-23 (FGF-23) is considered to be a sensitive early biomarker of disordered phosphorus metabolism in both patients with chronic kidney diseases and healthy subjects. However, the number of studies evaluating serum FGF-23 concentrations in healthy subjects is limited. The objective of this cross-sectional study was to examine the relationship between serum FGF-23 concentrations and phosphorus related factors in 182 young Japanese women (mean age, 19.5 +/- 0.4 years). We found that higher serum concentrations of inorganic phosphorus and lower serum concentrations of 1,25-dihydroxy vitamin D as well as lower fat but higher phosphorus and calcium intake were weakly but significantly associated with high serum concentrations of FGF-23, adjusted for postmenarcheal age and body weight. These results suggested that in young Japanese women, serum FGF-23 might be indicative of phosphorus nutrition status. However, it is worthy of note that maturity factors, including postmenarcheal age and physical attributes, such as body weight, might be related to serum FGF-23 concentrations.

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • GABAを含む食品の健康機能-高血圧予防の可能性-

    伊藤早苗, 等々力英美

    食品と容器   61 ( 10 ) 604 - 609   2020年10月

     

  • 妊産婦のやせと胎児発育DOHaD(Developmental Origins of Health and Disease)の視点から考える

    福岡秀興, 伊藤早苗, 石田裕美

    産婦人科の実際   64 ( 1 ) 27 - 33   2015年

     

  • 経口摂取されるリン:食物中のリンと添加物としてのリン

    伊藤早苗, 石田裕美

    Kidney Metab Bone Dis   26 ( 1 ) 23 - 28   2013年

     

  • マグネシウムを多く含む食品と骨

    山本早苗, 上西一弘

    Clin Calcium   20 ( 5 ) 768 - 774   2010年

     

  • リンを多く含む食品と骨

    山本早苗, 石田裕美

    Clin Calcium   19 ( 12 ) 1829 - 1836   2009年

     

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 将来の肥満・生活習慣病のリスク「小さく生まれ大きく育つ」要因の解明

    若手研究

    課題番号: 19K14010

    研究期間: 2019年04月  -  2023年03月 

    代表者: 伊藤 早苗 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 990,000(円)  金額合計: 4,290,000(円)

  • 食品添加物由来リン摂取の実態の解明 -子どもの貧困との関連に着目してー

    若手研究(B)

    課題番号: 16K16288

    研究期間: 2016年04月  -  2018年03月 

    代表者: 伊藤 早苗 

    直接経費: 3,000,000(円)  間接経費: 900,000(円)  金額合計: 3,900,000(円)

  • 骨量維持を目的とした適正リン摂取量の解明-「多面的評価」をもとに

    研究活動スタート支援

    課題番号: 23800056

    研究期間: 2011年04月  -  2013年03月 

    代表者: 伊藤 早苗 

    直接経費: 1,800,000(円)  間接経費: 540,000(円)  金額合計: 2,340,000(円)